白髪が悩みの種という女性は多く、目立たないようにと定期的にカラーをしていますが、しっかり染めても安心していられるのは1週間ほどですよね。

しかし、1週間で染め直すことなんてできません。
あっという間に姿を見せる白髪を出来るだけ目立たないようにするカラーの色や髪型があるのなら知りたい女性は多いでしょう。

また、パーマスタイルには白髪を目立たなくする効果はあるのでしょうか?

そこで、憂鬱になる白髪を目立たないようにする秘策について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

白髪が目立たないカラーの色は?

誰もが年齢を重ねほどにいつも若々しくいたい、はつらつとした女性でありたいと思っているのではないでしょうか。

しかしそんな時、「ガクッ!」と落ち込ませてくれるのが白髪ですよね。

しっかり染めたはずなのに1週間もすると「キラッ」と姿を現します。
次の染め直しまで、部分隠しのステックなどを使ってひたすら隠し、鏡の前で常に白髪チェックする毎日という人も少なくないと思います。

嫌でも顔を見せる白髪ですが、しょうがないと諦めることはできませんよね。

そこで、出来るだけ白髪が目立たないカラーの色を紹介します。

白髪が目立ってくると、白髪を隠したくてダークな色のヘアカラーで染めようとしてしまいがちですが、あまりにも真っ黒だと重い印象になってしまうので、老けて見える原因になってしまいます。
また、黒で染めちゃうと白髪が伸びてきた時、根元の白さが際立って目立つようになるのです。

だから、白髪を黒く染めるのはおすすめできません。
少し明る目の色で染めるのが良いのです。

「えっ? でも白髪はダークな色でないとうまく染まらないでしょ?」、「行きつけのヘアーサロンでもダークな色を勧められるけど?」こんな声が聞こえてきそうですね。

でもそんなことはないのです。

実際、以前私もヘアカラーは真っ黒にしていました。
ヘアーサロンの方に、「白髪を染めるには黒に近ければ近いほどいい。」とか、「ダークな色味じゃないとカラーが白髪にキレイに入らないから」と限りなく真っ黒に近い色味を勧められていました。

友達からは「もっと明るめもいいんじゃない?」と言われたり、職場の男性からも「黒髪に何か意味があるの?」なんて聞かれたこともありました。
それって、「老けて見えるよ。」って遠回しに教えてくれていたんですよね。

それで、思い切ってヘアーサロンを変えてみました。
そしたら、そのヘアーサロンでも、「髪の毛の色変えませんか?」と言われたのです。

私はビックリして、「白髪には黒い方がいいんですよね?」と聞いたところ、「真っ黒では、髪の毛がちょっと伸びただけで白髪がはっきりと目立ってしまいますよ。」とアドバイスをうけました。
確かにそうです。
黒髪の中でキラッキラッと白髪が主張してます。

白髪を黒くして隠すのではなく、少し明るめにカラーをして白髪を目立たなくするという逆発想ですね。

アドバイスを受け、徐々に髪の色を明るくしてみました。
(ただ、一度暗い色にカラーした髪は時間をかけないと明るくなってくれません。)

現在は黒だった髪色を明るめの髪色に変えたことで、以前より白髪は目立たなくなり、染め直し期間も長くなりなした。
そして、周りからの評判も良いのです。
やはり黒と白髪ではコントラストが強すぎました。

おすすめはベージュ、アッシュ、グリーン系

ヘアーサロンの担当の方から提案されたのが、部分的にメッシュ(ハイライト)を入れましょうということでした。
それは、一色で染めるとどうしても差がでるので、最初からムラに染め、明るい色を混ぜることで白髪とのコントラストを和らげる効果を狙うということなんですね。

最近の人気カラーはアッシュだそうです。
そこに、バイオレットを少し混ぜるだけで、ツヤが出て色合いも上品になるようです。

また、グリーン系(もしくはグリーン主体になっている色)もおすすめとのことです。
グリーン系の場合、染めた後も髪が色褪せてきても白髪に入ったグリーンがちょうどアッシュのようになるので自然で、不自然さが全くないとのことです。

多少暗い色を染めた場合でも、全体の白髪部分がアッシュ状になっているので、伸びてきた部分と違和感なく溶け込めむようです。

これで次の染め直しに行くまでに3週間から1ヶ月くらい期間が延びるびるのではないでしょうか。

白髪が目立たない髪型は?

