紅葉の便りも聞かれ、空気が急に冷たくなってきたような感じがしたら、あったかいお鍋が一番ですね。

お鍋の食材で欠かせないのが白菜です。
白菜はどんなスープにでも合っちゃう万能野菜なので、ダントツの人気です。

ただ、秋冬に獲れる白菜はとっても大きく、一玉を1回で使い切るなんて絶対に無理です。

そこで、白菜の保存で冷蔵庫に入らない時はどうしたらいいか、冷蔵と冷凍の保存方法について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

白菜の保存で冷蔵庫に入らない時はどうする?

空気が急に冷たくなってきたような感じがすると、晩御飯はお鍋にする家庭が多いのではないでしょうか。

このお鍋で大活躍する冬野菜の代表選手は「白菜」です。

最初からスーパーなどの店頭には、カットしてある白菜が並んでいますが、大きなままの新鮮な美味しそうな白菜を買ったり頂いたりした場合、悩むのが保存のことですね。

白菜はボリュームがあるので、丸ごと冷蔵庫に入らないという事態が起こります。
置き場所に困っちゃいますよね。

このような場合はどうしたらいいのでしょう。

秋冬(11 ~ 2月頃)

秋冬(11~2月頃)に出回っている白菜であれば、常温保存が可能です。
お鍋が恋しい季節はあまり心配はいらなかったようです。

しかし、常温と言っても人それぞれ抱くイメージは異なるし、どのように保存したら良いのかわからないですよね。

そこで、常温保存の目安となる温度と常温での保存方法を紹介します。

常温保存の目安となる温度

5~10℃くらいの場所に保存しましょう。

やはり、暖房の効いたキッチンではアウトでしたね。
5~10℃ですから外に出しておくのが良いようです。

しかし、さすがに白菜をそのまま外に出すわけにはいきません。

常温保存の方法

常温保存の方法は、白菜を新聞紙に包んで根の部分を下にして立てて保存します。
この包んで立てることが白菜を傷みにくくするコツなのです。

1番外側の葉っぱは乾燥防止に役立てましょう。
外側の葉っぱが傷んだり汚れたりしていなければ、外側の葉っぱはそのままで新聞紙に包みます。

白菜の葉っぱを外側から使っていく場合は、芯の部分に切り込みを入れ、そこに濡らした新聞紙やキッチンペーパーを挟んで、全体をラップに包んで保存します。
この保存方法なら、1か月程度の長期保存もできるとのことです。

 

ここで、もう一手間かけてみましょう。
白菜を丸ごと買ったり頂いたりしたら丸1日~2日、天気のいい日に天日干しにしてみましょう。

もちろん外側の葉は乾燥してしまいますが、そのままの状態で新聞紙に包んで立てて保存すると甘みが増して、さらに美味しく食べることが出来るのでおすすめです。

秋冬(3 ~ 10月頃)

常温保存の方法は、秋冬(11~2月頃)の時期だけです。

3~10月頃、スーパーなどに出回っている白菜は傷みやすいので、使う分だけカットしてある白菜を購入しましょう。

白菜の冷蔵庫での保存方法

春夏秋(3~10月頃)、または暖房が常に効いているような場所では常温保存は難しいですね。

またスーパーなどでよく見られる、1/2、1/4にカットしてラップに包んで売られている白菜の場合は、季節に関係なくカットしてある断面からどうしても傷みやすくなります。
この場合も常温での保存には向いていません。

外にも出しておく場所が見つからない時は、冷蔵庫に入れて保存しましょう。

冷蔵庫で保存する場合は、カットしてあってもやはり新聞紙で包んで、白菜を立てていれることがポイントになります。
葉っぱが変色してきたら、その部分は早めに切り取り捨てましょう。

カットしてある場合は1~2週間くらいしか保存ができません。
早めに消費しましょう。

調理後に冷蔵庫で保存

生のままでなく調理後に冷蔵庫で保存するのもおすすめです。

ソーセージやベーコンと一緒に、冷蔵庫に入っている他の野菜を入れてコンソメスープやトマトスープで味付けをし、ポトフにしてから冷蔵庫に保存しましょう。

毎日ポトフに火を通すと3日は大丈夫です。
味も染みてきてだんだん深い味になり良いです。

白菜の冷凍での保存方法

白菜は冷凍保存もOKです。

1.白菜の葉を1枚1枚よく洗って水気を取ります。

2.ざく切りにしてラップやフリーザーのパックに入れます。

3.空気抜いてしっかり袋を密封して冷凍庫で保存します。

 

使う時には凍ったまま調理していくことが出来ます。
ただ、生と違って冷凍の場合は、シャキシャキした食感がなくなってしまいます。

お鍋や煮物、おひたしにするのがいいでしょう。

お鍋や煮物に使う場合、生のままを使うより冷凍しておいたものの方が柔らかくて美味しいとも言われています。

漬物にして冷凍するのもおすすめです。
塩漬けやキムチなどを漬物液にひたひたにした状態で冷凍して、半日~1日を冷蔵庫内で自然解凍すると、とってもおいしい状態で食べることができます。

小分けに冷凍しておくことで、無駄なく便利に活用できるのでぜひ試してみましょう。

まとめ

お鍋が恋しくなる11月〜2月はちょうど白菜の旬の時期です。

この時期はちょうど白菜がお安く手に入いり、頂いたりすることも多いので嬉しくなっちゃいますよね。

お鍋以外にもスープや煮物、おひたし、漬物などで余すところなく栄養をたっぷり体に取り入れて、
寒い冬を乗り切ってください。