とうもろこしはジューシーで甘くて美味しいので、子どもにも、大人にも人気があります。
また栄養も豊富だから、離乳食の始まった赤ちゃんに食べさせてあげたと思うお母さんは多いでしょう。

旬を過ぎてしまうとお店に並ばないのが残念ですが、そんな時は買い置きが出来るとうもろこしの缶詰が便利です。

でも、とうもろこしの缶詰は赤ちゃんの離乳食に使えるのでしょうか。
一度に使い切れなかったとうもろこしの缶詰は冷凍できるのでしょうか。
また、缶詰にたっぷり入っている保存汁は使えるのでしょうか。

そこで、とうもろこしの缶詰はどのように離乳食に利用したらいいか、冷凍方法とその使い方、保存汁の活用方法を紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

とうもろこし缶詰は赤ちゃんの離乳食に使える?

旬を過ぎても食べることができるとうもろこしの缶詰は、赤ちゃんの離乳食に使えます

加熱済みの缶詰は衛生的なので、安心して使うことができるので離乳食作りのお助け素材です。
上手に利用しましょう。

とうもろこしの缶詰もいろいろな種類があります。

離乳食に使う場合は、味つけのされていない水煮タイプのものが良いでしょう。

ホール缶でもクリーム缶でも大丈夫ですが、食塩や砂糖が使われている事があるので、表示を確認してなるべく無添加の物を選んであげて下さい。

5ヶ月~6ヶ月頃

初期の頃から使えますが、とうもろこしの粒を包んでいる薄皮は消化が悪いので、ホール缶を使う場合は、薄皮をむいて煮汁を切ってからゆでてから裏ごして調理しましょう。

ゆでることで、缶詰に塩分が含まれている場合は薄まるので一石二鳥です。

7ヶ月~8ヶ月頃

この頃になると、裏ごしはしなくても大丈夫です。

薄皮をむいて刻み調理しましょう。

9ヶ月~11ヶ月頃

この頃から、そのままおかゆに混ぜたりスープの具にして大丈夫です。

 

離乳食の時期は、消化がまだうまくできません。
特に初期から中期までは、薄皮をむいて柔らかく煮て裏ごしして、おかゆに入れたりスープにするのが良いでしょう。

※とうもろこしはアレルギーの出にくい食材と言われています。
しかし、穀物アレルギーを持っている赤ちゃんは、とうもろこしの摂取でアレルギー症状を示すことがあるので、初めて食べる時にはしっかり経過を見守りましょう。

残ったとうもろこしの缶詰は冷凍保存できる?

残ったとうもろこしの缶詰は冷凍保存できます。

今まで一度に使い切れなくて、冷蔵庫に入れておいても結局捨てることになるからと、割高でも小さいものを買っていたという主婦は多いのではないでしょうか。

実は私も以前は、とうもろこしの缶詰は割高の少量パックを使っていました。
そして、残った分はもったいないけど、必ずと言っていいほど捨てていました。
冷蔵庫に入れていたのを忘れることも多かったのです。

しかし今は、冷凍保存できるとわかっているので、経済的な割安のビッグサイズを買っています。

では、冷凍保存方法を紹介します。

残ったとうもろこしの缶詰の冷凍保存方法

用意するもの

・残ったとうもろこしの缶詰
・フリージングバック(ジップロックなど)1枚

1.残ったとうもろこしの缶詰は、ザルにあげてしばらく放置して水気をしっかり切ります。
水分が残っていると、その水分が固まり使うとき不便です。)

2.フリージングバック(ジップロックなど)に、なるべくとうもろこしが重ならないように薄く平らに入れて、空気をしっかり抜いて冷凍庫へ入れます。

3.数時間後~翌日、フリージングバック(ジップロックなど)を手でもんでパラパラにほぐして完成です。

※解凍したとうもろこしの缶詰は加熱向きです。
サラダなどに入れて食べられないことはありませんが、やはり食感は落ちてしまいます。

私は、冷凍のパラパラほぐしたとうもろこしはピザトーストに使ったり、卵に混ぜてスクランブルエッグにしたり、バターで炒めてお弁当用に入れたりしています。

少量ずつ使えるのでとても便利です。

とうもろこしの缶詰の保存汁は使える?

とうもろこしの缶詰には、とうもろこしの粒と大量の保存汁がたっぷり入っています。

ほとんどの人はとうもろこしの粒だけ使って、保存汁は捨てているのではないでしょうか。

今日からは保存汁は捨てないでください。

ほどよい甘さと、とうもろこしの風味がしっかり出ている保存汁は料理のダシとして使えます。

それでは、、どのような使い方ができるのか紹介します。

もろこしの缶詰の保存汁を使った簡単レシピ

とうもろこしご飯

◇材料 (2合分)◇

・米(2合)
・缶詰の保存汁(1缶分)
・だし昆布(10cmくらい)
・塩(小さじ1弱)
・酒(大さじ1と1/2)

◇作り方◇

1.とうもろこしの缶詰を開けて、とうもろこしと保存汁とに分けます。

2.お米を研いで、2合のメモリまで1.で分けた保存汁と水を入れます。

3.だし昆布と塩と酒を入れてひと混ぜします。

4.炊飯器で普通に炊きます。

5.炊けたらコーンを混ぜて、10分くらい蒸らして完成です。

もやしのコーン汁煮

◇材 料(4人分)◇

・もやし(1袋)
・缶詰の保存汁(1缶分)
・塩、こしょう(少々)

◇作り方◇

1.お鍋に保存汁を入れます。

2.もやしを入れて煮詰めます。

3.煮汁が少なくなったら塩、こしょうをふり火を止め完成です。

にんじんグラッセ

◇材料◇

・人参(適量)
・缶詰の保存汁(1缶分)

◇作り方◇

1.鍋に缶詰の保存汁と、適当な厚さに切った人参を入れて煮ます。

2.柔らかく煮詰まったら完成です。

トマトのコンソメスープ

◇材料(4~5人分)◇

・缶詰の保存汁(150cc)
・水(500cc)
・コンソメ(大さじ1)
・溶き卵(1個分)
・トマト(1/2個)
・ごま油(少々)

◇作り方◇

1.缶詰の保存汁と水を鍋に入れ、ひと煮立ちさせコンソメを入れます。

2.トマトは一口大に切って鍋に入れます。

3.溶き卵を流し入れて、ごま油を少々たらして完成です。

 

とうもろこしの缶詰の保存汁には旨味が凝縮されているので、調理の際に調味料を使う必要がないので、とっても簡単で料理時間も短縮できます。

もうすぐ夏休みもやってくるので、お子さんと一緒にとうもろこしの缶詰を使って簡単料理を実践して楽しんでみましょう。
これは夏休みの自由研究におすすめです。

とうもろこしの缶詰の保存汁は立派な食材です。

まとめ

とうもろこしの旬が過ぎてしまっても残念に思う必要はありません。
買い置きのできるとうもろこしの缶詰を使って、赤ちゃんの離乳食に活用してください。

また、家族みんな喜んでくれる簡単で美味しいメニューで食卓を飾ってみましょう。

冷凍することもできるので、毎日のご飯作りの強い味方になってくれるでしょう。