命日、お盆、お彼岸などでは、お仏壇にお参りしたりお墓参りをしますが、その時にかかせないのがお線香です。

仏壇にあげるお線香の本数は何本が正しいのでしょう。
お線香をあげるたびに何本にしたらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

またそのとき鳴らす鐘(リン)の回数も気になりますよね。

そして、お墓参りの時には何本なのでしょう。

そこで、仏壇にあげるお線香の本数と鐘を鳴らす回数やお墓参り時の何本について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お仏壇にあげるお線香の本数は?

お仏壇にお線香をあげる時、毎回「どうしよう・・・何本?」と気になる方は多いようです。

一般的に決まりがあるものなのか、どうなのかお線香をあげる時の本数について紹介しますね。

四十九日まで

四十九日までは、お線香をあげる本数は1本です。

お線香が2本では道が二筋に分かれてしまい、亡くなった方がどちらに行ったら良いのか道に迷うとされているからです。

お線香が亡くなった人を天国に導く道しるべとしの役目をしているんですね。

四十九日を過ぎると

四十九日を過ぎると、亡くなった方は最後の修行を終え天国へ旅立たれるのでもう道しるべは必要ありませんので、お線香も本数に制限はなくなります。

制限はなくなると言っても、一般的にお参りの際のお線香の本数は1本~3本です。

実際のところ、お線香の本数は正式には各宗派で異なり、地域によっても違いがあるようです。

天台宗

お線香の本数は、3本とされています。
これは「三宝」という、仏様、法の教え、僧、のすべてを大切にご供養するという考えによるものです。

「仏法僧の三宝」とは

仏 = 仏様
法 = その宗派
僧 = 仏様をあの世へと導いてくれたお寺の住職様

3本のお線香は自分から見て逆三角形になるようあげます。
香炉の手前に1本、奥に2本です。

真言宗

お線香の本数は、3本とされています。
これは「三宝」という、仏様、法の教え、僧、のすべてを大切にご供養するという考えによるものです。

「仏法僧の三宝」とは

仏 = 仏様
法 = その宗派
僧 = 仏様をあの世へと導いてくれたお寺の住職様

3本のお線香は自分から見て逆三角形になるよう立てます。
香炉の手前に1本、奥に2本です。

浄土宗

お線香の本数は1本とされています。
お線香を立てるのは、むかし僧侶が修行する際にお線香を立て、1本が燃え尽きる間を目安として時間を計ったことに由来するともいわれています。

香炉の中央に1本立ててお供えします。

曹洞宗

お線香の本数は1本とされています。
お線香を立てるのは、むかし僧侶が修行する際にお線香を立て、1本が燃え尽きる間を目安として時間を計ったことに由来するともいわれています。

香炉の中央に1本立ててお供えします。

臨済宗

お線香の本数は1本とされています。
お線香を立てるのは、むかし僧侶が修行する際にお線香を立て、1本が燃え尽きる間を目安として時間を計ったことに由来するともいわれています。

香炉の中央に1本立ててお供えします。

日蓮宗

お線香の本数は1本とされています。
お線香を立てるのは、むかし僧侶が修行する際にお線香を立て、1本が燃え尽きる間を目安として時間を計ったことに由来するともいわれています。

香炉の中央に1本立ててお供えします。

浄土真宗

お線香の本数は1本ですが立てません。

1本のお線香を香炉の幅に合わせて折り、煙の出ている側を自分から見て左になるように香炉の中に寝かせてお供えします。

作法について心配なとき

私の場合、
私は以前テレビで「仏法僧の三宝」というのを聞き妙に納得しました。

それからは、お線香をあげるときには迷うことなく常に3本立てていたのですが、実家で父の法事があった時にお線香を3本立てていたらお寺の住職から、「線香は1本でいい。」と言われました。

その時、詳しい説明はしていただけませんでしたが、宗派によって違うという事だったのです。
ちなみに宗派は「臨済宗」確かに1本ですね。

 

しかし、私の嫁ぎ先のお世話になっているお寺の住職からは、「お線香は好きな本数を上げていいですよ。肝心なのは供養するという気持ちです。」とお聞きしました。

その時、「本来お線香は煙ではなく良い香りを供えるものだから、本数を気にするより良い香のお線香を供えてあげるのがいいですね。」と教えていただきました。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お線香をあげる意味とお仏壇への正しいあげかた 毎日あげるもの?
最近は煙だけが出る粗悪な「合成香料」のお線香も出回っているようです。
「合成香料」のお線香は喉を傷める可能性があるので、室内で使用するのは控えた方がいいですね。

 

このように、お線香の本数やあげ方は、「これが絶対に正しい」と言い切れるお作法は「ない」というのが実際のところかもしれません。
お線香の作法について心配なときは、お世話になっている菩提寺の住職にお聞きしてみるのが一番よいでしょう。

 

ただ、他の家に訪問しお線香をあげる時などは、そこの家の宗派はわかりませんよね。
分からない場合には、いつも自分がしている方法でお線香をあげても失礼にはならないとのことです。

お仏壇にお線香をあげる時に鐘(リン)をならす回数は?

「えっ?」と驚かれる方が多いかもしれませんが、合掌のみでOKです。

鐘(リン)は鳴らさなくていいそうです。

私は、神社の鈴のように「自分が来たことを知らせるために鳴らす。」という風に勘違いしていました。

仏様はこちらを見ているので、仏様に対して合図のために鐘を鳴らす必要ないそうです。

鐘は読経をする時に使う道具なので、お勤めをしない時はあえて鳴らす必要のないもだったのですね。

鐘は、自分以外の人に読経の始まりの合図として鳴らし、また読経のスピードを知らせるために鳴らします。

1人の時でも、読経の時には作法として鐘は鳴らすそうです。

鐘のことも私の嫁ぎ先のお世話になっている住職に聞いてみました。

「1回でも2回でも心を込めて鳴らすのであれば今まで通り大丈夫です。」
大事なのは、ご先祖様や故人のことを思うことですから。」と教えていただきました。

鐘はあえてならすことはないけれど、心を込めて鳴らすのならば、1回でも2回でも3回でもいいようです。

お墓参りの際のお線香は何本あげる?

お墓参りには、1束ごとになっている墓前用として販売されているお線香を使用する方が多いのではないでしょうか。

1人何本という決まりはありません。

1束そのまま火をつけてお墓参りでお線香をあげる時は、1束供えれば良いのです。

また、家族や複数人で言った場合などは1人1人供えなくても代表者が供えれば良いとのことです。

また、1人や少人数でお墓にお参りの行く場合、お線香は適当な本数を家から持参してお墓にあげるのでもまったく問題ありませんよ。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お墓参りに必要な持ち物と仕方 適した時期や時間帯と夕方はダメと言われる理由
お墓参りに適した花の種類 造花でもいいの?値段の相場や購入場所
お彼岸にお墓参りするのはなぜ?いつ行くもので行けない時は?

まとめ

お線香の本数はあげる方法は各宗派でそれぞれ異なっています。

しかし共通する点は、先祖様、仏様、故人を供養する気持ちです。

その気持ちがあれば、お線香の本数が何本でもをならす回数が何回でも、それは問題にはならないようです。

細かいことは気にぜず、いつも通り心をこめてご先祖様や故人にお線香をあげましょう。
仏様はいつもこちらを見ていてくれているようですよ。