可愛がっていた姪や甥もいつの間にか大きくなり七五三を迎える年齢になりました。
七五三のお祝いはどうしたら良いのでしょう。

やはりお祝いは必要なのでしょうか?
その際、金額の相場はいくらくらいなのでしょう。
お祝いを渡す時期に決まりはあるのでしょうか?

そこで、姪や甥に七五三のお祝いは必要か否か、金額の相場や渡す時期について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七五三を迎える姪や甥にお祝いは必要?

七五三の行事は各家庭様々です。
また地域によっても全然異なります。

以前テレビでも紹介していたことがありましたが、結婚式の披露宴のようにビックリしちゃうくらい豪華に行う地域もあるんですよね。
またその逆に家族だけで参拝し記念写真だけで済ませるシンプルな場合もあり、七五三のお祝いはこのようにしなくてはいけないという決まりはありません。

ただ、「七五三を迎える姪や甥にお祝いは必要なの?」と聞かれると、身内の姪や甥に対しては一般的にお祝いを渡される方が多いですね。

親戚や身内を家に招いて食事会をしたり、場所を外に移してお祝いの会を開く場合はもちろん必要です。
ですが、家族だけで参拝し記念写真だけで済ませる場合でも、今年七五三を迎えると承知している場合は、姪や甥にお祝いを贈ることをおすすめします。

七五三は子供たちの成長に感謝し健康で大きく育ってと願い祝うものです。

姪や甥となれば可愛いですよね。
大人同士も親しければ親しいほどお祝いのやりとりは、お付き合いのなかでとても大事なのではないでしょうか。

七五三を迎える姪や甥のお祝いの相場はどれくらい?

七五三を迎える年齢は、3歳、5歳、7歳です。
年齢ごとに金額は変化させた方がいいのか悩んでしまうという方が多いようです。

特に決まりはありません。
同額にしても、ちょっとだけ金額に変化をもたせてもどちらでも大丈夫です。

一般的に姪や甥に渡すお祝いの相場は、5,000円~10,000円です。

年齢ごとの金額は変化はあまり気にしなくても大丈夫なのですが、次のような場合しっかりとマナーを守りましょう。

兄弟(姉妹)が一緒に七五三をお祝いする場合

兄弟が一緒に七五三をお祝いする場合があります。
最近では、数え年や満年齢などお祝いする時期を柔軟に考えて兄妹一緒の七五三をという家庭が多いようです。

では、お祝いを渡す側も兄弟だから一緒でいいと考え、一つのご祝儀袋に2人分入れて渡してもいいのでしょうか?

一つのご祝儀袋に2人分のお祝いを入れて渡すことはNGです。
1人ずつそれぞれにご祝儀袋を用意して渡しましょう。

お互い様でお祝い金は無しの場合

次のようなケースもなかにはあるようです。
「お祝い事はお互い様だから、お祝い金は無しにしましょう。」

親同士(兄弟)との話し合いで、お互い様とする場合です。
それはそれで、お互いの家族が納得しているのであれば問題ないでしょう。

しかしその場合でも、「七五三おめでとう。」の気持ちを込めてメッセージと子供が喜ぶお菓子などをプレゼントしてもいいですよね。
全くなにも無しっていうのも、親はそれで面倒なこともなく良いかもしれませんが、子供の立場からしたらなんだか寂しいのではないでしょうか。

七五三のお祝いは品物でもいいの?

七五三のお祝いは現金だけでなく、品物でも商品券図書カードでもかまいません。

七五三に贈る品物(プレゼント)で人気があるのは下記のものです。

男の子

・おもちゃ
・ゲーム関係
・スポーツ用品(サッカーボールなど)

女の子

・洋服
・絵本
・人形
・髪飾りやバックなどの小物

ただ、品物を贈る場合は次の点に気をつけましょう

子供の欲しいものをリサーチする。
子供の親の好みもリサーチする。
その家庭に合ったものを贈る。

せっかく贈るのだから本人に喜んで欲しいけれど、相手の家庭で禁止されているゲーム関係のものを贈ってしまうとそれは問題です。
また、相手が恐縮してしまうような高価すぎるプレゼントもNGです。

このようなことを考えると、現金が一番無難のようですね。

 

お祝いを現金で渡す場合

お祝いを現金で渡す場合は、のし付きで水引きは赤白の蝶結びのご祝儀袋で渡しましょう。

表書きの上段には、3歳、5歳、7歳の全年齢に共通してOKな「七五三御祝」や「祝七五三」、「お祝い」と書きます。
下段には、贈る人の名前を中央に書きます。

筆や筆ペンを使用しはっきりと太く書きましょう。

 

ちなみに、その他の祖父母や、友人、ご近所方の相場を紹介しておきますね。

祖父母の場合

10,000円 ~ 100,000円程度

このようなお祝い金には大きな幅があるのは、晴れ着の購入費用や写真の撮影費用などを祖父母が負担することもあるからです。

友人やご近所の方

3,000円 ~ 5,000円程度

七五三は本来は身内で内輪のお祝いですが、親戚でなくても深い付き合いのある方や親しい友人などがお祝いをしたいという場合があります。

七五三のお祝いを渡す時期

基本的に七五三のお祝いを渡す時期は、10月中旬~11月15日まです。

しかし最近は、七五三を11月15日とこだわる家庭は少ないようです。
お父さんやお母さんの仕事の関係やお日柄を考慮し、10月中に七五三をとり行う家庭もあるので、その家庭の七五三が終わってしまう前に渡しましょう。

また、昔と違ってお祝いで頂いたお金を着物の購入や写真撮影に、と考えている場合もあるかもしれないので、なるべく早めに渡したほうが喜ばれそうです。

七五三に使用する着物や小物などを贈る(特に祖父母)場合は、早めに贈る側から声をかけ、お父さんやお母さんの考えを確認し相談しながら進めていきましょう。
間違っても勝手に決めてことは避けましょう。

まとめ

子どもの成長のお祝いには、お返しは必要ないというのがルールです。

しかし、気を使い内祝いをする家庭も多いので、お祝いや品物(プレゼント)を贈る際は、相手に負担がかからないように金額の相場を確認し、高価すぎるプレゼントにならないような品物を選びましょう。