暑くなると無性にツルツルっと食べたくなるそうめんですが、涼しくなると食べる機会がなくなり、買いすぎてしまったそうめんや頂き物のそうめんがキッチンに残っているご家庭も多いのではないでしょうか。

賞味期限はどのくらいなのでしょう。
保存はどのようにしたら良いのでしょう。

そこで、そうめんの賞味期限や保存方法、寝かせると美味しくなるというのは本当なのかについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

そうめんの賞味期限はどれくらい?

そうめんの賞味期限はどれくらいなのでしょう。

基本的には、そうめんのパッケージに記載された賞味期限なのですが、そうめんと言っても色々ありますよね。
スーパーの陳列棚を見ても値段がお安いものから高いものまであって、だから品質によって異なるのです。

半生のそうめん

半生のそうめんは2~3ヶ月くらいです。

紙箱やビニール包装のそうめん

紙箱やビニール包装のスーパーなどで購入できるものは1年くらいです。

木箱に入った乾麺

木箱に入った乾麺は2年くらいです。

高級手延べそうめん

高級手延べそうめん(揖保の糸や三輪素麺など)3年以上持つものもあります。

 

半生のものはやはり賞味期限は短いですね。
乾麺であっても小麦粉と塩でつくられた値段がお安いものは賞味期限も短めです。

高級な手延べそうめんほど賞味期限が長いのが特長です。
高級な手延べそうめんは、製造過程で細く伸ばす際に、油を麺の表面に塗ることで麺のコシを出し、この麺の表面に油を塗ることが長期保存が可能になっているのです。

このように、賞味期限の違いは製造方法の違いでもあるのです。

 

また賞味期限は、「おいしく食べられる期間」なので実際の保存期間はありません。
だから「賞味期限」の記載日を過ぎても食べられることになりますが、賞味期限を過ぎたそうめんがどこまで食べられるかは保存状態関係してきます。

例えば、賞味期限を過ぎていても、そうめんにカビが生えていたり、虫がついてなければ大丈夫です。
しかし、カビも生えていない虫もついていない、けれど臭いが付いている場合があります。
この場合は食べるのはやめておきましょう。

そうめんの見た目だけでなく、臭いを確認して最終的判断をしましょう。

そうめんの保存方法は?

そうめんの賞味期限は、半生のもの以外は1年から3年以上と比較的長く、保存方法によってはそれ以上先まで食べることができます。

正しい保存方法を紹介します。

乾麺の場合

乾麺の保存方法は湿気との戦いです。
とにかく風通しの良い冷暗所で保存しましょう。

木箱に入っているものや紙箱に入っているものは、基本的にはそのまま冷暗所の保存でOKです。
できるなら、定期的に箱から出して天気の良い日に数時間程度陰干しをするとカビや虫が付きにくくなるのでさらに良いですね。
陰干しなどができないのなら、ジップ付きの袋やタッパーに移し替えるのがおすすめです。

また、そうめんは他のにおいが移りやすい食品なので、においの強いもの(石鹸や化粧品など)の近くに置いたりしないようにしましょう。

 

冷蔵庫で保存するのもおすすめです。
冷蔵庫で保存する場合も、においの強い食材と一緒に置かないように気をつけましょう。
タッパーやジップ付きの袋などの密閉できる容器に入れて保存するのが良いでしょう。

ゆでたそうめんの場合

ゆでたそうめんは保存に向いていません。
時間が経つと伸びてパサパサになってしまいます。

しかし、大量にゆでてしまって残ってしまったそうめんを捨てるのはもったいないですよね。

冷蔵庫で保存

冷蔵庫での保存期間は、2~3日が限界です。

ラップに包むか、ジップ付きの袋に入れ空気が入らないようにして冷蔵庫で保存しましょう。
1食分ずつ分けて保存すると、使用する際に便利です。

冷凍で保存

長期保存したい時は、冷凍保存しましょう。
冷凍の保存期間は2~3週間です。

ジップ付きの保存袋にそうめんををざっくりと入れ、空気を抜かずに冷凍します。
ある程度固まったら、一度ジップを開けます。
今度は完全に空気を抜いてから、もう一度冷凍庫で保存すれば形崩れしません。

冷凍保存のそうめんを解凍

そうめんを解凍するときに自然解凍や電子レンジを使用すると、ぼそぼそとしたような感じになってしまうのでおすすめできません。

湯通しがベストです。

おすすめは、アツアツの出汁に凍った状態で直接入れて、煮るにゅうめんが美味しいです。
また、変わったところでは、アツアツのお味噌汁に入れるのもこれまた美味です。

そうめんは寝かせると美味しいって本当?

放置して寝かせたそうめんのほうがおいしくなると聞いたことはありませんか?

そうめんは3年以上寝かせた物を特に「古物(ひねもの)」と呼んで高級品になります。

お中元でいただいた木箱のそうめんがもしあったら箱を見てみましょう。
もしも、木箱に「古物」と書かれたものが入っていれば、その極細のそうめんはとてもお値段が高いものです。

高級な手延べそうめん(手で細く長く伸ばしたもの)は、棉実油やごま油を麺の表面に塗りコシを出しているのです。
その油が時間とともに小麦粉になじんで油の酸化の熱で小麦のたんぱく質が熟成し、そうめん自体が発酵したような効果が得られるので、寝かせるほどにおいしくなるのです。

この状態のそうめん「古物(ひねもの)」は、色は少し飴色をしています。
そして、乾いた状態だと少々油の臭いがしますが、ゆでるとその油臭さが抜け、強いコシと喉越しを持ってくるのです。

ただし、スーパーで売られているお安い小麦粉と塩だけで作られたそうめんは、どんなに寝かせても美味しくなることはありません。
賞味期間内に食べましょう。

まとめ

そうめんは長期保存できる食品です。

賞味期限も1年~3年以上と長く、保存方法によってはそれ以上先まで食べることができます。

正しい保存方法を実践し、今年はにゅうめんを食べてみませんか?

冷たい喉越しのそうめんを食べるのも良いですが、冷房で冷えた体ににゅうめんも最高に美味しいです。
また秋の夜長、小腹が空いた時のアツアツのにゅうめんはおすすめです。