紫外線が気になる季節、髪の毛や頭皮にはどんな影響があるのか気になりますよね。

お肌は紫外線を受けることで日に焼けて、シミやシワの原因になるくらいですから髪の毛や頭皮も紫外線でからのダメージを受けて悲鳴をあげているのです。

髪の毛や頭皮への心配は、女性だけではなく男性にとっても一言ではないですね。

どのように髪の毛や頭皮を守ってあげたらいいのか、ケアや対策の方法を知りたい人は多いでしょう。

そこで、紫外線の髪の毛や頭皮への影響、ケアや対策を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

紫外線の髪の毛への影響は?

紫外線と聞くと多くの人は顔やボディばかりに意識が行ってしまい、髪の毛や頭皮のことは二の次になっていませんか?

お肌の老化の原因の80%は紫外線と言われているんです。
これは光老化と言われています。

紫外線がシミやシワの原因になっているといっても言い過ぎではないようです。

だから顔やボディには、しっかり日焼け止めクリームを塗ってお肌を保護していますよね。
また、大きなつばの真っ黒なサンバイザーでスッポリ顔を覆ったり、日焼け用の手袋をしたりと準備万端です。

 

しかし、二の次になっている髪の毛頭皮も例外ではありません。

紫外線で相当なダメージを受け悲鳴をあげているんです。
体の中で一番太陽に近い位置にあるのが髪の毛と頭皮なのですから当然なのかもしれません。

 

実は髪の毛と頭皮が受ける紫外線量は、顔に比べて3~5倍以上の量と言われているのです。

 

それでは、髪の毛が紫外線をたくさん浴びる(日焼けする)とどのようになるのか紹介しますね。

ツヤがなくなり枝毛、切れ毛、抜け毛が増える

大量の紫外線が髪の毛に当たることで、紫外線は髪の毛に吸収されていきます。
髪の毛に吸収された紫外線の影響は、髪の毛の一番外側を覆っているキューティクルがめくれたりはがれたりして、髪の中のたんぱく質や保湿する成分が流出してしまいます。

髪の中のたんぱく質や保湿する成分の流出が、髪の乾燥やパサつき、ツヤをなくす原因の一つになるのです。

 

また強い紫外線は、髪の毛の内部のシスティン結合(タンパク質やアミノ酸がしっかり結びつき、髪の強度を保っている構造)も切断してしまいます。

髪の毛の内部のダメージは、切れ毛や枝毛、抜け毛が増やしてしまう原因と言われているのです。

髪の毛が退色し赤茶けた色になる

紫外線は、髪の毛内部のメラニンを分解してしまいます。

メラニンが紫外線によって分解されると、髪の色が退色し赤茶けた色になってしまうのです。

ヘアカラーをしている髪はさらに退色が起こりやすくなっているので注意が必要です。

 

髪の毛内部に存在するメラニンには紫外線を吸収し髪を守るという大切な働きがあるのですが、ヘアカラーは髪の毛を好みの色を発色させるためにメラニン色素を分解して脱色することから、ヘアカラーをしている髪はさらに退色が起こりやすくなっているのです。

 

そのためにヘアカラー後の髪は紫外線の防御力が高いメラニン色素が少なく、紫外線の防御力がほとんどない染料の色素が混在している状態になってしまっているので、紫外線の影響を大きく受けやすくなり、ヘアカラーの退色も進んでしまうのです。

赤茶けた色になってしまうと髪の毛は光の加減では白っぽく見えてしまうので、見た目はとても不健康で老けたような印象を与えています。

 

常に若々しくいたいと思っている人にとってはとても悲しいことですよね。

紫外線の頭皮への影響は?

