台風が接近中。
そんな日は歩きや自転車では危険だから車を使いたくなりますよね。

しかし激しい雨と強い風が台風にはつきものです。

激しい雨と強い風の中、車の運転をして大丈夫なのでしょうか?
また、高速道路や冠水路はどのように対応したら良いのでしょう。

そこで、台風時の車の運転で気をつける事や運転に仕方、高速道路や冠水路を運転する時の注意点を紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

台風時の車の運転はどうしたらいい?

本来、台風の時は外出しないのが一番です。
特に、台風の時の車の運転には危険がたくさん潜んでいます。

しかし、家で静かに台風が通り過ぎるのを待てればいいですが、なかなか理想どうりにはいきませんね。

子供の安全を考えると駅や学校に送り迎えをしてあげたいし、お母さん自身も仕事に行かなくてはいけません。

車を自分で運転するのではなくて、他の交通手段を使ってみるのはどうでしょう。

台風の時だけですからタクシーを利用するのも一つの手です。
タクシーなら家の前まで来てもらえます。

ただ、台風の時にはタクシーの予約が殺到する事が予想されるので、当日の出勤直前では無理です。
1~2時間前でも微妙と思っておいた方がいいですね。

もっと前、前日から予約を入れておくことをおすすめします。

でも、タクシーの予約が取れなかったり、どうしても車を運転して子供の送り迎えや仕事に行かなければならない場合もあるでしょう。
そのような場合、どうすれば危険を避けて安全に車を運転する事ができるの紹介しますね。

危険を避けて安全に車を運転には

1.台風の時には、普段移動に車を使っていない人も車で出勤することが考えられます。
道が混み合う、渋滞する可能性が大きいので30分~1時間位、早く家を出られるように朝の準備をしましょう。

2.車窓のくもりを取るタオルは手元に置き、必要な時すぐに使えるよう準備しておきます。

3.土砂崩れや冠水などで道路が使えなくなる場合も出てきます。
前もって普段とは違う道順を2つか3つ考えておきましょう。

普段から万が一の事を想定して、駐車できるスペースはどこにあるのか調べておくことをおすすめします。

4.豪雨で前が見えないときは広い場所に止まって様子をみましょう。
強行に運転をするのは危険です。
30分もすればピークを過ぎて前が見えるようになるので、無理はしないように心がけましょう。

5.豪雨の時の車の運転は、昼間でもライトを点けて周囲が気付きやすくしておく必要があります。
夜間は、ハイビームを使って先の状況を早くつかみましょう。

6.普段通い慣れている道路でも、速度は落として慎重に運転しましょう。

激しい雨の時

激しい雨の時の運転は、とにかく危険です。
まれに乗用車を運転する人の中には、トラックなどの大型自動車からのしぶきがかかって前方が見えなくなり、急停車するドライバーもいます。

「まさかそんな人はいないでしょ。」、「信じられないわ。」と思うでしょうが、本当にいるんです。

くれぐれも車間距離は十分過ぎる位とるように注意してください。
常に「もしかしたら・・・ 」という思いをもって運転しましょう。

強風の時

強風の時の運転も、それはそれは危険です。
ハンドルをとられ、車が流されることもあります。

強風時にはハンドルをしっかり握りましょう。

また、新聞紙やゴミなどがフロントガラスに張り付き、視界がさえぎられることがあります。

そのような時に、危険を回避するためにあわてて急ハンドルを切ったり、急ブレーキをかけるのは一番危険です。
前方をしっかり見ながらハンドル操作はゆるやかにを心がけ、運転してください。

台風時の高速道路での運転の注意点

一番怖いのは風です。
ハンドルとられて、あっという間に隣車線に飛び出したりすることがあります。

台風が勢力を保っている場合は、雨よりも風に対する危険を考えましょう。

トンネルを出た途端の突風や、海岸沿いの高速道路の橋の上での横風などは想像以上にパニックになってしまいます。

車をまっすぐに走らせているつもりでも、突然に横からグッと圧力がかかると怖いです。
どんなに用心深く運転していても、このような事態に遭遇すると、一瞬ブレーキを踏んでしまったりハンドルを突っ張ったり、という行動に出てしまうことがあるそうです。

実は、風による車の事故のほとんどが、突風や横風を受けた後のこのような運転行動が原因になっています。

突風の吹きやすい高速道路のポイント

突風の吹きやすい高速道路のポイントを紹介します。

・山間部の谷間
・谷間に架けられた橋の上
・トンネルの出口
・山の切り通しの終点
・防音壁の切れ目

これらのポイントにさしかかる時には、十分に注意をして危険回避しましょう。

突風からの危険を回避するには

・スピードを落し急ブレーキをかけない。
不必要なハンドル操作はしない。

特別な運転テクニックはいらないのです。
普段の安全運転と、 早め早めに道路状況を把握して心の準備をしておくことが大切です。

台風時の冠水路での運転の注意点

車は、ある程度の冠水や浸水に耐えられるように設計されています。

一般的に走っても大丈夫とされる水深は、乗用車の場合はドアの下端です。
車の床面部分が浸からない程度になります。

一部のオフロードタイプの4輪駆動車は、渡河性能が重要視され専用の装備があるので、水深1m位の悪条件の中でも走れる特殊なモデルもあります。

乗用車の場合は、集中的に激しい雨が降り続いて発生する冠水路の走行には十分な注意が必要です。

アンダーパス(立体交差道路のひとつ)や、道路がえぐられて作られた電車ガード下の道路など、スリバチ状の道路に水たまりが発生している場合は要注意です。

絶対に入らないで、引き返しましょう
水たまりは、見た目だけでは水深を測ることができません。
大丈夫だろうと進入してしまったのはいいけれど、思いもよらず深かったでは話になりません。

ただ、車の床面以上の水深であっても、すぐには浸水してきません。
そのために、とても危険な状態なのに「まだ大丈夫。」などとたかをくくっていると大変なことになってしまいます。

危険を察知するころには車が浮いてきて前後に動かなくなり、エンジンの吸気口が水を吸って排気管が水圧でふさがれて、終いにはエンジンが停止してしまうのです。

そして、そのまま立ち往生という最悪の結果につながる場合が少なくないのです。

車が冠水して車内が浸水した場合

考えたくありませんが、万が一、車が冠水して車内にまで浸水してしまった場合は、あわてずにエンジンを停止させましょう。

それから落ち着いて避難経路を考えましょう。
その時は、いきなりドアを開けて水たまりに出てはいけません。

ゆっくりと足をついて、足で水深を測ります。

水たまりが濁っている場合は、道路の状況が見えないので良くわかりません。
また、マンホールのふたが外れていたりすると危険です。
一歩一歩、確かめながら歩くことが大切です。

車の事が心配でしょうが、車は水がひくまで放置するしかありません。
まずは自分が安全なところに避難することが大切なのです。

安全なところへ避難できて初めて車の心配をし、その旨をJAFのロードサービスや販売店に連絡しましょう。

水がひいたからといって素人の判断で車に乗り込みエンジンを掛けると、 破損や感電の危険があるので絶対にやめましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください
台風時のマンションの窓ガラス、ベランダ、車の強風対策は?

まとめ

台風が接近してきたら、車に乗らない、出歩かない、家で静かに台風が通り過ぎるのを待つのが一番安全です。

それができない場合は他の交通機関を使いましょう。

しかし、送り迎えや仕事でどうしても運転しなくてはならないのであれば、普段の安全運転 + 早め早めに道路状況を把握する事を心がけて、絶対に無理をしないようにしましょう。

何事もなく無事に、早く台風が通り過ぎることを祈りましょう。