子供が手足口病になると一番つらいのは口内炎です。

お腹が空いても口内炎が痛くて食べれない、水を飲むのさえつらそうです。

つらい口内炎の痛みはいつ治るのでしょう。
その間、食事はどうしたらいいのでしょう。
赤ちゃんには何を食べさせたらいいのでしょう。

そこで、手足口病の口内炎が治る時期、痛みがある時の食事のポイント、赤ちゃんの食事について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

手足口病の口内炎の痛みはいつ治るの?

手足口病になって、口内炎の痛みが治るのにかかる期間は約1週間です。

口内炎の症状が出てきて、痛みを感じなくなるまでが約1週間ですが、ピークはそのうち3日間です。
子供と一緒に、まずはお母さんも3日間頑張りましょう。

大人でも、体調が崩れたときなどに口内炎ができたりしますが、一つだけでもとても痛くつらいです。

手足口病は、その大人でもつらい口内炎が子供の小さい口の中に、いくつもいくつもできるのです。
口や舌を動かすだけでも痛いのですから、たまったものではありません。

子供はきっと、初めは痛くて泣いてばかりでしょう。
痛みがピークの時には口もきかなくなる場合もあります。

ピークは3日間、親子で頑張って乗り切るしかありません。

痛みのピーク3日間を乗り切るには?

痛みのピーク3日間を乗り切るには、脱水症状にならないように水分を切らさないことを一番に考えましょう。
この期間、栄養のことは二の次です。

「水分だけで大丈夫? 3日間食べなくてたいじゅうが減ってしまったら・・・」と心配するお母さんがいるかもしれません。

でも大丈夫です。
良くなった途端に食欲旺盛に必ずなります。
体重はすぐに戻ります。

 

我が息子も口内炎で食事が摂れなくて、とても心配した経験があります。
ポカリスエットはかろうじて飲んでくれたのですが、親としては栄養面がやはり心配でした。
このまま食べなかったらどうしよう、栄養が頭に行かなかったらおバカさんになってしまわない?体重が減っちゃうなど、根拠のない心配をしてイラついていたことを思い出します。
でも、大丈夫でした。
口内炎の痛みが治まった途端、食べる食べる。
食べ過ぎが心配になるほど食べてましたから。
炊飯器のしゃもじを手にした姿を見た時は笑っちゃいました。

 

だから、口内炎が痛いのに、無理やりお箸やスプーンを口に入れるのは酷です。
子供に、「お箸やスプーン、食べ物が怖い!」という体験をさせてしまうと、症状が良くなっても食事自体を嫌いになって食べようとしなくなりる可能性があります。

そのような事になったら一大事です。

手足口病には治療薬はありません。
お母さんもつらいでしょうが、子供が一番つらいのです。
時間が経つのを待つしか方法はありません。

どうしても水分が取れなくて心配な時は、神経質になったり落ち込んだりする前に、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

手足口病で口内炎の痛みがある時の食事はどうしたらいい?

栄養を摂らせたいと思うのは親心です。

しかし、口内炎の痛みがある時、無理は禁物です。

痛みが治まるまでは、肉や油は控えましょう。

体がウイルスと戦っているときに、消化にエネルギーが必要な肉や油を使ったものを食べさせてしまうと、病気が治っていくスピードが落ちてしまうことがあるようです。

痛みをなるべく感じさせない食べ物のポイント

◇温度

冷たくもない、熱くもない、刺激の少ない「常温」がベストです。
お水でさえ口内炎にはしみてしまうので気をつけましょう。

◇固さ

やわらかく、とろとろで、つるんとした喉ごしがいいものを選びましょう。

◇味付け

一般的に薄味がいいと言われているのですが、意外に甘いものがしみにくく食べやすいようです。
塩味や酸味の強いものはNGです。

痛みがある時におすすめな食べ物

クタクタに煮ていた、赤ちゃんの離乳食を思い出してください。

トロトロで形のない「おもゆ」が一番おすすめです。

昔から、おもゆはお乳が出ない時や離乳食に使われています。
水とでんぷんだけなので、とても消化が良いのです。
水分と糖分を効率的に吸収できるので、そこにほんの少しお塩を入れるのがポイントです。

そして「おもゆ」は、程よい食べやすい温度になると、とろみが出て食べやすくなります。

「おもゆ」以外でおすすめ食べ物を紹介します。

温度は常温にしましょう。

◇主食系

・そうめん

参考記事
そうめんの賞味期限と保存方法 寝かせると美味しくなるって本当?

・にゅうめん

◇タンパク質

・玉子豆腐
・豆乳ヨーグルト(特におすすめです)

◇スープ系

・かぼちゃスープ
・ポタージュ
・コーンスープ

◇果物フルーツ系

・バナナ
・アボガド(ハチミツをかけて)
殺菌作用のあるハチミツは口内炎を早く治してくれます。

◇デザート系

・飲むゼリー
・プリン

◇水分補給
・水
・麦茶
・イオン飲料(ポカリなど)

 

水分も取れず、ぐったりしているような場合は、脱水症状になっている可能性はあります。、
早急に病院を受診しましょう。

手足口病で口内炎の痛みがある赤ちゃんの時の食事は?

赤ちゃんの場合は、口内炎にしみるというより乳首やおっぱいを吸うことが痛くて、ミルクや母乳が飲めなくなっています。

脱水症状にならないように、麦茶などで水分補給を小まめにおこないましょう。

食欲がなくても、麦茶や白湯で水分補給をして脱水症状を予防することが大切です。

ミルクや母乳メインの赤ちゃんの場合

飲む回数を多くして、少しずつこまめにあげるしかありません。
治ったらすぐまた、ミルクや母乳をぐびぐび飲んでくれるので、心配いりません。

離乳食が始まっている場合

薄味
クタクタに煮込む
細かく切る

この3つがポイントです。

上記の「手足口病で口内炎の痛みがある時の食事はどうしたらいい?」参考にしてください。

通常のの食生活は数日中止です。

数時間おきに少しずつ、口内炎に刺激を与えない食事を与えます。

赤ちゃんが、「食べない」「食べられない」ということで、機嫌が悪くなるのは当然のことです。
お母さんはイライラせずにのんびり構えましょう。

出来るだけ口内炎に触れないように、小さなスプーンで少量ずつ根気よく食べさせてあげましょう。

まとめ

口内炎の症状がひどくて痛いと、食事がおもゆ、そうめん、スープなどになるので、栄養不良にならないかと心配でしょうが、栄養面は二の次です。

食べられるものや飲めるものを与えて、数日間を乗り切ることが第一です。

口内炎が治ったらいつものように美味しい、栄養バランスのいい食事を作ってあげてください。

治るまで約1週間、ピークの3日間を、水分補給に気をつけて乗り切りましょう。