「冬至にゆず湯に入ると1年間風邪をひかない。」と言われますが、ゆず湯に入ると肌がピリピリするという方も少なくないようです。

体に良いはずなのにどうしてなのでしょう。
防ぐ方法はあるのでしょうか?

また、赤ちゃんと一緒にゆず湯に入っても良いのか迷っているお母さんの多いでしょう。

そこで、ゆず湯で肌がピリピリする原因とその対処方法、赤ちゃんをゆず湯に入れても大丈夫なのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ゆず湯でお肌がピリピリする原因

ゆず湯には体に嬉しいたくさんの効能があるのですが、お肌にピリピリを感じるかたも少なくありません。

このお肌に感じるピリピリは何が原因なのか紹介しますね。

ゆずの黄色い皮の部分をジーッと見てみましょう。
ツヤツヤした「」があるのがわかります。

ツヤツヤした粒は「油胞」言われ、この中には爽やかな良い香りのする、精油の成分「リモネン」が含まれています。

この「リモネン」がお肌に感じるピリピリの原因になっているのです。

 

ゆずの黄色い皮に含まれる「リモネン」には、香りの成分だけでなく油を落とす成分も含まれています。
リモネンの油を落とす成分は洗剤の成分として使われるくらい強くて、肌の粘膜を取ってしまう働きがあり、さらに分子がとても小さいために皮膚の毛穴の中にまで入り込めてしまいます。

そのためリモネンに皮膚が触ると刺激され、プチ炎症を起こしたような状態になるのでお肌がピリピリするように感じられるのです。

 

お肌が弱い人の場合は、かゆみ痛み湿疹かぶれ等の症状が出ることがあります。
ただ、お肌に感じるピリピリ感は洗い流せばなくなります。

お肌の丈夫な人にとって「リモネン」は、皮膚の余分な皮脂をとってくれるので、垢が落ちてお肌がツルツルになるのでありがたい成分です。

しかし、お肌が丈夫でも冬場の乾燥でバリア機能が落ちて敏感なお肌になることもあるので注意が必要です。

ゆず湯で感じるお肌のピリピリの対処方法

季節行事でもある「ゆず湯」には、お肌にピリピリを感じることなく入りたいですよね。

それでは、対処方法を紹介します。

ポイント

・湯船に入れるゆずの数を減らします。
・ゆずの皮をよく洗います。
・ゆずの皮を剥かずにそのまま丸ごと入れます。
・ゆずを浴槽の中で絞らない
長風呂をしない

浴槽に入れるゆずの使い方

・ゆずは皮をむかずにそのまま丸ごと入れましょう。
・ゆずは熱湯で20~30分蒸らしてからお風呂にいれましょう。
・ゆずの皮を湯通しをしましょう。

※蒸したり、湯通ししたりすると、ゆずの香りは少し飛んでしまいますが、湯船に浮かべているとだんだんといい香りが漂ってきます。

 

また、成分はほとんどぬけてしまうかもしれませんが、ゆずを半分または輪切りに切りお湯をわかした鍋に入れて、再度沸騰してくるまで少しゆでてからお風呂に入れるのがおすすめです。
ゆずは加熱するとお肌に優しくなります。

ゆずの香りだけ楽しむ

上記のようなことをしてもやはり心配という人は、ゆずの香りだけを楽しむという方向に切り替えましょう。

お風呂に入る際は下記のようにしましょう。

・ゆずの果汁を絞ってコップに入れて香りを楽しみましょう。
・ゆずを半分に切って小皿にのせて浴槽の隅に置き香りを楽しみましょう。

これで、爽やかな香りがお風呂に漂ってゆず湯に入っている気分になれますね。

 

こちらの記事も参考にしてください。
冬至にゆず湯(柚子湯)に入る意味は?嬉しい効能と上手なやり方

ゆず湯に赤ちゃんを入れても大丈夫?

赤ちゃんにとって初めての冬至には、一緒にゆず湯に入り季節行事を楽しみたいと思っているお父さんやお母さんは多いのではないでしょうか。

大人でもお肌がピリピリする方もいるゆず湯に赤ちゃんを入れても大丈夫なのか紹介します。

赤ちゃんの場合、肌の厚みが大人の肌の1/2~1/3程度しかありません。
刺激にとても弱くて、お肌は傷つきやすい状態です。

赤ちゃんがゆず湯に入ることで、必要以上に皮脂をとってしまうと皮膚のトラブルのもとになってしまう可能性があります。

 

赤ちゃんによって個人差もありますが、普段からオムツかぶれやあせもなどを起こしやすいお肌の弱い赤ちゃんの場合は、ゆずの成分で肌にかゆみや強い痛みが出たり、湿疹が出てしまうような、強い皮膚トラブルを起こすことがあるので、無理はしないようにしたいですね。

赤ちゃんとゆず湯を楽しむ方法

ゆずは最後に浮かべましょう

普段通りに普通のお風呂に入ります。
十分身体が温まったタイミングでゆずを湯船に入れます。

◇ポイント◇
・ゆずは切らずに丸ごと使いましょう。
切ってしまうとリモネンの成分がお湯に溶け出してしまいます。

ゆずの表面をしっかり洗いましょう

皮に農薬が付着している場合があって、この農薬がかぶれたり刺激を感じる原因になることもあります。

香りを楽しみましょう

浴槽にゆずは入れません。
洗面器にお湯を張りゆずを浮かべてゆず湯に入っている気分を味いましょう。

まとめ

ゆず湯にはとても嬉しいたくさんの効能がありますが、お肌が丈夫な方でもお肌の状態を確認してから入るようにしましょう。

お肌が過敏になっているような場合は、ピリピリしない対処方法を実践してゆず湯を楽しんでください。

赤ちゃんのゆず湯デビューはお肌の様子を見ながら、無理をせずゆず湯に入っている気分を味わいましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
冬至はいつ?かぼちゃを食べる由来や行事食とレシピ

来年の楽しみが増えるということでいいのではないでしょうか。