春にお肌がポツポツ、ガサガサと荒れて悩んでいる人は多いですね。

冬から春へ季節の変わり目だから?
それとも飛散する花粉が原因の花粉症の症状なのでしょうか?

花粉症以外にもお肌か乾燥する原因ってあるのでしょうか。

そこで、春にお肌がポツポツ、ガサガサになり、保湿してもなかなか乾燥が改善しない原因や肌荒れの対策について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

春の肌荒れ ポツポツ、ガサガサは花粉症の症状なの?

冬の乾燥からお肌がやっと解放される春がやってきたというのに、鏡を見ると顔にポツポツが、手を触れるとガサガサ、おしゃれをしたい春なのに悲しくなっちゃいますよね。

ポツポツ、ガサガサ、このような春の肌荒れは、花粉症が原因で乾燥肌になっていることが多いようです。

 

花粉症は、目や鼻の粘膜についた花粉を身体が外に押し出そうとして起こるアレルギー反応ですが、このアレルギー反応は目や鼻だけでなく、お肌でも起こっているのです。

何だかかわからないけど最近やけに顔がピリピリしてかゆいなんていうのは、花粉がお肌についてその部分にアレルギー反応を起こしていたんですね。

 

顔がピリピリかゆいとつい手が伸びて、ポリポリ掻いたりしちゃいます。
この状態をそのままに続けていると、次第にお肌はポツポツと湿疹のようになったり、カサカサと赤みを帯びかぶれたりして、春の肌荒れになってしまうのです。

 

また、目や鼻がかゆくてついつい擦り過ぎたり、鼻をかみすぎたりすると、肌への摩擦による刺激が肌へダメージを与えてしまい、それも肌荒れを起こす要因となります。
ひどいときは肌荒れを通り越して傷になり、いつも使っている化粧水でさえヒリヒリと痛く感じこともすくなくありません。

 

このように、お肌のバリア機能が低下するとお肌が水分を保持することができなくなるので、乾燥肌の状態になってしまうのです。

乾燥肌の状態になるとそこから花粉が侵入しやすくなるので、さらにひどいお肌のトラブルを引き起こすことになるのです。

 

「私は花粉症じゃないわ! 目もかゆくないし、鼻水だって出ないし。」と思っている人も多いようですが、保湿しているのにお肌がポツポツ、カサカサと乾燥が良くならない、肌の赤みが取れない、顔がかゆくてピリピリするなど、どれか1つでも当てはまれば、ただの肌荒れではなく花粉のアレルギーかもしれませんね。

今まで花粉症になったことがなくても、花粉のアレルギーで肌荒れする人は少なくないようです。

花粉恐るべしですね。

春の肌荒れ 花粉症以外のお肌の乾燥原因は?

春の肌荒れの原因は花粉症による乾燥だけではありません。

それでは、その他にどのようなことが原因でお肌の乾燥が起こるのかを紹介します。

 

春に肌荒れが起こる多くは、次のような原因からです。

・厳しい冬のダメージ

・環境の変化によるストレス

・寒暖差からくる自律神経の緊張

・強い風が吹くことによる乾燥

・紫外線の増加

・花粉

厳しい冬のダメージ

厳しい冬のダメージとは、冬の暖房によるお肌の乾燥と、寒く冷たい空気にお肌がさらされることで、角質が剥がれたり新陳代謝が乱れることから、様々なトラブルが起こり春の肌荒れとして現れるのです。

 

症状としては、肌がヒリヒリする、かゆみが出て赤くただれてしまう、ポツポツが出る、口元の周りなど部分的にカサカサと白く粉をふく、普段使っている化粧水がしみるなどです。

環境の変化によるストレス

春は物事が新しく始まったり、変化する季節ですよね。
卒業入学就職転勤引っ越し学校や町会などの役員、このようにさまざまな環境変化が知らず知らずのうちにストレスとなってお肌に影響しています。

 

このストレスがお肌の毛細血管を「キュッ」と縮ませ、血行を悪くします。

血行が悪くなると当然のごとく、肌細胞に栄養が行き届かなくなるので肌の新陳代謝が乱れ、肌荒れしやすい状態になるのです。

寒暖差からくる自律神経の緊張

春は日々の気温の差が激しいことはもちろん、1日のうちでも寒暖差が大きいですよね。

最近春先に使われることが多い、「三寒四温(さんかんしおん)」まさにこれです。

 

