そろそろ鍋料理が食べたい季節になってきましたね。

しかし新しく土鍋を購入した場合、すぐには使い出せないのが土鍋です。

使い始めに行う目止めとは何なのでしょう。
また、目止めにおすすめなのはおかゆを炊くことと言われますが、なぜなのでしょう。

そして、土鍋を大切に使用するためにはどのようなお手入れをしたら良いのでしょう。

そこで、土鍋の使い始めに目止めをする理由、目止めにおすすめなおかゆの炊き方、上手なお手入れ方法について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

土鍋の使い始めに目止めをする理由

土鍋を購入してもほとんどのものは、買ってきたままの状態ですぐに使うことはできません。
使い始める前に土鍋の目止めをする必要があります。

 

目止めとは、

目止めとは、土鍋の表面の細かい穴をふさぎ、煮汁や臭いがしみ込むのを防ぐことです。
少し手間はかかりますが土鍋を長く上手に、また料理を美味しくいただくためには目止めを行いましょう。

使い始めに一度この作業をすれば、次回使うときからは必要はありません。

目止めには、下記にようにいくつか方法があるので、どれか一つ選んで行いましょう。

土鍋の目止め方法

.土鍋でおかゆを炊き、そのまま半日ほど放置します。
.お米のとぎ汁を入れて、水8分目で10分から20分沸騰させる。
.小麦粉(大さじ2杯)を入れて、水8分目で10分から20分沸騰させる。(片栗粉でもOK)

 

土鍋の目止はどの方法でを選んでも良いのですが、全ての方法がガスや電気を使います。
それならば、目止めの後に食べられるおかゆを選ぶことをおすすめします。

土鍋の目止めをする時の注意点

土鍋の目止めをする時は下記の点に注意して行いましょう。

・火加減は、中火以下にします。(弱火で十分です。)
・加熱した後は、自然に土鍋が冷えるまで待ってから中を水洗いしましょう。

土鍋の使い始めの目止めにおすすめのおかゆの炊き方

土鍋を購入したら、おかゆを炊いて目止めをしましょう。

購入時、土鍋の表面は小さな穴だらけです。

使い始めにおかゆを炊くのは、この土鍋の小さな穴(気泡)の中にでんぷんを行き渡らせてあげるのが目的です。

この小さな穴を目止めでふさぎ、煮汁や臭いが入らないようにしましょう。

 

土鍋で炊いたおかゆはとてもおいしいですよ。
目止めと同時におかゆを食べる。
これって「一石二鳥」です。

では、目止めにおすすめの美味しいおかゆの炊き方を紹介しますので実践してみましょう。

おかゆの種類

おかゆを炊く前に、おかゆの種類を確認しておきましょう。

全粥   米水5
七分粥  米水7
五分粥  米水10
三分粥  米水20

米の割合が多い順に 「全粥 → 七分粥 → 五分粥 → 三分粥 → 重湯」となります。

勘違いしている人多いようですが、3倍の水でお米炊くから3分粥とか、5倍の水でお米を炊くから五分粥というのではありません。

 

◇重湯とは
おかゆを炊いた時の上澄みのことです。

 

◇おかゆとは
一般的に全粥の事をさしています。(米1に対して5倍の水)
ですが、一番作りやすく食べやすいのは七分粥です。

 

いろいろ炊いてみてお好みのお粥をを見つけてみるのも楽しいですね。

美味しいおかゆを炊く前に

それでは土鍋を箱から出して準備しましょう。

この土鍋が入っている箱ですが、土鍋を使用した後にしまって保管したいと思う方が多いかもしれませんが、捨ててしまいましょう。
土鍋は箱での保管はNGです。

箱に入れてしまうと風通しが悪くなり、カビる原因になってしまいます。

それでは土鍋を水洗いして、底をよく拭いておかゆを作りを始めます。

手順

土鍋に炊きたい分量の水を入れてから、お米を計算して入れる方法です。
この方法は作り過ぎを防ぐことができるので。(土鍋でなくてもこの割合で大丈夫です)

 

1.土鍋の半分位になるまで、お水を計りながら入れます。
今回は、800cc(七分粥)で作ってみましょう。

 

2.お水を計ってから、お米の量を決めます。
水800ccなので、米は水の1/7の量になるので、約120ccを洗って鍋に入れます。

 

