スーパーの店頭に皮付きのとうもろこしが並ぶ6月から9月頃は、夏祭りや花火大会、イベントなどの会場でこんがり焼かれたとうもろこしをかじる方や、家庭でゆでたとうもろこしをおやつで食べるという方も多いでしょう。

しっかりした歯ごたえやあの甘みを持つとうもろこしは美味しいだけでなく夏バテに効果があります。
また、皮と実の間に存在するあのひげにも嬉しい効果があるというのです。

そこで、とうもろこしの栄養成分、さらに甘くジューシーになるゆで方、ひげの効果とひげ茶の作り方について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

とうもろこしの栄養成分は夏バテに効果あり

とうもろこしの小さな一粒一粒の実は種で、「栄養分の宝庫」と言われています。

暑さがきびしい6月から9月頃のこの時期は、冷房と外気の温度変化に身体がうまく対応できなかったり、夏の疲れがジワジワ出てしまったりして、夏バテの症状が出てしまう方は少なくありません。

こんな夏バテ症状が出ている時のエネルギーチャージにもってこいなのが「とうもろこし」なのです。

とうもろこしは食欲がない時でも、ジューシーでさっぱりとした甘さのとうもろこしは食べやすく、汗で流れ出してしまったミネラルを補給することができるので、おすすめの野菜です。

では、どのような栄養成分が含まれ、実際にどのような効果が期待できるのか紹介します。

とうもろこしの主な栄養成分

カリウム
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンE、リノール酸
亜鉛
鉄分

とうもろこしに期待できる効果

・夏の暑さから、必要以上に冷たいものや水分をとり摂り過ぎてしまいがちですが、カリウムがそんな体に溜まってしまった余分な水分を身体の外に排出してくれるので辛いむくみを解消してくれる効果が期待できます。

ビタミンB1ストレスを溜めない、ビタミンB2は免疫力をアップさせる効果が期待できます。

ビタミンEリノール酸アンチエイジング効果や、冷え症を改善する効果、肩こりを防止する効果が期待できます。

亜鉛はホルモンバランスを整え、デトックス効果が期待でき、鉄分貧血を防止する効果が期待できます。

また、とうもろこしは野菜の中でも高カロリーです。

糖質を分解してエネルギーになり、脳や神経を正常に働かせる作用があるので、精神を安定させてくれる効果が期待できます。

そして、食物繊維も豊富なので、腸をキレイにする効果が期待できます。

さらに、疲労回復のビタミンやアスパラギン酸も豊富に含まれているため、夏の暑さに負けない身体づくりにぴったりです。

とうもろこしの栄養素をしっかりとるためには

とうもろこしの胚芽部分(とうもろこしの粒の先の細く白い部分)も残さず食べます。
また、よく噛んで食べましょう。(噛まないとそのまま排出されてしまいます)

このようにたくさんの効果が期待できるのですから、栄養ドリンクを何本も飲むより、ゆでたとうもろこし「ガブッ」とかぶりつくほうが、とっても元気になれなすね。

とうもろこしが甘くなるゆで方

「甘くジューシーなとうもろこしにかぶりつきたい!」そんな気持ちになってきたことでしょう。

そこで、普段美味しく頂いているとうもろこしですが、さらに甘くジューシーになるゆで方を紹介します。

材料と手順

◇材料◇

・皮付きとうもろこし(1本)
・塩水(水50cc、塩2g)

◇手順◇

1.とうもろこしの根元を切り落とし、鍋に入れやすいようにできるだけ短くします。

2.外側の皮を3~4枚はぎ取ります。
この時、まだ付いている皮とひげはそのままにしておきます。)

3.大きめの鍋にとうもろこしを入れ、かぶるくらいのたっぷりの水を入れ、沸騰してから3~5分ゆでます。
(この時、時々はしでとうもろこしを回し、均等にゆで上がるようにします。)

4.とうもろこしをゆでている間に、ボウルに塩水を作ります。

5.ゆで上がったら、1~2分置いて粗熱を取ります。
(冷まして皮をむきやすくするためです。)

