赤ちゃんが蚊に刺された時にはものすごく腫れます。
このような場合どのように対処してあげたらいいのか悩んでしまうお母さんは多いのではないでしょうか。

また蚊に刺された後がなかなか消えてくれない場合もすくなくありません。
痛々しい蚊に刺された後を少しでも早く消してあげたいですよね。

どのような皮膚の状態の時に病院へ行ったら良いのでしょう。

そこで、赤ちゃんが蚊に刺された時や跡が消えない時の対処方法と迷わず病院へ行った方が良い場合の皮膚の状態について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんが蚊に刺された時の対処方法は?

赤ちゃんが蚊に刺されないように家族が注意してあげるのが一番です。
でも、十分に気を付けていたはずなのに「うわっ、ここもあっちも、ここまで刺されちゃってる。」ってことは多いですよね。

赤ちゃんが蚊に刺された場合、大人が刺されたときとは状況が違い、「右足と左足の太さが全く違う」なんてことは珍しくありませんからお母さんやお父さんはビックリしてしまうことでしょう。

かわいそうで、どうしてあげたらいいのか悩んでしまいますが、大人より体温が高い赤ちゃんが蚊に刺されずに夏を越すのはなかなか難しいようです。

そこで、赤ちゃんが蚊に刺されてしまった場合の対処方法を紹介しますね。

刺された患部を清潔にする

蚊は皮膚に止まって血を吸うときに同時に唾液を注入してきます。

蚊が注入してくる唾液がかゆみや腫れの元になっているのです。

だから蚊に刺されたら、早めに患部を流水で洗って清潔にすることが大事なのです。

 

またかゆみを抑えるためには、刺された患部をアイスノンや濡れタオルを使って冷やしてあげるのも効果的です。

刺された患部を冷やすと、血管が収縮してかゆみ成分が広がらずにかゆみが軽減されます。

 

この方法は大人が蚊に刺された時も同様です。

刺された患部を消毒する

刺された患部を赤ちゃんがかきむしってしまうと、傷になったり腫れて滲出液が出てしまいます。

その場合は蚊に刺されただけでは収まらず、患部の傷からばい菌が入り悪化しとびひの原因になるので、ひどくならないうちに消毒剤で消毒をしましょう。

小児用マキロンでOKです。

刺された患部に薬を塗る

患部を流水で洗って清潔にし、小児用マキロンで消毒した後はガーゼなどでしっかり水分をふきとって、赤ちゃん用のムヒベビームヒパッチなどの薬を塗り、悪化を防ぎかゆみを防止しましょう。

蚊に刺された後のお手入れポイント

ムヒベビーなどの薬を塗っても、赤ちゃんが刺された患部をかきむしるような場合は、包帯またはガーゼで患部を覆ってあげましょう。

特に寝ている間が危険タイムですよね。
無意識にかきむしってしまうのですからしかたありませんが、包帯やガーゼで患部を覆っていれば上からかいても大丈夫ですよ。

包帯やガーゼで患部を覆うことで、出血やとびひを防ぐことができます。

 

大判のバンソウコウなどでもいいのではないかと思われるおかあさんがいるかもしれませんね。

でも、包帯やガーゼの通気性の良さに勝るものはありません
患部が蒸れないことが重要なんです。

大判のバンソウコウの方が見栄えは良いかもしれませんが、赤ちゃんの皮膚は薄くて敏感なので、バンソウコウにかぶれてしまうことがあるかもしれないのでおすすめはしません。

とびひについてはこちらで紹介しています。
幼児のとびひの原因と症状 大人にうつる?予防するには?

 

もしもとびひになってしまった場合は、皮膚科の先生に教えていただいた方法をこちらで紹介しています。
とびひ 塗り薬の塗り方!市販薬でも効果ある?塗るのはいつまで?

以前息子がとびひになってしまった時、皮膚科の先生に教えていただいた方法です。
息子もそれ以来とびひにはならなかったので、ぜひ試してくださいね。

赤ちゃんの蚊に刺された跡が消えない時の対処方法は?

初めて夏を迎える赤ちゃんが蚊に刺された時、特にアレルギー反応が強くでることがあります。

この場合、刺されてすぐに症状が出るのではなく、1~2日後に大きく腫れあがり跡を残して治っていきます。

赤ちゃんや小さな子供の皮膚はとても薄く敏感なため、蚊に刺されかゆみが強いためにかいてしまうと、ビックリするほど患部の腫れが広がったり、化膿してしまったりするので跡に残る確率が高いのです。

 

だから赤ちゃんの虫刺されは特に注意が必要なんです。

 

上記で紹介している「赤ちゃんが蚊に刺された時の対処方法」を実践しても、蚊に刺され跡が残ってしまうことがあります。

跡が残ってしまったら、少しでも早く虫刺され跡を消してあげたいですよね。
虫刺され跡を消すには保湿が一番です。

皮膚の代謝を高めて、新しい皮膚へ早く生まれ変わらせましょう。

 

赤ちゃんの肌につけて安全なのは「馬油」や「ワセリン」です。
すぐに取れてしまいますが馬油ワセリンこまめに塗っても大丈夫ですから安心して使えます。

 

「馬油」や「ワセリン」を塗るタイミングはお風呂上がり5分以内が理想と言われています。

お風呂上がりは肌が乾燥しがちなので、なるべく早めに塗ってあげることがポイントです。

赤ちゃんが蚊に刺された時に病院へ行く皮膚の状態は?

赤ちゃんが蚊に刺された時に家庭で「赤ちゃんが蚊に刺された時の対処方法」を行えばいいのか、やはり病院に行った方がいいのか悩んでしまうお母さんもいることでしょう。

 

そこで、迷わず赤ちゃんを病院に行った方が良い時の皮膚の状態を4つ紹介しますね。

・蚊に刺された患部が大きく腫れている

・蚊に刺された患部にひどい痛みがある

・蚊に刺された患部がを持っている

・蚊に刺された患部に固い「しん」がある

 

この4つの皮膚の状態以外でも、蚊に刺された場所が目の近くや鼻などのように、市販の薬が塗れない塗れにくい時にも病院に行った方がよいでしょう。
大人が考えているより赤ちゃんにとっては辛いことです。

 

病院は小児科でも大丈夫ですが、専門の皮膚科を受診した方がピッタリの薬を処方してもらえるでしょう。

まとめ

大人も蚊に刺されれば痒いし腫れますが、赤ちゃんの腫れは大人の腫れとは比べものにならないほど、ビックリするほど腫れます。

きっとかゆみも大人が思う以上の辛いかゆみでしょう。

できるだけ蚊のいるところには近づかないようにし、蚊から守ってあげましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
蚊が刺す理由と対策 刺されやすい特徴・体質・血液型・色は?
蚊取り線香は赤ちゃんに大丈夫?天然成分の除虫菊や電気蚊取り器は?
蚊取り線香の効果がある範囲はどれくらい?効果的な使い方と成分は?

もしも刺されてしまった場合は、前述しました対処法を実践しましょう。
また蚊に刺された患部をかきむしって、色素沈着を起こして跡が残ってしまった時は、保湿をここを掛け「馬油」や「ワセリン」を塗って早く跡を消してあげましょう。

症状がひどいと感じたら迷わず病院へ行くことをおすすめします。