花粉症の季節になると、ダラダラと切りもなく流れ出てくる鼻水に悩む人は多いですよね。

その度ティッシュペーパーで鼻をかんでいると、鼻のかみすぎで肌が赤くヒリヒリと荒れて痛くてたまらなくなってきます。
傷になることも珍しくないですね。

そこで、花粉症でダラダラと自然に垂れてくる鼻水による鼻のかみすぎで肌荒れした時の対処法や、手作り保湿ティッシュペーパー(ローションティッシュペーパー)の作り方、肌荒れの時の化粧について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

花粉症で鼻のかみすぎ 肌がヒリヒリ痛い時の対処法

花粉症の症状の一つで、サラサラの鼻水がスーっとがダラダラと切りもなく流れ出てくると、私たちはひたすらティッシュペーパーでふき取ります。
また突然の鼻づまりで苦しめられると、こんどは思わず「チン」と鼻をかむこの繰り返しですね。

 

どんなに丁寧に鼻水をふき取っても、優しく鼻をかんでも、鼻の下は赤くヒリヒリ荒れてしまい痛くて痛くて辛い思いをしている人は多いのではないでしょうか。

このような鼻の下が赤くヒリヒリ荒れて痛い時に、少しでも痛みが和らぐよう対処法について紹介しますね。

保湿ティッシュペーパー(ローションティッシュペーパー)を使用

アッと言う間になくなってしまうティッシュペーパーですが、ぜひ花粉症の季節は保湿ティッシュペーパー(ローションティッシュペーパー)を使用しましょう。

鼻のまわりの肌荒れを防ぐために一番大切なことは、鼻水のかみ方品質の良いティッシュペーパーを使用することです。

高品質の保湿ティッシュペーパー(ローションティッシュペーパー)で鼻を優しくかんで優しく鼻水を拭きましょう。

 

花粉症に関しては、鼻を力いっぱい勢いよくかんでも鼻がスッキリ通るなんてことはありません。

鼻を力いっぱい勢いよくかむのは、むしろ逆効果です。
中耳炎になってしまうこともあって、耳に負担がかかってしまいマイナスです。

 

保湿成分が含まれている、市販の保湿ティッシュペーパー(ローションティッシュペーパー)を優しく使うことで肌の荒れ具合は断然違ってきます。

ただ、ちょっとお値段高めなのが気になって買ったことがないという人や、本当に効果があるのかわからないから使わないという人もいるようですね。

 

そこで、簡単に自分で作れるローションティッシュペーパーの作り方を紹介するので実践してみませんか。
どうしてもっと早く使わなかったのだろうと後悔するくらい、通常のティッシュペーパーとは肌荒れ具合いが違い、傷みも軽減されますよ。

手作りローションティッシュペーパーの作り方

【材料】

・通常のティッシュペーパー

天然にがり  小さじ1(ドラッグストアで購入できます)

グリセリン  小さじ1(ドラッグストアで購入できます)

・水      100ml(水道水でOK)

・スプレーボトル

 

【作り方】

1.スプレーボトルに、天然にがりとグリセリンを入れましょう。

2.1.に水を入れてよく振って混ぜましょう。

3.ティッシュペーパーを1枚取りだし、作ったローションを3回ほど吹きかけましょう。

これで手作りローションティッシュペーパーの完成です。

 

※作ったローションは冷蔵庫で保存して1週間ほどで使い切りましょう。

 

天然にがりには、薬局などで通常売られている「保湿ティッシュペーパー」にはない、鼻水を抑える効果があると言われているので一度試してみることをおすすめします。

保湿効果の高い白色ワセリンを使用

鼻の下が赤くヒリヒリ荒れて痛いのは、鼻のかみすぎによるお肌の乾燥が原因なので、こまめに保湿する必要があります。

一日に何度も何度も鼻をかむことで、お肌に大切な油分をティッシュペーパーが拭き取ってしまい、お肌を乾燥させているのです。

 

そんなとき役に立つのが、保湿効果の高い「白色ワセリン」です。

 

以前、わたしも鼻の下が赤く傷つき痛みに我慢できなくなって皮膚科に行ったことがありました。
その時処方してもらったのが「白色ワセリン」でした。
その時皮膚科の先生が、「くちびるの荒れにも、顔が乾燥して荒れた時にも、白色ワセリンうをクリーム代わりに使うといいよ。」と教えていただきました。

先生も使っているとおっしゃってたので、「白色ワセリン」はおすすめです。

 

