花粉症の症状を楽にすると言われている空気清浄機ですが、本当に効果があるのか疑問を感じ、購入するのを迷っている人も少なくないようです。

しかし実際に使っている人から、「空気清浄機はつけたほうがいい、花粉症対策に効果が見込める。」と言う声が聞こえてきます。

空気清浄機選びに悩んでしまいますが、おすすめはHRPAフィルター搭載の空気清浄機です。
さらに加湿機能がついていたらベストです。

そこで、花粉症に強い味方の空気清浄機について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

花粉症に空気清浄機は効果があるの?

寒さから解放され暖かくなるのは嬉しいですが、花粉が飛び交う季節になると思うと憂鬱になってしまいますよね。

薬を飲んでいても鼻はムズムズし、鼻水はダラダラと垂れ、目もかゆくて真っ赤っか、くしゃみもなかなか止まらないと言う人も珍しくありません。

このような一日中苦しく辛い花粉症の症状を軽減してくれるのが、空気清浄機だと言われています。

 

しかし、今や空気清浄機は花粉症にとってマスト商品とまで言われ人気がありますが、実際に効果はあるのか、もしかしたら気休め程度なのではないかと思っている人も多いようです。

 

そこで、実際に使っている人に聞いてみたのですが、ほぼ全員の人が「空気清浄機はつけたほうがいい。」、「空気清浄機を使ってから花粉症の症状が楽になった。」と言っていました。

 

やはり空気清浄機は、花粉症の対策の予防に効果が見込めるようです。
花粉症の症状がつらくて、家の中でもゆったりくつろぐことができない状態や環境であるなら、空気清浄機は使った方が断然いいと言うことになりますね。

 

また花粉症だけでなく、風邪やインフルエンザ予防、ハウスダストなどのアレルギー(アレルゲン)対策にも効果的と言われていますよ。

花粉症にはHEPAフィルター搭載の空気清浄機がおすすめ

花粉症の症状を楽にしてくれると言う空気清浄機ですが、電気量販店に行くとさまざまな種類が展示してあってどれを選んだら良いのか、どれを選んでも効果は同じものなのか迷ってしまう人は多いでしょう。

でも、どれでも同じ、何でもいいと言うわけではありません。

選び方のポイントその1. HEPAフィルター

お値段も高いものなので「買う機種を間違えちゃった。」では済まないですから、花粉症のために購入する場合の選び方のポイントを紹介します。

 

まず一番にチェックして欲しいポイントはフィルターです。

 

スギ花粉の大きさは20~30μm(マイクロメートル)と言われています。
だから、空気清浄機のフィルターの目の大きさが、スギ花粉の20~30μm(マイクロメートル)よりも小さければ、スギ花粉をしっかりキャッチしてくれることになりますね。

 

しかし最近では、スギ花粉だけでなくPM2.5もとても気になる存在として現れてきました。
スギ花粉など問題にならないほどの、2.5μm(マイクロメートル)以下の小さな小さな粒子です。

 

スギ花粉だけでなく、PM2.5にも対応できる空気清浄機でなければ意味がありませんよね。

 

そこでおすすめなのが「HEPA(ヘパ)フィルター搭載の空気清浄機」です。

HEPA(ヘパ)フィルターとは?

「えっ? HEPAフィルターって何?」ですよね。

HEPAフィルターとは、空気中に含まれる微細なホコリを取り除くために利用する、高性能のフィルターです。

 

なんと、0.30μm(マイクロメートル)のホコリを99.97%捕塵する性能を持っているのです。
何だかとっても凄そう、HEPAフィルターならば、スギ花粉はもちろんですが、PM2.5も残さずキャッチしてくれますね。

 

HEPA(ヘパ)は、「High Efficiency Particulate Air Filter」の略で、日本語では「高性能エアフィルター」とも呼ばれています。

 

