寒い寒い冬になると恋しくなるのは熱々の鍋料理です。

大切に使っていた土鍋でも、いざ使おうと出して見たらひび割れしてる。
なんて経験ありませんか?

ひび割れの原因はなんなのでしょう。

ひび割れを自分で修理する方法はあるのでしょうか?
強力な接着剤は使って大丈夫なのでしょうか?

蓋だけ買うことはできるのでしょうか?

そこで、土鍋のひび割れの原因、修理方法、蓋だけ購入について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

土鍋のひび割れの原因

大切にお手入れして慎重に使用していたはずなのに、お気に入りの土鍋にひび割れを見つけたときは「ガーン! ショック!!」ですよね。

洗う時に水道の蛇口にぶつけたおぼえはないし、他の食器と土鍋をぶつけてこともない、ましてや土鍋を床に落としてもいないのにどうして土鍋にひび割れができちゃうのでしょう。

温度変化

温度変化が土鍋のひび割れ原因になることがあります。

土鍋に熱さと冷たさを急激に加えてしまうと、膨張と収縮が起こりひび割れてしまいます。

例えば、次のような温度変化を土鍋は嫌います。

・土鍋に冷たいものを入れて火にかけた。
・土鍋を濡れた状態で火にかけた。
・食事が終わって間もないまだ温かい状態の土鍋を冷たい水で洗った。

 

心当たりはありませんか?

どれでは、どのようにして温度差に気をつけたらいいのでしょう。

温度差を出さないための注意点

温度差を出さないためにはどうしやらいいのかをを紹介しますね。

・具材は冷凍庫や冷蔵庫からだして常温にしておきましょう。
・土鍋の水分はしっかり拭き取っておきましょう。
・土鍋は室温の状態で弱火で点火し中火まで、強火にしないようにしましょう。
・使用後は土鍋が常温に戻るまで自然冷却してから洗いましょう。

空だき

「まさか空だきなんてしない。」って言いたいですよね。

それがなんと、土鍋が空っぽの状態でなく具材が入っていたとしても、その具材が焦げているのに気がつかず火を止めないでいると、ひび割れる可能性があります。

衝撃

土鍋を床やシンクに落としてしまったらそれは致命的です。
しかし床やシンクなどに落とさなくても、コンロから食卓へ運ぶ際にテーブルにぶつけたり、食卓からコンロへ戻す際に五徳にぶつかったりするとひび割れる可能性があります。

以上のようなことに注意を払うことによって、土鍋のひび割れを防ぐことができるでしょう。

土鍋のひび割れを自分でなおす修理方法 接着剤は使える?

土鍋のひび割れを自分でなおす修理方法を紹介します。

土鍋のひび割れを自分でなおす修理方法

土鍋にひびが入ると、「えっー、丁寧に使っていたのにがっかりだわ。」こんな気持ちになっちゃいますよね。

でも大丈夫です。

ショックなことには変わりありませんが、土鍋の中の汁が外側に漏れない程度のひび割れなら、自分で簡単に修理することはできるのです。

小さなひび割れ

土鍋の小さなひび割れの場合は、土鍋の中に牛乳を多めに入れて5~6分沸騰させましょう。
牛乳に含まれる「カゼイン」という成分に、粘着力があってひび割れを修復してくれます。

この時、他にもひび割れたお皿や湯のみなどがあれば一緒に修理しちゃいましょう。

大きなひび割れ

大きなひび割れの場合は、そのひび割れた土鍋でおかゆを炊きましょう。
ひび割れた隙間に入ったおかゆデンプンが、糊の働きをしてある程度時間がたつとひび割れをふさいでくれます。

土鍋を最初に購入したときに行った目止めをもう一度行うという事です。

 

こちらの記事も参考にしてください。
土鍋の使い始め目止めをする理由 おかゆの炊き方と手入れ方法は?

 

一度で不安な場合は、手間はかかりますが、何度か繰り返し行いましょう。

 

ちなみに、
ひび割れたところから、土鍋の中の汁がすぐに外側に漏れ出してきてしまう場合は買い替え時です。
このような土鍋でおかゆを炊いたりうどんを煮ても、それは一時的な修復にすぎません。

土鍋の修理に接着剤は使える?

土鍋のちょっとしたひび割れなら、市販されている優秀な接着剤で「チョチョイのちょい。」となおしたいと思う方もきっといますよね。

しかし、市販の接着剤に中には陶器、金属、ガラスに使用できると記載されているものもありますが、土鍋に接着剤を使用して修理するのは止めておきましょう。

土鍋には、水を入れ具材を入れてそれを炊きます。
水が熱くなることでひび割れ部分に塗った接着剤の成分が、スープに溶け出したり具材に付着しない保証はありません。

家族に口に入るものですから、もしかしたら健康に害を与えるかもしれないものを使うのは止めておくのが賢明です。
ちょっと手間はかかるかもしれませんが、正しい修理方法を選んでください。

土鍋の蓋を割ってしまったら蓋だけ買える?

土鍋は大切に手入れをしていても、どんなに気をつけて使用していたとしていても、うっかり蓋を落としてしまったり、水道の蛇口にぶつけてしまったりは仕方のない事です。

でも、蓋だけが割れてしまったら、何だか割り切れない気持ちになりませんか?
「蓋だけなのに、土鍋を買い替えなくちゃならないなんて。」こんな気持ちでお店に土鍋を買いに行くのは「ちょっと待って。」です。

国産の土鍋の多くは、蓋だけお店で購入できることが多いのです。
同じ柄があればラッキー、同じ柄でなかったとしてもサイズが合えばまずはOKではないですか。

インターネットでも購入が可能です。

またお店で土鍋を買うときには、蓋を割ってしまった場合に蓋のみ買えるかどうか確認してから買うようにすると安心ですね。

まとめ

土鍋はひび割れやすいものですが、大事に使って手間をかけ正しい修理をしていれば数十年もちます。

くれぐれも、ひび割れに接着剤を使うのは止めておきましょう。

ちなみに我が家の土鍋は20年以上使っています。
さらにまだまだ頑張ってくれそうです。
鍋の中の食材は、ゆっくり冷めてくる間に出汁が染み込むと言われています。
なので、食卓で家族みんなで土鍋を囲み食べている間に味も染み込むから鍋料理は美味しいのかもしれません。
鍋料理を食べて体を温め、寒い冬を元気に乗り越えましょう。