なるべく花粉症の症状が出始めたら予防で、鼻の周辺が荒れる前から重点的に保湿しておくといいですよ。

もちろん「白色ワセリン」はちょっと、テカテカするのでマスクをしてくださいね。

保湿だけではない「白色ワセリン」効果

「白色ワセリン」の効果は保湿だけではありません。

鼻の中に「白色ワセリン」を塗ると、白色ワセリンがフィルターの役割をしてくれるので、花粉か鼻の中まで進入してきません。

鼻から入ろうとした花粉が、白色ワセリンに付着して体内に入るのを防いでくれるんです。

オロナイン軟膏を使用

オロナイン軟膏はワセリンと同じ医薬品なので、荒れてしまった肌にとても有効と言われています。

オロナインはニキビなど他の肌荒れにも効果的なので安心して使えますね。

手で触らない

痛いとその場所が気になってついつい手で触りたくなってしまいますが、かえって肌荒れを悪化させてしまうので我慢しましょう。

いろいろな物に触れている手には、たくさんの雑菌が付いています。

治りが遅くなってしまう大きな原因の一つがこの「手で触る」行為なのです。

マスクを使用

「マスク」を活用しましょう。
マスクをすれば、肌を手で触ってしまうことも防ぐこともできます。

 

ただマスクの素材が合わない場合は、マスクが肌に擦れたことで口元の肌荒れを起こしてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

以前私は、マスクが肌に擦れて口元の肌荒れを起こして、しばらく皮膚科に通っていたことがありました。
その時、皮膚科の先生に教えていただいたのが、「ガーゼをマスクと肌の間に入れて直接マスクの素材が肌につかないようにしなさい。」でした。

長い期間マスクをすることになるので、マスクの中が蒸れてしまうのも良くないとのことでした。
昔のマスクのようにガーゼだったら蒸れることもなかったのにね。

 

自分に合ったマスクが見つけられたらよいですが、今着けているマスクで皮膚に刺激を与えてしまう気がするようなら、試しにガーゼを挟んでみましょう。

私はマスクと肌の間にガーゼを挟むことで、口元の肌荒れは治りましたよ。

花粉症の時の化粧はしたほうがいい?ヒリヒリ痛い時は?

花粉症の症状が現れている時に化粧するのは辛いですよね。

一日中マスクを付けているのだから「化粧なんてしない。」という人がほとんどではないでしょうか。

しかし、花粉症対策という点から言うと花粉症の時期こそ、「化粧はした方がいい。」と言われているんですよ。

 

「えっ? なんで?」って思いますよね。

その理由は次のようなことからです。

肌荒れしているからといって「すっぴん状態」でいると、アレルゲンの花粉が顔に直接ついてしまうのでその結果、体内に取り込みやすくなってしまうからなんだそうです。
要は、ファンデーションが花粉からお肌を守ってくれるということですね。

 

だから花粉の時期は、いつもの健康体の時のきっちりした化粧ではなくて、ナチュラルメイク最低限の化粧をしてから外出しましょう。

ナチュラルメイクマスク花粉専用メガネをしていればもう完璧、花粉の被害が最小限に抑えられるのではないでしょうか。

もちろん、アイラインやマスカラ、つけまつ毛などは避けましょう

 

家に帰ったらすぐに化粧を落として洗顔することで、花粉も一緒に洗い流しましょう。

洗顔する時は、優しくです。
強くこすったりしないようにしましょうね。

ヒリヒリ痛い時も化粧はするの?

「すでにお肌が炎症を起こしてヒリヒリ痛い時も化粧はした方がいいの?」と悩みますよね。

 

実際、私が花粉症でお肌が炎症を起こしてしまったので、皮膚科に行って先生にお聞きしてみました。

その時先生に教えて頂いたことは、「肌が炎症を起こしている時は、通常のスキンケアはしないで優しく洗顔したら、白色ワセリンを塗って化粧品代わりにし、化粧は炎症が落ち着くまで止めておきなさい。」とのことでした。

 

症状がひどく、皮膚に痛みがある場合は、無理はしないでお肌をいたわりましょう。
最悪、眉さえしっかり描いてマスクしていればOKです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
春の肌荒れポツポツガサガサは花粉症の症状?乾燥の原因と対策は?
花粉症に空気清浄機は効果ある?おすすめHRPAフィルターに加湿機能は必要?

まとめ

花粉症で鼻水が垂れたり、詰まったりはすることを避けることはできません。

保湿ティッシュペーパー(ローションティッシュペーパー)を使用して、お肌をいたわりましょう。

それでも、ヒリヒリと痛みが出て肌が荒れて炎症している時は、白ワセリンを化粧品代わりに使用し保湿をここをがけてください。

辛い数カ月になりますがしっかり対処法を実践して、つらい花粉症を乗り越えましょう。