頭皮も髪の毛と同様、紫外線からのダメージはお肌の約3倍もの日焼けをしていると言われています。

 

髪の毛ダメージは見た目で良くわかります。
赤茶けた色になったり枝毛や切れ毛になるので、バーリバリのパッサパサパサした手触りで髪の毛のSOSを知ることができますよね。

 

しかし、頭皮は目で見て確認することが中々難しいので、日々、紫外線がじわじわと細胞が壊していることになかなか気づけていません

 

紫外線の影響が顔に出れば、シミやシワが発生して実年齢よりも老けて見られる原因です。

実際、頭皮も紫外線を受けることで、光老化という老化現象を起こしています。

ただ、頭皮は髪の毛で守られているため紫外線予防は怠ってしまう人は多いでしょう。

 

頭皮の老化はシミ、シワだけではなく、髪の毛にも影響するので恐いです。

肌が弱い人は頭皮に痛みやかゆみが起こったり、フケみたいに皮がポロポロむけたりします。

さらに恐怖なのは、頭皮の中の毛根にある髪の毛を黒くする細胞が、紫外線のダメージで破壊されることで、白髪が発生するとも言われています。

頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌なので、決して油断をしてはいけない場所でだったのです。

もしも頭皮が赤くなったり、ヒリヒリする症状が現れてくれれば、紫外線の悪影響に気づくことができるのでラッキーです。

⇒ 白髪が目立たないカラーの色や髪型は?パーマスタイルは効果ある?

紫外線から髪の毛や頭皮を守るためのケアや対策は?

なんと、髪の毛には自己修復機能がありません
だから、紫外線の影響は怖いと気付いた今が髪の毛の日焼け対策の始め時なのです。

紫外線から髪の毛や頭皮を守るためのケアや対策を紹介しますね。

帽子をかぶる

日傘をさす

UVカット機能つきのスプレートリートメントやスタイリング剤を使う

・紫外線が強い時間帯の外出を避ける

帽子をかぶる

帽子をかぶることは簡単に誰にでも出来る対策です。

UVカット機能のついたツバの広い帽子ならばお肌の日焼け対策と一石二鳥です。

また麦わら帽子のような通気性のいい帽子であれば頭皮の蒸れを防止しできて、熱中症対策にも有効なので、こちらも一石二鳥ということになります。

日傘をさす

最近の日傘はUVカット加工(効果は約3~5年)されているものが多いです。

日傘に色で効果が違うと気にしている人が多いですが、表面の色は何色でも大差はないと言われているようです。

 

重要なのは日傘の内部の色です。

黒は紫外線を吸収し白は紫外線を反射することで紫外線を防止しています。

だから、内部の色が白い日傘はNGです。
地面や壁などからの照り返しを、日傘の内部の白色がさらに反射させてしまうので、日傘をさしているのにその紫外線を一気に浴びてしまいます。

日傘の内部の色は黒または黒に近い濃い色のものを選ぶようにしましょう。

UVカット機能つきのスプレー、トリートメントやスタイリング剤を使う

お肌に日焼け止めクリームを塗るように、髪の毛にも使える日焼け止めスプレーなどを利用しましょう。

ただ、「効果が高い = 成分が強い」ことが多いので、使用する場合は必ずパッチテストをしましょう。

日焼け止めスプレーが合わない方は、最近では洗い流さないトリートメントやスタイリング剤に、UVカット機能をつけているものがあるのでそちらで合うものを探しましょう。

髪をまとめる

万が一帽子も傘もないときは、できるだけ髪をまとめて紫外線を浴びる髪の表面積を少なくしましょう。

ただ、首元の日焼けには十分気をつけてくださいね。

紫外線が強い時間帯の外出を避ける

一般的に紫外線が強くなるのは、10:00~14:00までの4時間と言われています。

この4時間を外で過ごすと、1日の紫外線量の約半分を浴びてしまうのです。

 

できるなら、お出かけの時間は10:00~14:00までの4時間を避けられるといいですね。

特に紫外線が強いのは、11:00~12:00の太陽が一番高くなる時です。

まとめ

夏になると紫外線を気にする人が多くなるのですが、実は髪の毛や頭皮は一年中紫外線を浴びています。

紫外線対策は顔やボディばかりに意識がいってしまいがちですが、髪の毛や頭皮も同様の対策が必要なのです。

紫外線が強い時期のお出かけは多くなります。
お肌も気をつけなければなりませんが、大切な髪の毛もしっかり守りましょう。

⇨ 紫外線対策にサングラスは効果ある?色の関係と選び方は?

また紫外線は目にも影響及すので注意しましょうね。