暑中見舞いを出す時期はいつからいつまでなのでしょう。

今はメールやラインを使い、すぐに自分の思いを伝え会話できる時代です。

でも、ポストにハガキが届いていたらとっても嬉しいですよね。
そのハガキが印刷でなく自筆だったら、さらに感動することでしょう。

でも、自分が喪中だったり相手の方が喪中の場合でも出していいのでしょうか。

そこで、暑中見舞いを出す時期、喪中の場合、合わせて郵便局から販売される「かもめーる」くじ付きハガキの発売期間、くじの抽選日、引き換え期間について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

暑中見舞いとは

暑中見舞いとは、1年中で最も暑い時期に相手の安否や健康を気にかけて家を訪問したり、手紙を出す日本の慣習です。

この暑中見舞いのハガキを送る時期は、いつからがいいのでしょう。
そしていつまでに出すのがいいのでしょう。

暑中見舞いのハガキを送る時期

暑中見舞いのハガキを送る時期について紹介します。

暑中見舞いのハガキを送る時期についてはいくつかの説があるのですが、一般的に定められているのは次の3つです。

 

夏の土用(7月18日頃 ~ 立秋の前日8月6日)

夏の土用や立秋はその年によって多少のズレがあります。

2017年は7月19日~8月6日になります。

 

小暑(7月7日頃 ~ 立秋の前日8月6日)

小暑もその年のよって多少のズレがあります。

2017年は7月7日になります。

 

梅雨明け (その年の梅雨明け ~ 立秋の前日8月6日)

 

このような説からみて、暑中見舞いを出す時期は、小暑(7月7日頃)~ 立秋の前日(8月6日)です。
ただ、このように暑中見舞いを出す時期にいくつかの説があるように、 明確に「いつから」「いつまで」と定められているものではありません。

なので、相手が住んでいる場所の「最も暑いと思われる時期」に送るのがいいのではないでしょうか。

多少、暑中見舞いを出し時期が早くても既に暑いようであれば失礼には当たりません。
臨機応変で大丈夫です。

 

ただし、立秋(8月7日)からは残暑見舞いになるので気をつけましょう。
ここさえ抑えておけば、マナー違反ではありませんし、あなたが常識がない人と思われることはありません。

自信を持って暑中見舞いまたは残暑見舞いを書いて投函しましょう。

暑中見舞いは自分または相手が喪中の時に出してもいいの?

暑中見舞いを出すときに一番気になるのは喪中時のマナーです。
自分が喪中の場合や相手の方が喪中の場合に、暑中見舞いを出していいのでしょうか。

暑中見舞いは1年で一番暑い時期に、相手の安否や健康を気にかけて送る手紙です。
年賀状のようなおめでたい手紙ではありませんので、喪中でも暑中見舞いは出して構いません

自分が喪中の場合

自分が喪中の場合でも、暑中見舞いはだす事ができます。

しかし、四十九日が過ぎるまでは色々と落ち着きませんよね。
とても相手の体調を気づかえる心の余裕はないとおもうので、暑中見舞いを出さないほうが無難でしょう。

暑中見舞いが送られて来たら返事を出すぐらいが良いのではないでしょうか。

ただ、相手があなたの喪中のことを知っていて、あなたのことを心配しているのがわかっている時には、「私は元気です。」と近況を暑中見舞いに書いて、相手の方に安心してもらうために出すのもいいでしょう。

お香典をいただいた方や葬儀に来てくださった方には、その旨のお礼を一言添えることをおすすめします。

相手が喪中の場合

相手が喪中の場合は、自分が喪中の場合よりも気を使いましょう。

この場合、四十九日が過ぎるまでは暑中見舞いを出すのは控えましょう

暑中見舞いの時期が四十九日と重なる場合は、残暑見舞い(8月7日 ~ 9月7日)で出すのがいいですね。

この時、残暑見舞いに「お悔やみの文」を必ず入れる必要はありません。

喪中の際に暑中見舞いを書く時の注意点

・ハガキの絵柄は控えめにしましょう。
(自分、相手どちらの場合でも同じです。)
喪中時の暑中見舞いハガキの絵柄は無地や単色の寒色系のものをおすすめします。

・重ね言葉を使わないようにしましょう。
重ね言葉とは、「しばしば、返す返す、重ね重ね」など繰り返し使う言葉です。
また、特に悲しい出来事の再来を連想させる言葉は控えるように注意しましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
年賀状の余りは交換して有効活用 手数料は?そのまま使える?

かもめーるの販売時期と当選商品 くじの抽選日&引き換え期間

郵便局から販売される「かもめーる」は、くじ付きハガキです。
販売時期、当選商品、くじの抽選日、引き換え期間について紹介します。

発売期間

2017年の発売期間は、6月1日(木)~ 8月25日(金)

・インターネットでの予約、販売の期間
2017年6月1日(木)9:00 ~ 8月16日(水)18:00

当選商品

・現金賞
10,000円

・QUOカード賞
QUOカード1,000円分

抽選日

2017年9月4日(月)

引き換え期間

2017年9月5日(火)~ 2018年3月5日(月)

かもめーるを使用する場合はなるべく8月31日頃までに相手に届くように投函しましょう。

相手の方へ9月4日(月)以降に届いた場合は、外れくじ付きのハガキを送っていることになってしまい、それではとても失礼になってしまいます。
くれぐれも気をつけましょう。

まとめ

暑中見舞いを出す時期は、小暑(7月7日頃)~ 立秋の前日(8月6日)です。

しかし、明確に「いつから」「いつまで」と定められているものではないので臨機応変でOKです。

多少、暑中見舞いを出し時期が早くても既に暑いようであれば失礼には当たりません。

立秋(8月7日)からは残暑見舞い、ここさえ抑えておけば大丈夫です。

そして、喪中でも、暑中見舞いを出してもかまいませんが、
四十九日が過ぎるまでは暑中見舞いを出さないほうが無難です。

ハガキの絵柄は控えめにし、重ね言葉を使わないようにしましょう。

年賀状の余りや書き損じのハガキが手元にあったらかもめーるハガキを購入する時にぜひ交換しましょう。
年賀状の余りは交換して有効活用 手数料は?そのまま使える?

幼稚園の先生から暑中見舞い返事は出すべき?手作りイラストや宛名の書き方と文例

こちらの記事も参考にしてください。