3.土鍋は急な温度変化に弱いので、火にかける時には始めは弱火、徐々に中火まではOKです。
中火で沸騰したら弱火にします。(ここがポイント)

 

4.沸騰して弱火で5分位かけたら、中火にし焦げないように時々混ぜましょう。

 

5.グツグツと音が大きくなって、土鍋の真ん中あたりからもブクブク沸いてきたら、弱火にして途中1~2度かき混ぜ5分炊き火を止めます。
この時、とろっとし始めていますがまだおかゆとしては完成していません。
このまま蓋をして余熱で仕上げます。

 

6.余熱で30分くらい置くと、とろっとろの美味しいおかゆが完成です。

 

土鍋の余熱って本当にすごいのです。

普通はここで出来上がりなのですが、今回は目止めが第一の目的なのでこのまま半日ほど放置しましょう。

 

だだ、この目止めは、土鍋に限ったことではありません。

実はつい最近、陶器の作家さんの展示会に行ってマグカップを購入したのですが、その時使用前に目止めをしてくださいと言われました。
マグカップを目止めしたのは初めてです。

それとちょっとびっくりしたのが、もう一つのマグカップを買ったのですが、こちらのカップはそのまま使いだしてOKと言われたのです。
なので、土鍋に限らず陶器を購入する際は目止めについてした方がいのか、しなくてもいいのかお聞きしたほうが良いようですね。

土鍋の手お入れ方法

せっかく購入し、目止めまでした土鍋です。
きちんと上手にお手入れをして長く使いたいですね。

正しいお手入れ方法をおぼえて美味しい土鍋料理を作りましょう。

土鍋を火にかける時の注意点

土鍋は急激な温度変化に弱いので、火加減に注意しましょう。

空焚きをしない(空焚きOKの土鍋以外)
濡れている状態で火にかけない
熱い土鍋水をかけない
・火加減は中火以下にします(沸騰したら弱火で十分)

土鍋の洗い方

土鍋を洗う時は、柔らかいスポンジで水洗いすることをおすすめします。

土鍋は吸水性質を持っているので、水気を吸っていきます。
洗剤を使うと洗剤まで吸ってしまうので、なるべく洗剤は使わないのが基本です。

でも、衛生面を考えると、なかなか洗剤を使わないではいられませんよね。
洗剤を使ったらサーっと素早く洗い流しましょう。

汚れが落ちないからといって浸け置きするのはNGです。

そして、鍋の裏は極力洗わないようにしましょう。

洗い方のポイント

・土鍋をよく冷ましてから水洗いする
・洗剤を使うときは、さっと洗って水でよく洗い流す
・洗剤での浸け置きはしない
・洗ったあとは、水気を拭き取ってよく乾かす

土鍋が焦げた場合

どんなに気をつけていても、土鍋で煮込んでいると焦げてしまうことがあります。
土鍋の焦げを落すために次のことを繰り返していきましょう。

・土鍋にお湯を張ってしばらく置く
・焦げが落ちない時は土鍋に水を入れて煮立てる
冷めてからスポンジ優しく洗う

土鍋の匂いの取り方

煮汁がしみこんでニオイがついてしまったら次の方法を試しましょう。

お茶殻入れて8分目の水で煮立ててみる
・土鍋に水を入れて沸騰させ、火を止めてから重曹を入れてみる

土鍋のカビの取り方

酢を大さじ2~3杯入れて8分目の水で煮立ててみる(完全に取れない場合もあります)
殺菌すれば使えますが、どうしても気になるようでしたら買替えるしかありません。

カビが生えないようにしっかり乾燥させて保管することが大切です。

土鍋にヒビが入った場合

もう一度おかゆ炊いて目止めをしましょう。

目止めをしても水漏れしだしたら、買い替えです。

こちらの記事も参考にしてください。
土鍋のひび割れ原因と修理方法 接着剤は使える?蓋だけ買える?

まとめ

これからの季節、冷える夜には土鍋を使った料理で心も体もあったまりたいですね。

目止めはちょっと手間はかかりますが、使い始めが肝心です。

最初の一回だけですから、土鍋を長く上手に使うためにも、また料理を美味しくいただくためにも、まずは、おかゆから始めましょう。