枝豆は子供から大人まで大人気、おやつにもビールにおつまみにも最高です。

特に旬の時期に出まわる枝付きの枝豆は絶品です。

ただ、せっかく枝付きの枝豆をものを買っても美味しいゆで方が出来ないと残念な結果になってしまいます。

枝豆のゆで時間を間違えてしまうと、柔らかすぎたり固すぎたり。

またゆでた後、冷ますのは水をかける?常温?それとも冷蔵庫?

塩の量も適当だと塩味が聞いてなかったりしょぱ過ぎたりと、意外と難しいと感じている人も多いでしょう。

そこで、枝豆を美味しく食べるためのゆで方とゆで時間、冷まし方、塩の量について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

枝豆を美味しく食べるためのゆで方とゆで時間

枝豆はゆでるだけというとてもシンプルな調理法です。
一見簡単そうですが、シンプルだからこそ難しいとも言えます。

 

美味しくゆでるには少しだけ、ゆでる前に手間をかけ下準備をします。

下準備といっても難しいことはしませんので安心して下さい。
コツを覚えればとっても簡単なことです。

 

それから、美味しく食べるには下準備と同じくらいゆで上がった後の枝豆の冷まし方も重要です。

それでは、枝豆をゆでる前の下準備とゆで上がった後の冷まし方を紹介します。

美味しくゆでるための下準備

下準備は2つです。

さや切り

さや切りとは、枝豆のさやの両端をキッチンばさみで切り取ることです。

枝豆の両端を切ることで、中に塩分がしみ込んで美味しくなるのです。

 

しかし、大量の枝豆のサヤの両端を切るには時間がかかるので、時間がないときには省略するのもしかたありません。

塩もみ

塩もみとは読んで字のごとく、枝豆を塩でしっかりもむことです。

塩もみをすると、ゆでた時に枝豆に塩味がしみこみやすくなることと、サヤについている細かい毛が取れるので、ゆで上がった時の枝豆の色が鮮やかな緑色になる効果があります。

 

塩もみをした後、枝豆についている塩は洗い流さないで、そのまま鍋に入れます。
ただし、塩もみ後は少しだけ時間(10分〜30分)をおいてから鍋に入れるのがベストです。

 

塩もみをする時、新鮮な枝豆であればあるほど、サヤについている細かい毛が手に触れるとチクチクと痛いかもしれません。
痛いのを我慢して素手でもみ続けたりしないでくださいね。

そんなときは、ジップロックのようなビニール袋の中で塩もみはしましょう。
手がチクチク痛くならないし、ビニール袋の中で時間をおいてからそのまま一気に鍋に入れればいいので、手を汚さずにすみます。

 

それでは下準備の2つが終わったら、大きい目の鍋を使用し、沸騰したお湯の中に躊躇せず、塩がついたままの枝豆を入れてゆでます。

美味しくゆでるためのゆで時間

枝豆を美味しくゆでるためのゆで時間は、3分~5分が目安です。

 

5分以上ゆでるのはおすすめできません

柔らかくなりすぎてしまうのはもちろんですが、アミノ酸が流出しやすく旨味が逃げてしまいます。
3分~5分を目安に様子を見ながら味みをして、お好みのかたさに仕上げましょう。

美味しくゆで上げるコツ

高温で短時間(3分~5分)でゆでるのがポイントです。

大き目の鍋に、たっぷり多めのお湯を沸かし、沸騰したお湯の中に枝豆を入れることで、プリッとした食感にゆで上がります。

 

沸騰していないお湯に入れたり、お湯の量が少なかったりすると、枝豆を入れたときお湯の温度が下がってしまいます。

このように低温のお湯で枝豆をゆでると、長い時間ゆでることになってしまいます。

この時の枝豆の食感は、まるで煮豆を煮た時のようにクタクタッとしてしまうのです。

 

もちろん、水から入れるなんて絶対にNGですから気をつけて下さい。

枝豆を美味しく食べるためのゆで上がった後の冷まし方

枝豆がゆで上がったら、大きめのザルに上げて水分を切りながら、うちわ扇風機などを使って素早く一気に冷ましましょう。

 

中には、枝豆は冷水で冷ますと色が鮮やかにゆで上がると言われる方がいます。

確かに冷水は「色止め」にはなりますが、枝豆が水っぽくなってしまいます。

そして旨味が半減し、さらに塩味も薄くなり味がぼやけてしまいます。

 

枝豆を美味しく食べるには、やはり大きめのザルに上げて水分を切りながら、うちわや扇風機などを使って素早く一気に冷ますのがおすすめです。
こうすることで、プリッとした歯ごたえのい良く、香りも最高の枝豆に仕上がります。

 

では、そのまま自然に冷ますとどうなってしまうのか。
気になりますよね。

余熱で枝豆に熱が加わり次のような状態になるのです。

妙に柔らかくなってしまう。
歯ごたえが全くない
色が黒っぽくなる

いいことありません。
美味しい枝豆からは程遠くなりますのでか気をつけて下さい。

 

実は以前の我が家の枝豆が、美味しい枝豆からは程遠いこの枝豆でした。
見た目も味も「ガッカリ、残念の枝豆・・・」

しかし今では、色のキレイなプリッとした美味しい枝豆を我が家で食べることができています。
一気に冷ますって重要です。

枝豆を美味しく食べるための塩の量

味の決め手の塩の量は重要なポイントです。

やはり、適当では美味しい枝豆にはなりません。

 

枝豆を美味しくゆで上げる塩分濃度は4%といわれています。

 

しかし、4%といっても下準備で塩もみをしているので、その分の塩分は差し引かなくてならないので注意しましょう。

 

◇例えば、水1リットルに対して塩40gこれで塩分濃度は4%になります。

塩もみで10g使った場合は、40g ― 10gになるので、ゆでるときには30gの塩を鍋に入れます。

このように塩分濃度4%でゆで上げて、味を確認してみます。

もしも、塩味が足りないと感じたら、ゆでたての熱々の枝豆にまだ水分が残っているうちに、塩を少し振りかけて調節します。

冷めてから塩をふっても枝豆にうまくなじみません。

 

枝豆は夏場のお弁当対策と保冷剤代わりに使えます。
こちらの記事も参考にしてください。
夏場のお弁当対策と保冷剤代わりになるもの おかずの作り置きは大丈夫?

まとめ

枝豆を美味しく食べるには、下準備(さや切り・塩もみ)、塩分濃度は4%、大き目の鍋でたっぷりの沸騰したお湯に入れて3分~5分、ゆで上がったら一気にうちわや扇風機で冷ます。

この一連の流れで万全です。

今年はプリップリの美味しい枝豆を食べて暑い夏を乗りきりましょう。