赤ちゃんはダニに狙われ刺されやすい条件(汗っかきで肌は柔らかくて体温も高い)が揃っています。
どんな症状が現れるのかお母さんは心配ですよね。

万が一ダニに刺されてしまったら冷静に対処しましょう。

どんな点を注意したらいいのか、ダニに刺されないためにはどんな対策をしたらいいのか知りたいでしょう。

そこで、赤ちゃんがダニに刺された時の症状と対処方法や注意点、刺されない為の対策を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんのダニ刺されの症状は?

ダニは柔らかい肌を好みます。
だから、全身もちもち柔らかい赤ちゃんの肌は、ダニの標的になりやすいのです。

ダニに刺された時の見た目の症状

ダニに刺されると、刺された箇所は蚊に刺された時よりも大きい5mm~1cmくらいの赤みを帯びた数個の発疹が現れます。

ダニによっては皮膚の一部がプクッとふくれた湿疹の中心部分に芯のようなものがありますが、刺されてすぐは目立ちません。

ダニに刺された場合は、左右非対称で数個の湿疹が近くにできます。
この湿疹は1週間ほど消えません。

その赤みを帯びた発疹をよーく観察してください。
蚊に刺された時とは明らかに違う、2つの噛まれた跡がはっきりと見えます。

ダニは歯(キバみたいに二本ついている)で肌を噛むので2か所の噛み痕がつくのです。

ダニに刺された時の赤ちゃんの行動による症状

ダニに刺されていつまでも消えないかゆみに、赤ちゃんは集中力がなくなり、落ち着かない様子が目立ちます。

大人でも同じですが体が温まるとかゆみがさらに強くなるので、赤ちゃんもぐずることが多いのです。
ダニがでる時期は外気温も高くなってきている時期ですからね、かゆみが気になってなかなか眠りにつけません。

ダニに刺された時の強いかゆみは、蚊に刺されたときと違いすぐに感じません。

6時間から8時間経ってから、急にかゆみを感じる事が多いと言われています。
これはダニが赤ちゃんの肌を噛んだ時に、わずかにダニの体液が皮膚に残ってしまうことが原因です。

ダニに噛まれたことで起こるかゆみは、1週間ほど続き、腫れたり、水ぶくれになったりすることも良くあり、長いと2週間ほどかゆみが残る場合もあります。

ダニに刺されたときの対処方法

赤ちゃんの肌にダニに噛まれた跡を見つけたら、お母さんはどのように対処したらいいのか紹介します。

ダニ刺されを見つけて最初にすること

湿疹をかきむしったりして壊すと肌に跡が残る場合もあるので、赤い湿疹は触らないようにします。

湿疹が消えるまで汗やほこりが付かないように、患部の周りは清潔に保ってあげましょう。

ダニ刺され最初のケアは、まず患部を清潔にすることです。
汗やよだれがついたままでは、ホコリが付きやすく衛生的ではありませんよね。

すぐに流水で患部と周辺を洗い流しましょう。
ダニに刺された患部はデリケートですので、強くこすると真っ赤に腫れあがり、水ぶくれになってしまうこともあるので、タオルかガーゼでポンポンと軽く水分を吸いとってあげてください。

赤ちゃんに対してできること

赤ちゃんの手が届くところにかゆみ強い湿疹がある場合は大変です。
赤ちゃんは加減というものを知らないので、赤ちゃんの爪を短くきって(切りすぎ注意)患部を傷付けないようにしましょう。

ダニに刺されたところをかき壊すと、雑菌が入り「とびひ」になってしまいます。
患部は絶対に悪化させないことが重要です。

やってはいけない3つのポイント

1.湿疹を汚れた手や伸びた爪で触らない
雑菌が入るきっかけになりやすいのでこまめに手を洗うなど清潔にしておきましょう。

2.湿疹に熱い湯をかけない
普段から赤ちゃんに熱いお湯をかけたりはしないと思いますが患部を刺激しかゆみが増すのでやめましょう。

3.湿疹を潰したり押さない
湿疹の部位は皮膚が弱くなっているのでよけいに肌表面が荒れてしまいます。
どうしても気になって、赤ちゃん自身が触ってしまうときは流水で流してあげると痒みが治まるでしょう。
お風呂もぬるめの湯にしてあげましょう。

皮膚科を受診したほうがいいの?市販薬は?