もともとHEPAフィルターは、半導体や精密機器などの製造工場のクリーンルームや、原子力施設の換気装置用として作られたものなのです。

非常に微細なホコリや放射性微粒子まで取り除いて、目に見えないとても微細なホコリまでもキャッチで出来ちゃうのです。

こちらの記事も参考にしてください。
PM2.5とは?飛来時期の間違った認識と飛散の多い地域や症状と対策

選び方のポイントその2. 大きさ

次にチェックするポイントは大きさです。

家電売り場の空気清浄機コーナーでみかけるのは、◯◯畳用という表示です。

一体何畳用を買ったらいいのか迷う人がほとんどです。

 

空気清浄機の「◯◯畳用」という表示は、「◯◯畳の部屋の空気を30分でキレイにします。」という意味です。

しかし厄介なことに、私たちが部屋が快適な空気だと感じるのは30分ではなく「10分」だと言われています。

 

だからこの10分が、部屋の空気がキレイになる目安になるのです。

 

もっと分かりやすく紹介しますね。

快適に過ごすためには、空気清浄機に表示されている30分でキレイにでは遅く、私たちが感じる10分でなければベストではないということです。

例えば、「24畳用の空気清浄機」があったとします。

「24畳用の空気清浄機」を24畳の部屋で使ったのでは、私たちは部屋で快適に過ごしていると感じにくく、8畳の部屋で使うことで快適なベストな部屋だと実感できるということです。

 

オーバーサイズの空気清浄機を買うなんてもったいないと考えがちですが、部屋のサイズに合ったものを買ってしまうと「なんだか効果が感じられない。」なんてことになりかねません。

まずは表示されている数字通り(◯◯畳用)の性能はないと考えた方が良いようです。

それは自動車のカタログに記載されている燃費と実際の燃費に差があるのと同じようなもののようです。

 

だから、空気清浄機はオーバーサイズを選ぶのが鉄則です。

空気清浄機を購入するときは、実際に使用する部屋の大きさの倍以上の畳数に対応したものを選ぶことをおすすめします。

花粉症には空気清浄機の加湿機能は必要?

空気清浄機を購入する時に加湿機能が付いているものを見かけますよね。
最近の空気清浄機は加湿器の機能がついているものが、8割を超えていると言われています。

「冬ならわかるけど、春に加湿器って一年中必要なの?」と疑問に思う人も少なくないようです。
加湿器を使う一番の理由は部屋の湿度をあげることですもんね。

しかし空気清浄機を使うことで、対策予防に効果が見込まれるとされる次のことに共通しているのも湿度なんです。

花粉症の対策と予防

風邪インフルエンザ予防

カビ対策

乾燥対策(湿度対策)

アレルギー(アレルゲン)対策

ニオイ対策(ペットのニオイも)

 

花粉やホコリは水分を含むことで、下に落ちる速度が速くなるので浮遊している時間が短くなり、口や鼻から吸う確率が少なくなります

風邪やインフルエンザウイルス、カビは湿度で活性が落ちます

 

だから、空気清浄機に加湿器の機能がプラスされることで、部屋の湿度の状態を適正に保つことができれば、さらに部屋の環境が良くなり一年中快適な生活を送れるのです。

 

このようなことからも、空気清浄機はHEPAフィルター搭載で加湿機能付きが良いということになりますね。

 

こちらの記事も参考にしてください。
花粉症の症状と薬の対策する時期は?何科を受診したらいい?
花粉症の子供の目のかゆみ対策と抑える方法 何科へ受診したらいい?

まとめ

空気清浄機は、花粉症以外のアレルギー(ハウスダスト)や、風邪やインフルエンザなどの予防にも効果が見込まれています。

購入を考えるのであれば選び方のポイントは大きく2つ、HEPAフィルター搭載の加湿機能付です。

そして、実際に使用する部屋より大きな部屋に対応した、オーバーサイズのものを選ぶことをおすすめします。