日本には昔から、お正月に家族と「お屠蘇(おとそ)」を飲む風習があります。

しかし、「名前だけなら聞いたことあるけど、実際にお屠蘇ってどんな飲み物なの?」とか、「普通のお酒じゃないの?」と思っている方は多いようです。

また、「お屠蘇は家族で飲むのものらしいけど、子供は飲んで大丈夫なのか?」と心配している方もいるようです。

昔からの風習とわいえ、意外にお屠蘇についてよく分からないという人は少なくないようです。

そこで、お屠蘇とはどんな飲み物なのか、正しい作法や簡単な作り方、子供にも安心なアルコール抜き(ノンアルコール)のお屠蘇の作り方も合わせて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お正月に飲むお屠蘇(おとそ)とはどんな飲み物?

日本の昔からの風習、元日の朝に家族が顔を揃えて、新年のあいさつを済ませた後いただくお屠蘇とはどのようなものか紹介します。

お屠蘇(おとそ)とは

多くの方がお屠蘇とは御神酒(おみき)と同じで、清酒なのではないかと思っているようですが違います。

お屠蘇は、日本酒やみりんで生薬を浸けこんだ薬草酒の一種なのです。

 

また「屠蘇(おとそ)」って、かながふってなければ読めないような難しい漢字ですよね。
実はこの「屠蘇」の漢字に深い意味があるのです。

屠蘇の「」には   「屠(ほふ)る」、「邪気を払う」
屠蘇の「」には   「病をもたらす鬼」、「魂を目覚め蘇らせる」

 

このように「屠蘇」という言葉には、「悪い鬼を退治し、死者を蘇らせる」、「邪気を払い、無病長寿を祈り、心身ともに改まろう」という意味があることから、家族の健康を願う気持ちを込めていただくお正月ならでは行事酒なのです。

正式には「屠蘇散(とそさん)」と言います。

お屠蘇(おとそ)はどんな飲み物?

お屠蘇をお正月に飲む習慣は中国で始まったと言われています。
日本には平安時代に伝わり、嵯峨天皇の頃に宮中の正月行事として取り入れられ、江戸時代に庶民の間に広がりました。

「屠蘇散」の中身は、漢方薬に使われる生薬が約10種類ほどです。

一般に販売されている屠蘇散には、5~6種類の生薬が配合されています。

代表的な生薬

代表的な生薬は次の通りです。

・防風(ボウフウ)
発汗・解熱作用、抗炎症作用

・山椒(サンショウ)
健胃作用、抗菌作用

・肉桂(ニッケイ)
健胃作用、発汗・解熱作用、鎮静・鎮痙作用

・桔梗(キキョウ)
鎮咳去啖作用、鎮静・沈痛作用

・白朮(ビャクジュツ)
利尿作用、健胃作用、鎮静作用

 

これらの生薬は、胃腸の働きを盛んにし、血行をよくし、風邪を引かないようにする効用があります。

そして、日本酒や本みりんには必須アミノ酸やミネラル、ビタミン類も含まれ、血行を促進させるアルコール分もあるので、「お屠蘇」は無病息災祈願にふさわしい飲み物なのです。

お正月にお屠蘇(おとそ)をいただく時の正しい作法

それでは、お屠蘇をいただくときの一般的な作法を紹介します。

正式には屠蘇器(とそき)という朱塗りのお銚子と三段重ねの盃でいただきます。

 

しかし、現代の一般家庭ではなかなか持っている方は少ないでしょう。
無い場合は、家庭にある酒器の中で一番お正月にふさわしいと思うものを使用しましょう。

 

1.お屠蘇はおせち料理やお雑煮を食べる前に飲みます。

2.飲むときは家族全員が東の方角を向きます。

3.飲む人の右側から注ぎ、飲む順番は年少者から年長者へと進めていきます。

通常の宴席とは逆になる飲む順番は、活発な若者の生気を年長者へ渡すという意味が込められています。
またこれは、毒見の名残だとも言われています。

本来は三段重ねの盃で1杯ずつ3回に分けて飲みます。
しかし略式では、1つの盃に3回に分けて入れ、3回に分けて飲み干します。

4.飲む時に、「一人これを飲めば一家苦しみなく、一家これを飲めば一里病なし」と唱えます。

5.厄年の人は厄年以外の人に厄を祓う力を分けてもらうため、一番最後に飲みます。

 

お屠蘇は元旦だけでなく、三が日の来客時に、初献にお屠蘇をすすめて新年のお祝いの挨拶を交すのが礼儀です。

しかし、地域や各家庭により違いもあるようです。

飲む順番では、年長者の英知を若人に分け与えるという意味合いから、年長者から先に飲む場合もあるようです。
また、三段重ねの盃ですが、一人で三つとも使うのではなく、大を父親、中を母親、小を子供というように分けて使うこともあるようです。

お屠蘇の作り方とノンアルコールにするには?

それでは無病息災祈願にふさわしい、お正月にの飲み物のお屠蘇の作り方とノンアルコールにする作り方について紹介します。

お屠蘇の作り方

用意するもの

・屠蘇散(ドラッグストアで手に入ります。)
・酒
・本みりん

作り方

日本酒と本みりんを合計約300~500mlのなかに、市販の屠蘇散一包を数時間(平均して5時間~8時間)浸します。
後は包みを取り出したらできあがりです。

長時間浸しすぎると、苦味が出てしまうので注意しましょう。

 

◇ポイント

・日本酒が苦手な方はみりんのみ、日本酒が好きな方は日本酒のみでもOKです。

酒の割合を多くすると辛口な仕上がりになり、本みりんの割合が多い甘口でまろやかな味わいになります。
全て素材が勝負です。

上質な本みりんや日本酒(本醸造酒)を選ぶことが重要です。

・さらに甘口にしたい場合、砂糖を足してもOKです。

ノンアルコール お屠蘇の作り方

車で来られたお客様や子どもに、安心して飲んで飲んでもらえるようにノンアルコールのお屠蘇を作ってみましょう。

用意するもの

・屠蘇散(ドラッグストアで手に入ります。)
・酒
・本みりん

作り方

1.日本酒と本みりんを合わせ、鍋で3分ほど沸騰させてアルコールを飛ばしましょう

2.1を冷ましたものの中に屠蘇散を一包5~8時間ほど浸すとノンアルコールお屠蘇の出来上がりです。

鍋で3分ほど沸騰させてアルコールを飛ばし冷ます以外は、通常のお屠蘇の作り方、ポイントを参考にしてください。

まとめ

近年、お屠蘇を飲む家庭は少なくなってきたようです。

ですがお屠蘇には、「悪い鬼を退治し、死者を蘇らせる」「邪気を払い、無病長寿を祈り、心身ともに改まろう」という意味があることを知ると、お正月にはお屠蘇を作って飲んでみようという気持ちになってきますよね。

家族の健康を願う気持ちを込めていただく、お正月ならではの行事酒のお屠蘇を作り家族全員で飲んでみましょう。

飲む順番は年少者から年長者へ、厄年の人は一番最後になりますよ。

どんな味になるのか楽しみですね。