あっという間に12月、お正月準備はいつから始めたらいいのでしょう。

毎年、年賀状書き、お歳暮の準備、冬至、クリスマス、大掃除などしなくてはならないものが多く、あれよあれよと日にちばかりが駆け足で過ぎていき、イライラと焦ってしまうという方が多いようです。

お正月は心穏やかに笑顔で過ごすには、スケジュールを立ててお正月準備をする必要があります。

そこで、お正月準備はいつから始めたらいいのか、理想的なスケジュールの立て方や準備するものについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お正月準備はいつから始める?

新年をより良い年にするためにはお正月準備はとても重要です。

年賀状書き、お歳暮の準備、冬至、クリスマス、大掃除、そしてお正月準備と盛りだくさんです。
それにしても12月は、どれもおろそかにできない大忙しの1ヶ月間ですよね。

しかし、「クリスマスが終わったら一気にやれば大丈夫かな?」なーんて軽く考えていませんか?
その考えはちょっと甘いかもしれません。

25日を過ぎればお正月まであと1週間しかありません。
1週間で新しい年を迎えるためのお正月準備をすべて間に合わせるのは無理です。

それでは、お正月準備をいつから始めたら良いのか紹介しますね。

昔は、12月13日(地域によっては、12月8日)を「正月事始め」として正月の準備を始めたといいます。
現代でも「正月事始め」の時期には、お寺や神社の「すすはらい」の様子がテレビのニュースで毎年流れていますよね。

このように、よい年を迎えるためのお正月準備は、「正月事始め」と呼ばれる12月13日辺りから徐々に始めましょう。

お正月準備の理想的なスケジュールの立て方

何をするにも、ただ闇雲に事を進めてもうまくいきません。

まずはしっかりスケジュールを立ててから始める事で、やり残しやうっかり忘れなどを防ぐことができます。
また、年末ぎりぎりにアタフタしたりバタバタすることもなくなるでしょう。

スケジュールを立てるときのポイント

・スケジュール表を12月に入ったらなるべく早い時期に作りましょう。
遅くとも「正月事始め」の12月13日までには作りたいですね。

・少し余裕をもったスケジュールにしましょう。
ハードなスケジュールにしてしまうとストレスがたまり、気持ち良く仕事が進みません。
たとえスケジュール通りに進まなくても、後日やることができるような余裕があるスケジュールが良いのです。

 

また12月には、クリスマスという大きなイベントもあります。
クリスマス前はクリスマスの準備に忙しくなるので、その期間はあえてお正月準備は入れないようにしましょうね。

お正月準備の項目

お正月準備の項目は、それぞれの家庭で違いはあると思いますが、下記のような一般的なものを紹介します。

あなたの家庭で必要なものだけをピックアップしましょう。

・年賀状の作成と投函
・お歳暮の手配
・おせちの食材の買い出し
・大掃除
・お年賀や手土産の準備
・お正月飾りやお年玉袋の用意
・おせち作り
・餅つき(餅をつく方)
・病院(薬を出してもらう)
・銀行(新券に交換)
・ペットのトリミング予約 など

年賀状の作成と投函

早めに年賀はがきを用意しておきましょう。

自分で作成する場合は、プリンターのインクの予備を忘れずに準備しておきましょう。
途中でインク切れになってしまうと、せっかく始めた年賀状作成が中断してしまいます。

元旦に届くためには12月25日までに投函しましょう。
ぜひ、クリスマス前には済ませたいですね。

お歳暮の手配

お歳暮の贈り時期は12月の上旬〜25日あたりに届くよう手配しましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お歳暮の時期はいつからいつまで?間に合わない時の対処方法と贈る範囲

お歳暮の意味や由来と値段の相場と注意点 定番や人気商品は?

おせちの食材の買い出し

おせちの食材の買い出しは、直前に一気に済ませたいと思うかもしれませんがそれはとても大変です。
日持ちする食材や、調味料や乾物、瓶詰めやお酒のような生鮮食材以外の食材は早めに調達しておきましょう。

28日頃に、残りの生鮮食材を買うだけにしておくことがベストです。

 

余計なものを買ってしまったり、買い忘れをしないようにショッピングリストを作り、最終チェックすることをおすすめします。

大掃除

まずは、大掃除をはじめる前に不要なものは処分してしまいましょう。粗大ごみがある場合は早めに手配をしましょう。

身のまわりのものを整理することで、大掃除はかなりしやすくなりますよ。

 

こちらの記事も参考にしてください。
年末大掃除はいつから始める?効率よく進めるには計画表と順番が重要

 

28日にお正月の飾り物を飾ることを目標にお掃除を終わらせるようにしましょう。

お年賀や手土産の準備

実家や親戚に新年のご挨拶時に持っていくお年賀や手土産は、クリスマスプレゼントを買いにいく際に一緒に買ってしまえば、時間の節約できますよ。

お正月飾りやお年玉袋の用意

以外に忘れやすいのがお年玉袋です。

 

また、鏡餅やお正月飾り、飾り花などは28日までに飾ることができるように準備しましょう。

 

※鏡餅やお正月飾りの飾り付けは、お正月の準備の最後の仕上げとしましょう。

おせち作り

お正月まで逆算しながら、料理の内容を考え準備を始めていきましょう。
28日を目安に始めるのが良いでしょう。

 

※今年の最後の日となる大晦日をゆっくり過ごせるように頑張りましょうね!

お正月に準備するもの

良いお正月を迎えるために準備するものは次の通りです。

しめ縄、門松、鏡餅、飾り花

しめ縄、門松、鏡餅、飾り花は、年神様を迎え入れる準備に欠かせないお飾りです。
飾るのは年末であっても早めに準備しておきましょう。

クリスマスが終わる頃になると品薄になってしまいあなたの好みなものは売り切れという可能性もありますよ。

 

飾る日は、28日までの「大安」がベストです。

一般的に、29日は「二重苦」、「苦待つ(9の末日)」と言われ飾るのを避けます。

また、31日は「一夜飾り」となってしまい、神様に失礼であると言われています。

28日に間に合わない、年末ぎりぎりになってしまった場合は、30日に飾りましょう。

年越しそば

大みそかにいただく年越しそばには、「人生を細く長く生きられるように。」という願いが込められています。

また、そばは切れやすいことから、「今年の苦労を絶ち切る」という願いも込められているのです。

おせち料理

お正月に来客予定のある場合は、お客様へお出しするおせち料理も必要になります。

料理が苦手で憂鬱なんて、悩まなくても大丈夫です。
出来上がったおせち料理を上手に利用して、年末から年始にかけて乗り切りましょう。

年始のご挨拶の手土産

忙しさのあまりついつい忘れてしまいそうになるのが、年始の挨拶に持参する手土産です。
年明け早々、昔と違いお店が開いているとはいえ、新年早々バタバタしたくないですよね。

こちらも忘れずに早めに準備しておきましょう。
とはいえ、日持ちのしないお菓子などは早目に購入はできないので、賞味期限の確認は忘れないでください。

お年玉用の新札・ぽち袋

お年玉には新札を使いたいですね。

年末が近づくにつれ、銀行は大変込み合います。
早めに新札に交換してもらい、ぽち袋と一緒にしっかり準備をしておきましょう。

まとめ

毎年、年末になるとあわただしくお正月の準備をしていた方も今年はもうこれで大丈夫ですね。

早めに余裕のあるスケジュールを立てて、お正月準備を進めていきましょう。

明るく希望に満ちた新しい年を心穏やかに迎えましょう。