台風が近づいてくる季節です。

台風は夏から秋にかけて多く発生するイメージでしたが、最近は梅雨明け前からテレビなどで台風が発生していると聞くことが多くなりました。

台風が直撃したらと考えるだけで怖くなってしまうという方も多いのではないでしょうか?

台風にはつきものの強風、マンションの窓ガラスやベランダ、車にはどんな対策をしておけばいいのでしょうか?

そこで、台風時のマンションの窓ガラス、ベランダ、車の強風対策について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

台風時のマンションの窓ガラスはどうする?

最近のマンションは、雨戸やシャッターがついていないところがほとんどと言って良いでしょう。

雨戸やシャッターがなくても、窓ガラスに強度があって風雨の被害も受けにくい作りになってきているのですが、大型で強い勢力の台風がきた時は、強風よって瓦や木の枝、植木鉢や小石など、思いもよらないものが飛んできて家の窓ガラスが割れたりする可能性があります。

実際に、このような強風による被害が多いので、強風対策をしっかりしておく必要があります。

マンションの窓ガラスの強風対策

特にマンションの高層階の場合は、台風の規模が比較的大きい時、強風の影響で窓ガラスが内側に膨らむようにしなってきて怖い思いをすることがあります。

そのような怖い思いをしないために、次のような簡単にできる台風時の窓ガラス対策を紹介します。

1.窓ガラスに内側から、布テープ(養生テープ)をバッテン(✖)印に貼り補強します。
大きな窓にはバッテン(✖)の他にタテとヨコにも貼ると尚いいでしょう。

 

2.カーテンで窓を覆い、カーテンの横や下を窓枠に布テープで固定します。
これは、ガラスの強化にはならないのですが、窓ガラスを補強する意味ではとても有効で、万が一ガラスが割れた時にはガラスの飛散を防止する効果があります。

被害はないに越したことはありませんが、被害を最小限に食い止めることが重要です。

窓ガラスが割れて室内がガラスの破片だらけになると、それはそれはかなり危険です。

万が一に備えて対応しておくことをおすすめします。

 

ちなみに、
強風対策に使うテープは布テープ(養生テープ)を使用しましょう。

ガムテープは、剥がす時にとっても苦労します。
テープ自体の強度もガムテープに比べて布テープ(養生テープ)の方が数段強度があります。

※布テープ(養生テープ)とは引越し業者さんがよく使っている手で簡単に切れるテープのことです。

金銭的に余裕がある場合

費用や手間はかかってしまいますが、余裕があるのであればこちらもおすすめです。

ガラス破損防止シートや泥棒が窓を割って侵入するのを防ぐ、防犯フィルムを張りましょう。

台風時だけでなく、地震の時にも安全性が高まったり、省エネ対策を兼ね備えたものなどいろいろあるので、用途に合わせて選んでみましょう。

台風時マンションのベランダはどうする?

ベランダは、台風が近づいてくる前に点検しておきます。

ベランダを改めて眺めてみましょう。

植木鉢やゴミ箱、物干し竿、傘、ほうきやちり取りなど、強風で飛びそうなものがたくさん置いてありませんか?

強風で飛びそうなものは、台風が近づいてくる前にできる限り室内へ入れましょうね。

できるなら、ベランダにはなにも置かないのが一番良いのです。

物干し竿

大きくて重い物干し竿は、外して下に置きロープなどで柵にしっかり固定します。

植木鉢

植木鉢で室内に運び込めないものは、一ヶ所に集めロープで鉢を結び合わせるなどして倒れないよう工夫しましょう。

この時、防風ネットの利用がおすすめです。

ホームセンター等に行けば、防風ネット(網目3~10cm)が市販されています。
これを集めた鉢全体にかぶせ、風による被害を防ぎます。

植木にかぶせるのは暴風ネット、ビニルシートをかぶせるのはNG、絶対にいけません。
ビニルシートがNGなのは、強風に吹き飛ばされやすく危険だからです。

排水溝と排水口の掃除

ここまでやったら、あともう一息です。

排水溝と排水口の掃除をしてゴミをきれいに取ります。

排水口のゴミをそのままにしておくと、雨の流れていく道がなくなり、雨水が流れ出して部屋に入ってきたら大変です。

台風時のマンション駐車場に駐車してある車はどうする?

台風の対策で忘れてはいけないのが車です。

マンションでは、屋外の駐車場が多いため、強風で思いもよらないものが飛んできて車の窓ガラスを直撃し、ヒビが入ってしまう可能性があります。

そんなことにならないために、車の台風対策は重要です。

屋根やシャッターがついていない屋外の駐車場の場合

強風に注意

・ガラスを守るために車カバーかけましょう。
車の上に毛布をかけてから車カバーをかけ、風に飛ばされないようにしっかり固定します。

・近所に立体駐車場がある場合は、台風が過ぎるまで避難させておくのも良いでしょう。
この場合は、お金がかかってしまいますが、万が一窓ガラスが割れて修理に出すよりは数千円で済むので良いでしょう。

地下駐車場の場合

豪雨に注意

浸水の心配はないか確認します。
地下の駐車だから大丈夫と安心していると大変なことになりかねません。

最近はよく、観測史上最高という言葉を耳にします。

観測史上最高の豪雨になったら、地下の駐車場が浸水していたなんてこともあり得るかもしれません。

台風の雨が激しいことが予想される場合は、地上に駐車しておくほうが良いかもしれません。

水が50cm程度浸水すれば、車は使えなくなってしまいます。

車の乗り降りの時の注意

以前台風の時に、マンションの隣の駐車場の車のドアが乗り降りに時、強風にあおられて私の車にぶつかり、傷になってしまったことがありました。

通常では考えられませんが、台風の強風に気を取られてしまいまがって駐車したのが原因とのことでした。
雨も降っていたので見えずらかったのかもしれません。

ケガがなかっただけ良かったですが、やはりぎくしゃくした雰囲気になり、気分のいいものではありませんでした。

被害者、加害者にならないためにも、台風時の車の乗り降りには十分注意をしましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください
台風時の車の運転はどうする?高速道路や冠水路での注意点

まとめ

日本には台風がよく上陸します。

台風情報には注意して万全の準備しましょう。

備えあれば憂いなしです。

そして、台風が無事の通り過ぎるのを祈りましょう。