寒暖の差が大きいと、自律神経は体温調整のためにピリピリと緊張状態になります。
緊張状態になると、お肌はちょっとした軽い刺激で反応しやすくなるのです。

 

※三寒四温(さんかんしおん)とは、
冬に寒い日が3日ほど続くと、そのあと4日ほど温暖な日が続きますが、また寒くなるというように7日周期で寒暖が繰り返される現象の事を言います。

強い風が吹くことによる乾燥

春独特の「春一番」のような強い風がお肌を直撃すると、お肌から容赦なく水分を奪っていきます。
このような場合、通常のお手入れではカバーできないほどお肌は乾燥するのです。

冬場の乾燥で気になるのは、

⇒ 指先ぱっくり割れの原因と治し方や予防方法 絆創膏って効くの?

ですが、この時期の原因はちょっと違います。

紫外線の増加

紫外線が強くなり始めるのは5月と言われていますが、5月に一気に強くなるのではなく3月頃から次第に紫外線量は増え始めています。

 

だから、厳しい冬のダメージや環境の変化によるストレス、寒暖差からくる自律神経の緊張、強い風が吹くことによる乾燥などで弱っているお肌に、大量の紫外線が襲いかかることでさらにお肌には強いダメージを与えているのです。

春の肌荒れを軽減する為の対策は?

春の肌荒れの原因がわかったところで、肌荒れを起こさないようにするには、また軽減するためにはどのような対策をしたら良いのか紹介します。

お肌の状態を安定させるためには、ストレスを解消し自律神経の緊張をといて、花粉を寄せ付けないようにすることが大切です。

適度な運動と入浴

ウォーキングなどの無理のない運動を行い、ゆっくりバスタブにつかりリラックスする習慣をつけましょう。

最近は簡単にシャーワーですませる人が多いようですが、そのような入浴方法はおすすめできませんね。

十分な睡眠

入浴してリラックスしたら、睡眠時間を十分に取りましょう。

十分に睡眠をとることで、免疫機能が活性化され新陳代謝を早めてくれます。

保湿ケア・保護ケア

軽い肌荒れの場合は、化粧水、美容液、クリームでしっかり保湿ケアしましょう。

 

 

ひどい肌荒れの時には、油性のクリームが有効です。

水分がお肌にヒリヒリしみる場合は、油性のクリームのみ(白色ワセリン)の保護ケアが良いでしょう。

 

ただし、肌荒れがひどくなってしまうとなかなか治りません。
ひどくなってしまった時には、皮膚科の診察を受けましょう。

紫外線予防

日焼け止めクリームや帽子、日傘、長袖シャツなどでしっかり紫外線予防しましょう。

花粉対策

花粉をお肌に寄せ付けないようにすることが一番大切です。

・花粉が髪につかないように帽子を被る。

・花粉を吸い込まないようにマスクをかける。

・花粉から目を守るために花粉用のメガネをかける。

 

ただ、マスクは付けている間に口の周りに湿気が溜まるので、それが刺激になって口周辺が荒れたり、マスクの素材が合わないとマスクの擦れで肌が荒れることもあるので注意が必要です。

自分に合ったマスクが選べればいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

 

ちなみに、
私は数年前、マスクが原因で口元の肌荒れが治らず皮膚科にお世話になったことがありました。
その時、先生からガーゼを肌とマスクの間に入れてマスクをすると肌が荒れにくくなると教えていただきました。
マスクをかけるとき今も実行しているのですがこれは荒れません。おすすめですよ。

栄養

免疫細胞を強化するアミノ酸や、粘膜強化するビタミンA、皮膚や粘膜を守るビタミンCなどを積極的に摂るようにしましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
花粉症と風邪の見分け方や症状の違いと効く食べ物や飲み物は?
花粉症に空気清浄機は効果ある?おすすめHRPAフィルターに加湿機能は必要?

まとめ

爽やかな素敵な季節を健やかなお肌で過ごすためにも、肌荒れ対策を実践しましょう。

また、肌荒れがひどくなってしまってからでは、元の良い状態に戻すのはとても大変です。

その時は、自分で治そうとせずに皮膚科を受診しましょう。