台風が発生しその影響で飛行機が欠航することがあります。

台風の発生する時期はいつが多いのでしょう。
飛行機がへっこうになる基準は決まっているのでしょうか?
そして誰が判断するのでしょう?
またチケットの払い戻しはできるのでしょうか?

そこで、台風が発生する一般的な時期や、飛行機欠航の基準や判断、チケットの払い戻しについて紹介します。

台風が発生する一般的な時期は?

台風が発生する一般的な時期を紹介します。

最近は春にも台風が発生したなんてことを天気予報で言っているのを聞きますよね。
そんなこともあって、台風が発生する時期は春からなんじゃないかと勘違いしてしまいそうになっている方も少なくないのではないでしょうか。

以前はというより昔はと言った方がいいですね。
台風って夏休み期間中や運動会時期が近づいてくる頃に天気予報で気象予報士のが説明していました。

「どうなっているのだろう?」首をひねってしまいますね。

しかし、一般的に私たちが認識している台風の時期はやはり8月、9月ですよね。

実際に、過去データ1981年以降30年間の平年値から割り出した台風の発生件数を見てみると、日本への接近が多いのは8月、9月、7月、10月という順になっています。

やはり台風の時期は、夏から秋にかけて一般的に私たちが認識している通りということが確認できました。
そうなると、夏休み期間中の旅行や帰省に台風は大きく影響することになるようです。

ちなみに、沖縄と奄美だけに接近した台風の平年値を調べると、10月が1番多くなります。

ただ10月の台風は太平洋高気圧が衰退しているので勢いがなく、日本を避けるように南や東の海上を北東へとそれて行くようです。
また日本への接近と発表するのは、国内に点在する気象官署から300km以内に台風の中心が入った時点とのことです。

台風時の飛行機欠航の基準と誰がいつ判断してるのか?

台風の影響の悪天候で飛行機が欠航になる場合どのような基準で、誰が判断しているのか紹介します。

夏休み期間中の旅行や帰省に飛行機を利用する方はとても気になるところでしょう。

台風時の飛行機欠航の基準

飛行機の便を欠航する、欠航しないの判断は、空港閉鎖などの特別な状況を除き各航空会社に委ねられています。

出発地や到着地の気象状況や滑走路の状態などの諸条件と、飛行機の機種別対応マニュアルを照らし合わせて、機長をはじめとする関係者によって当日決定します。
明確な基準はないようです。

しかし、空港への台風直撃が予想されている場合には、当日ではなく事前に航空会社が欠航を決める事もあります。

飛行機は、水平飛行中は台風を避けて進路を変更するので、飛行機の航路に台風があってもそれほど心配いりません。
飛行機は、離着陸の際の風の影響を最も強く受けるので、欠航の判断を下す決め手になるのは、空港周辺の風向きや風速なのです。

このようなことから、飛行機の遅延や欠航、航路の変更などの判断は、飛行機を一番よく知るパイロットに、最終的に委ねられます。

台風時の飛行機欠航の場合 チケットは払い戻しできるの?

搭乗予定の飛行機が台風で欠航した場合、手元にある搭乗チケットはどうなっちゃうのか心配ですよね。

台風時の飛行機欠航の場合のチケットの払い戻しについて紹介します。

ツアーの場合

搭乗予定の飛行機が欠航となった場合は、ツアー自体が中止になるのがほとんどです。

旅行に行けないのは残念ですが、キャンセル料はかかりません。
ツアー代金は全額戻ってくるので、次の旅の計画をしましょう。

注意すること

台風が近づいているからと自分の判断で先にキャンセルをしてしまうと、規定のキャンセル料が発生します。

しかし、その時の状況によって、旅行会社で特別な対応を準備するケースもあるので、台風が気になる時は自分で判断せずに、早めに申込みをしている旅行会社へ次のような確認をしましょう。

・ツアーの中止の判断はいつするのか?
・中止の場合の連絡はどのようにくるのか?
・自らの意志でキャンセルする際のキャンセル料はどうなるのか?

事前にこのような必要事項の確認をしておくと、台風接近などの悪天候の予報が出てもスムーズに冷静に対応できます。。

個人手配の場合

搭乗チケットを自分で手配している時は、台風の影響で悪天候等が予測できる場合は、まずは各航空会社のホームページの運航状況を確認します。

天候調査中
条件付き運航
影響が見込まれる

このような案内が出ていれば、振り替えやキャンセルが手数料なしで対応してもらえます。

通常は「変更・キャンセル不可」の格安航空券等も変更やキャンセルを無料で対応をしてくれます。

ただ、運悪く自分が予約した便だけ不具合で欠航となった場合は、「急いでいるので次の便への振り替えたい」と思っても、空席がなければ変更はできません。

この場合は、空席がある便ま出てくるまで待つか、キャンセルをして他の航空会社を探すか、別の交通手段の利用をするか検討しなくてはなりません。
またはキャンセルして、旅行や帰省の計画を考え直しましょう。

帰り(復路)の飛行機が欠航の場合

「帰りの便が欠航して帰れない。」こんな時はどうなるのでしょう。

行き(往路)の欠航とは違い、旅先から家に帰らなくてはいけません。
一番きついパターンですね。

しかし、復路が欠航した際は予定の日に帰れないことが多いので、この場合は延泊が必要になりますが、その宿泊料金は自己負担です。

自然災害は誰の責任でもありません。

あなただけが被害者ではなく、航空会社や旅行会社も被害者ということを頭に入れて、どう対応すべきか冷静に考えましょう。

もちろん、払い戻しをして他の交通手段を使った場合、余分にかかった費用は自己負担となります。

ツアーの場合

現地係員や添乗員がいる場合はその指示に従いましょう。

添乗員等がいない場合は、旅行会社の連絡先に問い合わせをし、航空会社のカウンターの指示に従いましょう。

個人手配の場合

個人手配の場合は、払い戻しもすることも可能です。

できるだけ早く帰りたい場合は、空港へ行き振り替えを待つのが確実です。

しかし、時間に余裕がある場合はインターネットや電話等で振り替えの手続きをする方がおすすめです。

翌日以降の便になりそうな場合は、ホテルの手配も早めにしましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください
台風時の車の運転はどうする?高速道路や冠水路での注意点

まとめ

台風が日本へ接近するのは夏から秋にかけてです。

ちょうど、夏休みに期間中にも重なるので、旅行や帰省の計画を立てている方にはちょっとドキドキですね。

万が一台風が接近してきても慌てないで落ち着いて対処しましょう。