もうすく織姫と彦星が1年に1度出会う7月7日、七夕です。

その七夕の行事食は、夏には欠かせない皆さん良くご存知の「そうめん」です。

しかし、なぜ七夕にそうめんを食べるのでしょう。
そして、ひな祭りには桜もち、端午の節句にはかしわ餅があるように、七夕に食べる代表的なお菓子はないのでしょうか?

そこで、七夕の行事食がそうめんになった由来や昔食べていたという七夕のお菓子の索餅(さくべい)の簡単な作り方、子供が喜ぶ七夕のご飯メニューについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七夕の食べ物(行事食)そうめんの由来

七夕の行事食と言われるそうめんの歴史は千年も前からと非常に古く、中国から伝わった「索餅」(さくべい)という小麦粉料理だといわれています。

古代中国に「7月7日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせる」という伝説があり、奈良時代に索餅が日本に伝えられると宮中行事に取り入れられ、やがて一般に広がっていきます。

「索餅」(さくべい)は、和名では「むぎなわ」と呼ばれていました。

この「むぎなわ」と呼ばれた食べ物は、小麦と米粉を練り縄のように細くしたお菓子でしたが、それがやがて索麺(さくめん)「素麺(そうめん)」と変化していき、七夕の食べ物(行事食)として残ってきたのです。

そうめんは細く白い糸に似ています。
そこから、そうめんを天の川や織姫の織り糸に見立てて、七夕にそうめんを食べるという説もあります。

もともと七夕は乞巧奠(きこうでん)というお祭りで、着物を織る技術の上達が願い行っていたのです。
この機織と関係の深い食べものとして、そうめんが食べられるようになったという説もあります。

・そうめんを天の川に見立てている。
・小麦の収穫を神様に報告する。

このようなさまざまな言い伝えや、いろいろな思いからそうめんが食べられているのです。

7月7日は全国乾麺協同組合連合会によって、「七夕 そうめんの日」と定められています。
暑さで食欲が減退するこの時期にぴったりですね。

そうめんの賞味期限と保存方法 寝かせると美味しくなるって本当?

七夕のお菓子索餅の由来と簡単な作り方

七夕になぜ索餅を食べるようになったのでしょう。

索餅の由来

そうめんの原型になった「索餅」が、中国で食べられるようになったのには、ある事故が由来となっています。

古代中国の皇帝の息子が7月7日に亡くなりました。
その息子の亡霊が一本足の鬼(霊鬼神)となつて熱病を流行らせたとされています。

それを鎮めるために、皇帝の息子の好物だった「索餅」をお供えし供養するようになったことから、7月7日に索餅を食べると1年間病気をせずに過ごすことができると言い伝えられてきました。

後醍醐天皇の時代に健康を祈る病除けとして、7月7日に索餅を食べるようになったのです。

索餅とはどんなお菓子?

索餅は日本では、奈良・平安時代に生まれた食べ物で、麺とお菓子に作り分けられ、広く庶民に好まれた食べ物でした。

その当時は、索餅は「さくべい」ではなく「むぎなわ」と呼ばれていました。

麺の索餅は、小麦粉と米粉に塩と水を入れて練り上げ、それを蒸してから細く切って完成です。
お菓子の索餅は、麺の索餅を数センチ程度の長さに切り、それをねじり2本をより合わせたものをごま油で揚げると完成です。

やがて、中国からそうめんやうどんの原型となる小麦粉100%で打つ麺が伝わり、その美味しさに索餅はそうめんやうどんに取って代わられることになりました。

今年の七夕は、そうめんよりなんとなく行事食という感じがする、昔むかーしの庶民に好まれていた索餅を作って食べてみましょう。
作り方は簡単で、材料を見てみるとこれがまた子供に喜ばれそうで美味しそうなのです。
これはまるでドーナッツのようです。

索餅の作り方

◇材料

・小麦粉(250g)
・牛乳(50ml)
・卵(2個)
・砂糖(40g)
・油(大さじ1)

◇手順◇

1.小麦粉と砂糖を混ぜ合わせます。

2.卵を別のボールに入れてとき、牛乳を加えてよく混ぜます。

3.1と2を加えてよくこねます。

4.表面がなめらかになり、ダマがなくなったら油を加えて更にこねます。

5.ラップをして30分寝かせます。

6.ひも状にくるくるのばし、伸ばしたものを縄状にねじり合わせて油であげます。

7.砂糖をまぶし、はちみつを付け、固くなったらバターを乗せてレンジでチンする美味しいです。

七夕に子供が喜ぶご飯のメニュー

1年に1度の七夕です。
子供が楽しくなるような、喜んで食べてくれるようなご飯にしましょう。

そうめんを食べた後のデザートは、子供が大好きなゼリーを用意しましょう。

でも、そうめんでは子供にはあっさりしすぎて物足りないかもしれませんね。
子供の好きなカレーハンバーグを七夕仕様にアレンジしてみましょう。

七夕ゼリー

◇手順

1.ゼリーを平たい容器に少し固めに作ります。

2.ゼリーが固まったらスプーンで削ってクラッシュします。

3.グラスにサイダー、フルーツの缶詰、クラッシュしたゼリーを一緒に入れれば、涼しげな七夕ゼリーの完成です。

ゼリーは、牛乳味、オレンジ味、グレープ味など、ジュースと寒天を使って作るといろいろな色や味が出来て、見た目も食べても両方が満足できます。

さらにひと手間加えてゼリーを星型に型抜きすれば更に七夕感がでます。

もしもゼリーを手作りする時間がなかったら、市販のものを使ってもOKです。

星のカレー

人参を星型にくり抜き、最後にのせる溶けないスライスチーズも星型にくり抜けば、これで一気に七夕仕様です。

星のハンバーグ

・ハンバーグの上には星型にくり抜いたチーズをのせましょう。

ハンバーグを星型に形どって作るとさらに七夕度アップです。

付け合わせに星型の人参グラッセを添えれば、人参嫌いな子供も食べてくれるかもしれませんね。

まとめ

七夕の行事食はそうめんです。
しかし、そうめんだけでは子供にはちょっとあっさりしすぎていて物足りないでしょう。

簡単にできる索餅を作って家族でデザートとして食べてみませんか?

また、子供と一緒に子供の大好きなカレーやハンバーグの食材を星型に切り抜いて、楽しみながら夕食の準備をするのもおすすめです。

こちらの記事も参考にしてください。
七夕の笹はどこで売っている?長持ちさせるための保存方法と処分の仕方

年に1度の七夕まつりです。
七夕飾りだけでなく、七夕のご飯も親子で楽しい時間を過ごしてください。