白髪を目立たないようにするのはカラーに色だけではありません。

白髪を目立たないようにする髪型もあるんですよ。

ではポイントを紹介しますね。

生え際と前髪

生え際と前髪は重要ポイントです。

顔まわりの髪をガッと上げてしまうと、白髪の目立ちやすい生え際が前面に出てしまうので、前髪をつくりふんわりとさせましょう。

また頭頂部はふんわりとさせ、白髪の目立ちやすい分け目を作るのはやめ、白髪が目立つところに前髪を流します。

前髪のアレンジ方法を工夫すると白髪は上手くカバーできるようになりますよ。

実際、私はこれで成功しています。
深く前髪を作ることで、白髪が目立つところは頭頂部(つむじ)1点になるので、部分隠しのスティックを使っても違和感なく1週間は染め直しが先に延びています。

ロングのストレートヘアは要注意

ロングのストレートヘアは断トツで白髪をカバーしにくい髪型です。
長ければ長いほど毛先は傷みがちになるので、適切なお手入れをしないとバサバサなんてこともあり得るので、それだけでも老けて見える原因です。

またロングヘアの場合、髪を結ぶ機会が多いので、内側の白髪が表に出てきてしまうことに注意しましょう。
特に、夜会巻きや編み込みなど、髪をねじるようなスタイルやハーフアップなども危険です。

しかし髪は女性にとって命、ロングヘアは女性の特権でもありますよね。
髪のケアをしっかりとしながら、徐々に染めていくトリートメントタイプや洗い流し不要の白髪染めを利用してみるのも良いでしょう。

おすすめはヘアバンドやターバン

カラーリングをしても、すぐに目立ってしまうのが頭頂部(つむじ)の白髪は、ヘアバンドやターバンをするのがおすすめです。
ヘアバンドやターバンで頭頂部を隠し、それに合わせたダウンスタイルや、お団子ヘアで若々しく時には可愛らしいく変身してみましょう。

ちなみに、
私はターバンがトレードマークになっちゃいました。
周りからはおしゃれでいいと評価がいいんです。
白髪隠しでターバンをしているとわかってない人もたくさんいるので嬉しいです。

(目立たない工夫をしても隠し切れているか不安はありますからね。)

髪の毛の長さにこだわりがないのであれば、思い切ってショートヘアに変えるのもおすすめです。
白髪が多少混じっていてもあまり目立ちません。

高齢の方で髪が長い人が少ないのは、白髪が目立つことや染める手間を考えてのことなのかもしれませんね。

白髪を目立たないようにするのにパーマスタイルは効果ある?

白髪を目立たないようにするのにパーマスタイルは効果あります。

パーマによって髪全体をふんわりさせることで、内側の白髪を目立たないようにさせることができますよ。

最適なのは、ミディアムスタイルのゆるふわパーマです。

また、パーマをかけることでセットしやすくなります。
カーラーを使ったりドライヤーをつかうことで、根元から髪が立ち上るので頭頂部(つむじ)をふんわりボリュームアップできるので、白髪を目立たないようにするにはおすすめです。

そして、白髪は光の反射の加減でも目立ちにくくなります。

ゆるふわの癖毛風パーマやふんわりとボリュームとつけたパーマスタイルにすると、光が乱反射して白髪が目立ちにくくなるのです。

ロングヘアの場合は、内側から伸びた白髪が目立つこともあるので、パーマをかける時はしっかりヘアカラーしてからにしましょうね。

まとめ

白髪染めであっても黒や黒に近いダークな色は避け、ヘアーサロンで相談して、白髪が目立たないヘアカラーの色(アッシュ、グリー 等)に挑戦してみましょう。

明るい色味で前髪を作りふんわりと、ゆるふわの癖毛風パーマでふんわりボリュームをつけたパーマスタイルで、気になる白髪も目立ちにくくなるでしょう。

個人的にはターバンおすすめです。
ショートでもロングでもOKなんです。

⇒ 白髪染めは美容院それとも自分で?カラーリングとの違いと染め直しまでの工夫

こちらも読んで参考にしてください。