6.粗熱が取れたら皮もひげ全て取りさり、とうもろこしを出します。

7.塩水をとうもろこしの表面にハケで塗ります。
(ハケが無い場合は、スプーンで少量塩水をかけちゃいます。)

8.熱いうちに食べたら最高に甘くてジューシーなゆでとうもろこしの完成です。

 

皮付きでゆでるこの方法だと、皮が付いているので旨味が逃げず、実はプクッとふっくらして、ジューシーで甘いとうもろこしが食べられます。

また、皮の中のひげには色素があるので、鮮やかな黄色を出してくれます。

それから、水からゆでることで実の膜が水をしっかり取り込むのでジューシーになります。

ゆでる時の水に塩は入れません。
ゆで上がった後に皮とひげをむしりとって、塩水を表面にベチャベチャと塗るのがポイントです。

塩水を塗ると、とうもろこしの実がシワシワになりにくくなります。
また、塩水なら塩は少量で済みます。

甘くてジューシーなとうもろこしを味わってみましょう。

とうもろこしのひげ茶の効果と作り方

とうもろこしのひげの部分は、普段捨てている方が多いのではないでしょうか。

実をいうと、私も捨てていた一人です。
何だが、うっとうしいひげだ。
なーんて思っていたのですからもったいなかったです。

とうもろこしのひげの主な成分とひげ茶の効果

とうもろこしのひげは、中国では漢方として使われていました。
また欧米では、「コーンシルク」と呼ばれ、昔から健康増進に使われていました。

漢方では「南蛮毛」という立派な薬です。

南蛮毛には、ブドウ糖クエン酸、脂肪酸、ビタミンKなどが含まれていて、煎じてお茶がわりに飲むことで、さまざまな効果が得られると言われています。

もっとも知られているのは、体のむくみをとる作用です。

急性腎炎や妊娠中のむくみには、とうもろこしのひげを乾燥させたもの60gを煎じて、1日3回に分けて飲みます。
強い利尿作用が、尿を多く出してくれるのでむくみを解消してくれます。

ぼうこう炎尿道炎場合も、これをお茶がわりに飲むと症状が改善されると言われています。。

とうもろこしのひげ30gとミカンの皮10gを煎じて、1日2回分けて飲むと、咳止めやたんを切る効果が期待できます。

とうもろこしのひげ茶の作り方

ひげ茶は、皮付きのとうもろこしを買えば手作りできます。
作り方を紹介します。

◇材料◇

・コーンのひげ(作りたいだけ)
(この時使うひげは黒くなった部分はすて、きれいな部分だけ使います。)

◇手順◇

1.ひげはザルなどにのせて2~3日放置して少し乾燥させます。

2.ひげを3cmくらいにハサミで切って、フライパンで乾煎りします。
(この時、火加減は弱火で時々混ぜながら気長に行います。)

3.きつね色くらいになって、手で触るとパサッとして乾燥していればOKです。
(香ばしい甘い匂いが漂ってきます。)

4.ポリ袋にいれて、手で揉みくずします。

5.紅茶を入れるみたいに茶こしに入れ、お湯を注げば完成です。
(マグカップ1個につきティースプーンで2杯くらい)

まとめ

これから、とうもろこしの旬、7月がやってきます。

家族で、夏バテ防止、疲労回復の為にもジューシーで甘いとうもろこしを食べましょう。

ゆで方も、ひげ茶の作り方も簡単です。

またスギナ茶もミネラル成分豊富でおすすめです。
つくしが成長してスギナになる 除草剤を使わない駆除方法やスギナ茶の作り方飲み方

一手間かけることで家計にも嬉しい、健康的にも良い、甘くてジューシーで美味しいとうもろこしで、きびしい夏を乗り切りましょう。

とうもろこし缶詰残ったら冷凍できる?汁は使える?

北海道のトウモロコシ(頂き物です。笑)は格別に美味しかった記憶があります。笑