土用の丑の日にはうなぎが食べたくなります。
この時、一般的には蒲焼きを食べる人が多いのではないでしょうか。

ところが最近、「うなぎの白焼きが美味しい。」とお聞きしました。

しかしうなぎの白焼きは、あまり馴染みがないので温め方や食べ方がよくわかりません。
蒲焼とはカロリーも違う気がします。

そこで、うなぎの白焼きの温め方や美味しい食べ方、蒲焼のカロリーの違いについて調べてみました。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

うなぎの白焼きの温め方

うなぎの白焼きとは?

白焼とは、「うなぎの素焼き」のことです。

素焼きは、蒲焼のあの甘いタレを付けて焼く直前の段階のうなぎです。

一般的にうなぎというと蒲焼ですが、うなぎ本来の味を味わうなら白焼が一番良いと言われているのです。
そして、うなぎの素材本来の味を楽しむ事ができるのは白焼だという方もいるくらい、「通好み」のようです。

うなぎの白焼きの温め方

それでは、うなぎの白焼きの温め方を紹介します。

電子レンジの場合

急いでいて時間がない場合は、電子レンジで「チン」が一番手軽なやり方です。

・蒲焼と同じようにうなぎの白焼をお皿に乗せて、ラップはしないで電子レンジ(目安 500w)で1分30秒ほど温めましょう。

・表面からプツプツと音がして油が出てきたら完成です。

※機種によって時間には多少違いがあります。
表面からの「プツプツ」という音に注意しましょう。

ただ、「白焼」がうなぎの素材本来の味を楽しむ事ができるとは言っても、このままの状態では少々生臭いと感じる方が多いかもしれません。

オーブンの場合

表面をパリッと仕上げたい場合は、このやり方がおすすめです。

うなぎの白焼きは、サラダ油を薄く塗ったアルミホイルで軽く包み込みオーブンに入れます。

焼き色をつけたい場合は、アルミは下にひく感じで包み込まず、狐色になるくらい温めたら完成です。

フライパンの場合

白焼に日本酒または料理酒等を軽くふりかけ、サラダ油を薄く塗ったアルミホイルに皮が下になるようにのせ、弱火で加熱します。

表面に脂が出てきたら裏返し、身の方も過熱して出来上がりです。

グリルの場合

このグリルで炙ったものが最も香ばしく仕上がるのでおすすめです。

フライパンの時とうなぎのの置き方が逆になります。

白焼に日本酒または料理酒等を軽くふりかけ、サラダ油を薄く塗ったアルミホイルに皮が上になるようにのせ、弱火で炙ります。

表面に脂が出てきたら裏返し、身の方も軽く炙って完成です。

蒸し器の場合

白焼を30秒ほど熱湯に浸して、蒸し器で5分位蒸します。

熱湯に浸すだけでも大丈夫なのですが、蒸すとより柔らかくなります。

さらに中火で身の方を炙り、油分が表面に出てきたら完成です。

 

うなぎの白焼きも美味しいですが、うなぎの蒲焼も捨てがたいですよね。
うなぎの蒲焼の簡単で美味しい温め方
こちらの記事を参考にしてください。
うなぎの美味しい温め方はフラパンやレンジがおすすめ 余ったタレの活用法は?

うなぎ白焼きの美味しい食べ方

あっさりと食べる

最も一般的なうなぎ白焼きの食べ方はわさび醤油です。

このわさび醤油は、白焼きで引き出した素材の美味しさを際立たせ、あっさりと食べる事ができます。

まろやかな味わいは

素材の美味しさをそのままに、さらに美味しく食べることができるのが天然塩です。

天然塩は、まろやかな味わいになります。

その他の食べ方

ひと味違う食べ方は、次の通りです。

ポン酢醤油

もみじおろしポン酢

ポン酢のみで食べるのはおすすめできません。
ポン酢の酸味が強く、白焼きの風味が損なわれてしまうので控えた方がいいでしょう。

しょうが醤油

トマトケッチャプ

「えっ?」と思われるかもしれませんが、トマトケッチャプも意外と合うのです。
ぜひ試してみましょう。

このように、うなぎの白焼きは、蒲焼と違い色々な食べ方ができるので楽しいですね。
少し大人の食べ方になるようです。

うなぎの白焼きと蒲焼のカロリーの違いは?

うなぎの白焼きのカロリーと蒲焼のカロリーはでは、蒲焼の方が高いと思う方が多いのではないでしょうか。

うなぎの蒲焼きの方が甘辛いタレを使っているのだから、当然のように思われがちなのですが、それが違うのです。

ビックリなのですが、実はうなぎの白焼きの方がカロリーが高いのです。

うなぎのカロリー(100あたり)

白焼き=331kcal

蒲焼き=293kcal

「えっ! うそ・・・」と目を耳を疑ってしまいそうです。
ですが、本当なのです。

うなぎの白焼きの方がカロリー少ない理由

うなぎの白焼きのほうがカロリーが少ない理由を紹介します。

白焼きは一度しか焼かないから。」というの理由になります。

蒲焼きは、一度焼いてからさらにタレをつけてもう一度焼きます。
このように、二度焼いていることになりますね。

焼く回数が多くなれば、当然それだけ脂は落ちていくので、蒲焼きの方がカロリーが低いというわけです。

ただ、このカロリー違いはうなぎのみのカロリーです。

蒲焼きは白焼きに比べてカロリーが低いといっても、うな重にしたり、うな丼にすると、お茶碗に入れるよりもご飯が相当多くなるのでそれだけカロリーが上がるということを頭にいれておきましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください
うなぎの栄養と効果はすごいが妊婦には危険?消化と山椒の関係

まとめ

今年の土曜日の丑の日はちょっと大人なの、うなぎの白焼きを食べてみたくなりますね。

ぐっと冷酒がすすみそうです。

とは言っても、子供はあの甘辛にタレがかかっているご飯が好きなので、子供が土用の丑の日を楽しみにしている場合は、毎年恒例の蒲焼きを用意してあげた方がいいかもしれませんね。

さぁー うなぎを食べてこの酷暑を乗り切りましょう。