おせち料理はお正月に欠かせないものとなっていますが、どうしてお正月におせち料理を食べるのでしょう。

おせち料理にはどのような種類があって、それぞれどのようないわれがあるのでしょう。

また重箱になぜ詰めるのか、どのように詰めたら良いのかおせち料理はわからないことが多いですよね。

そこで、おせち料理を食べる理由、種類やそのいわれ、重箱に詰める意味と詰め方について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

おせち料理をお正月に食べる理由

昔も今もやはりお正月にはおせち料理を用意するご家庭は多いですよね。

でも、なぜお正月におせち料理を食べるのかはっきりとした理由がわからないと言う人は多いようです。

「年が明けておめでたいから、いつもと違う食事をするのでは?」そんな風に思っていませんか?

実は、お正月の三日間は主婦(女性)を働かせないように、ゆっくりと休養できるためにという意味が込められ、お正月の三が日の間はせっせとキッチンに立って食事を作らなくてもよいように、保存の利く食材を詰めたと言われています。

 

しかし本来は、お正月に初日の出と一緒にやってくる歳神様へお供え物としておせち料理を作り、大晦日にお供えをし年があけると家族全員で神様からのおさがりを頂くと考えられて来たのです。

神様にお供物を捧げて祈る三が日の間は神様がおられるために台所で煮炊きや炊事をしない物音をたてたり騒がしくしない台所に入らないという風習があったため、日持ちのする料理を年末に沢山作っておき、三が日の間はそれを食べる

このようなならわしがおせち料理を食べる一番の理由のようです。

 

このお正月に初日の出と一緒にやってくる歳神様は農耕の神様です。
農耕の神様とは、食べ物の豊作と今年一年食べ物に困らないように祈る神様です。

 

今の若い人は信じられないでしょうが、昔は(私が子供のころ)、元旦から三日間は近所のスーパーも小売店もデパートも全てお休みでした。

だから、お正月には嫌でもおせち料理を食べるしかなかったのです。
今になってみると「なるほど」と思える、日持ちのする保存食ばかりでした。

この保存のきく食材が中心というのは、正月に火を使うのは縁起が悪いという物忌みの考えも含まれていたようです。

現代では、おせち料理の種類も伝統的な料理以外にローストビーフやスモークサーモンなど子供たちも大好きで、見た目の豪華なものも用いるようになりずいぶん様変わりしてきています。

コンビニは年中無休、大型のショッピングセンターなども1月2日には開店していますよね。
おせち料理が食べたくなかったら、いつも食べているものがすぐにに入ります。
なんと幸せなことでしょう。

おせち料理の種類とそのいわれ

おせち料理はそれぞれの地域によっても品数は異なります。
すべて揃えると種類は全部で20~30種類になるといわれています。

おせち料理は、一つ一つの料理に家族の1年間の健康や幸せを祈り願いを込めて、食材の名前や形、色などで縁起を担いだものばかりです。

ここでは代表的なおせち料理をおめでたい意味やいわれと共に紹介します。

黒豆

邪気払いの意味と、黒く日焼けするほどまめに働き、まめに生活できますようにとの願いが込められています。

数の子

にしんの腹子の数の子は、卵の数が多いことから子宝祈願と子孫繁栄を願う縁起ものです。

田づくり

片口いわしを農作物の肥料として使った田畑が、豊作になったことにちなみ五穀豊穣を願います。

たたき牛蒡

牛蒡は地中深くに根が入っていくので、家の基礎が堅牢であることを願います。

紅白かまぼこ

紅白でめでたさを表現し、半円は日の出の形から成功祈願の意味もあります。

赤は魔除け、白は清浄の意味があります。

伊達巻き

形が巻物に似ているため、知識が増えるようにと願いが込められています。

また反物の形から、衣装に困らない生活の祈願です。

きんとん

漢字では「金団」と書くので、黄金にたとえて金運を呼ぶ縁起物です。

お多福豆

たくさんの福を招きますようにとの願いが込められています。

紅白なます

水引をかたどっているとされ、平安や平和を願います。

鯛の姿焼き

「めでたい」という言葉から、お祝いごとの象徴です。

また、恵比寿様が持つ魚として晴れの食卓にふさわしい魚です。

鰤の照り焼き

出世魚である鰤は、立身出世を願う縁起物です。

海老

茹でるとお年寄りのように腰が曲がることから、長寿でいられるようにという願いが込められています。

昆布巻き

「喜こんぶ」出来事に恵まれ、縁結びのご利益がありますようにとの願いを込めます。

また「子生」と書いて子孫繁栄の願いを込めます。

筑前煮

蓮根は穴にちなんで将来の見通しがきくとされます。

里芋は小芋をたくさんつけることから子孫繁栄の縁起物とされています。

土の中で根を張る根菜を用いえ末永い幸せを祈願します。

おせち料理を重箱に詰める意味と上手な詰め方

おせち料理は通常重箱につめます。
どうして重箱に詰めるのか、その意味と上手な詰め方を紹介します。

おせち料理を重箱に詰める意味

重箱は重ねて使うものなので、おせち料理を重箱につめることで「幸せを重ねる」という意味があります。

おせち料理を重箱に上手に詰めるには

もともとは重箱は4段重ねでしたが、現在は少量の2段から3段重ねが主流になっていて、上から順番に「一の重」「二の重」「三の重」と数えます。

いざ、おせち料理を重箱に詰める段になると、どう詰めたらいいのか悩んでしまでもうと言う方は多いようです。

でも大丈夫、重箱おせち料理を詰めるのは難しいことではありませんよ。
決まりに従えば意外と簡単にキレイに収まってしまいます。

では、その決まりを紹介しますね。

一の重

◇一の重に詰める主なもの
数の子・黒豆・田作り・紅白かまぼこ など

一の重には祝い肴を詰めます。

味や彩りを考えてバランスよく詰めていきます。
斜めに詰めていくと色がきれいですよ。

黒豆は汁が出るので、他の料理にうつらないように小さな器に入れてからお重に詰めることをおすすめします。

二の重

◇二の重に詰める主なもの
きんとん・紅白なます・伊達巻 など

二の重には酢の物や口取りを詰めます。

なますは汁が出るので、小さな器に入れてから一緒に盛りつけましょう。

三の重

◇三の重に詰める主なもの
海老・昆布巻・鯛 など

三の重に焼き物を詰めます。

おせち料理の中でもごちそうのものなので豪華に盛り付けましょう。

与の重(四は縁起が悪いことから)

◇与の重に詰める主なもの
サトイモ・八つ頭・レンコン など

与の重には煮物を詰めます。

まとめ

お正月におせちを食べる理由やおせち料理のいわれを確かめながら、この一年が健康で、幸福が訪れるようにと願いを込め重箱におせち料理を詰めてみましょう。

おせち料理を食べる意味やおせち料理のいわれがわかると今までとは違っておせち料理に愛着が湧いてきますよね。

今年は家族と食卓を囲んで、おせち料理で食卓が盛り上がってみましょう。