患部が腫れている時は、悪化している可能性があります。
腫れがひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

ただ、市販薬でかゆみをおさえられればとおもうお母さんがいるかもしれませんね。
市販のかゆみ止めを購入するときは注意が必要です。

大人用の虫刺されの市販薬や軟膏クリームでは刺激が強すぎるので、必ず低刺激のベビー用を選びましょう。
「大人の薬の方が効くだろう。」このような判断は絶対にしないことです。

赤ちゃんがダニに刺されないための対策

ダニはジメジメとした季節に活動するものだと思っている人が中にはいるようですが、実は一年中活動しています。
現在の住宅事情は快適に過ごせる代わりに密閉空間も多く、家の中は一年中ダニの生息に適している場所といってもおかしくありません。

高温多湿を好むダニです。
家の中に生息するダニは気温20~30℃、湿度75~85%の高温多湿を好み、気温が25℃を超えると一気に増えると言われています。
つまり、春にダニを放置したままにすると、梅雨の時期や夏にはさらに数が増し赤ちゃんが狙われてしまうのです。

できることなら梅雨に入る前、夏がやってくる前にダニ対策しておきましょう。

そこで、ダニの種類を紹介しますね。

ダニの種類

・ヒョウヒダニ(チリダニ)
アレルギーの原因になると言われています。
布団やカーペット、布製のソファーなどにいます。
人を刺したりしませんが、ダニの体や死骸、糞がアレルギー性疾患の原因となるので、特に小さい子どもがいる家庭は徹底して退治をしましょう。

・ツメダニ
人を刺すタイプのダニです。
梅雨時期に大発生し、刺されると赤いブツブツができてかゆみが生じ、皮膚炎を発症します。
ツメダニはヒョウダニや、コナダニと呼ばれる繁殖力がすごいダニを好んで食べるので、まずはヒョウヒダニやコナダニを発生させないことが、ツメダニの被害を防ぐポイントです。

対策と方法

こまめな掃除と湿度を下げることです。

具体的には次の通りです。

天日干しで乾燥させる
ダニは高温多湿を好むので、汗を吸った寝具類は格好のすみ家です。

天日干しや布団乾燥機で、布団そのものを乾燥させることが重要です。
十分に乾燥させたあとは、布団用の掃除機でダニの死骸や糞を除去を忘れないように!

もしも、花粉症の時期などベランダや庭で天日干しが出来ない場合、室内の日光が当たる場所に布団をおけばOKです。

・スチームアイロンを使用する
ウールや混紡のカーペット、布製のソファーは保湿性が高いので、ダニにとっては居心地の良い場所です。
普段からこまめに掃除機をかけるようにしましょう。

さらに徹底するには、スチームアイロンを使うのがおすすめです。
アイロンを掛けても大丈夫な素材かのどうかの確認はしてくださいね。
アイロンの温度を最強にすれば温度は100℃を超えるので、ダニはひとたまりもありません。

・こまめにコロコロをしようする
人間の髪の毛やフケはダニの大好物です。

カーペットに絡まった髪の毛などは、掃除機で取りきれません。
そんなときに活躍するのがコロコロ型の粘着テープです。
音を立てずにできるので夜でも周囲に気にすることなく使用でき、なにより安いのが嬉しいですね。

・十分な換気を心がける
こまめに部屋の空気を入れ替えて湿度を低く保ちましょう。

まとめ

こまめな掃除でダニの餌になる髪の毛やフケを取り除き、部屋を乾燥させるダニ対策を是非実行しましょう。
梅雨時期に入る前のこの季節にダニを部屋から一掃して、健康的で快適な夏を過ごしましょう。

腫れが気になる時は迷わず皮膚科を受診してくださいね。
悪化させてとびひになったら大変です。

⇒ 幼児のとびひの原因と症状 大人にうつる?予防するには?

こちらの記事を読んで参考にしてください。