暑い夏を乗り切りるために土用の丑の日に食べる栄養が豊富な「うなぎ」、家族みんなで味わいたいですが、
うなぎ = スタミナ というイメージの強いうなぎを赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか?

いつからならOKなのでしょう。

小骨も気になります。
アレルギーの心配はあるのでしょうか?

そこで、赤ちゃんや幼児にうなぎを食べさせてい時期、おすすめの食べ方、アレルギーの心配について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんにうなぎを食べさせていいのはいつから?

◯歳までは絶対ダメ、△歳になればOKなどというはっきりした基準はありません。

育児書では?

いくつかの育児書を見てみると、下記のように記載されています。

1歳を過ぎるまでは NO

1歳代(1歳 ~ 2歳まで)NO

離乳食を卒業していたら OK

このように、育児書によって判断基準はいろいろです。

はっきりとした線引きはできないようです。

育児経験者のお母さん達は?

育児経験者のお母さん達も次のようにさまざまです。

1歳を過ぎたから食べさせた。

1歳半を過ぎたから食べさせた。

2歳になるのを待ってから食べさせた。

 

ちなみに、
我が家では、小さな子供にはうなぎは栄養成分が強すぎる感じがして、2歳過ぎてもあの甘いタレをかけた「うなぎのタレかけご飯」を食べさせ、うなぎは与えていませんでした。

 

こちらの記事も参考にしてください
うなぎの栄養と効果はすごいが妊婦には危険?消化と山椒の関係

 

このように、各家庭でも判断基準は異なっています

一般的には

赤ちゃんの場合、離乳食が完了し普通の食べ物が食べられるようになれば、うなぎを食べさせても食べさせて良いようです。

うなぎの身は柔らかいし、栄養の面に関しても問題はないようです。

しかし、噛む力や消化機能がしっかり発達してくる、2才頃からが安心して食べさせることができるでしょう。

うなぎを食べさせる時の注意点

しかし、多くのお母さんも気になっている「うなぎの小骨」については、お母さんがうなぎの小骨を取りきれなかった場合、運悪く赤ちゃんの喉に引っ掛かってしまうと、危険なことになる可能性が十分あります。

赤ちゃんや幼児には「うなぎの小骨」は非常に危険なので注意しましょう。

また、脂分も多いことから消化不良を起こす場合もありますので、噛む力や消化機能も強くなってくる2才頃からの方が心配なく食べさせることができるでしょう。

では、うなぎを食べさせるときの注意点を具体的に紹介します。

◇小骨を取り除きます
1歳を過ぎるまではうなぎを与えるのはNGとか、2歳になるまでうなぎはダメと言われている一番の理由は、「うなぎには小骨が多い」からです。
しっかりカミカミできるようになるまでは、喉にうなぎの小骨が刺さる可能性があるのでしっかり取り除きます

 

◇うなぎを食べた後の興奮
赤ちゃんがうなぎを食べた後に、興奮していないか様子をみます。
うなぎは栄養価が高いので、赤ちゃんや幼児には強すぎる場合があります

全ての赤ちゃんや幼児に当てはまるとは限りませんが、うなぎを食べさせた日の夜に、もしも興奮して寝つきが悪いとか、夜泣きがひどくなったような場合は、うなぎが原因かも知れません。

このような場合はしばらく、うなぎを食べさせることを控えましょう。
もう少し大きくなってからにした方がいいという事ですね。

 

◇味を薄めます
うなぎの蒲焼などはタレがかかっているので、赤ちゃんや幼児には味が少し濃すぎます。
そのまま食べさせるのではなく、味を薄めるようにしましょう。

赤ちゃんや幼児へおすすめのうなぎの食べ方

赤ちゃんや幼児に与える時は、大人と同じようにそのまま食べるのではなく、少しだけ手を加えて食べさせることをおすすめします。

1.うなぎの蒲焼(骨は取り除く)を細かく切り、ご飯にまぶして「うなぎご飯」にしてあたえましょう。
うなぎを小さく切ることで、小さな子供に食べやすくなり、消化を助けることになります。

 

2.うなぎご飯を一口大に分けて「うなぎおむすび」として与えましょう。
赤ちゃんや幼児が手に持って自由に食べることができます。

 

3.濃厚なタレが気になる時は「白焼き」を与えましょう。
さっぱりと醤油などを少量つけて与えるのも良いかもしれません。

 

こちらの記事も参考にしてください
うなぎ白焼きの温め方と美味しい食べ方 蒲焼とのカロリーの違いは?

赤ちゃんや幼児のうなぎのアレルギーの心配は?

子供の食物アレルギーには、卵、牛乳、小麦、魚類(魚卵)などによって引き起こされるアレルギー反応が有名ですが、政府が発表する資料によると、最もアレルギーが起こりやすいとされている27品目(そのうち魚介類は7品目)にうなぎは含まれていません

しかし、うなぎも例外ではありません。

魚介アレルギーは、魚の持っている「パルプアルブミン」という抗原が引き起こすアレルギー症状のことです。

魚介アレルギーの症状

特定の食品を食べた直後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。
これを「口腔アレルギー症候群」と言います。

まれに、下記のような重い症状になる可能性もあります。
嘔吐
下痢
・全身に蕁麻疹
呼吸困難

食後1時間位は赤ちゃんの口周り、お腹の調子や全身に変化が無いか様子を見ましょう。

そして、うなぎ限ったことではありませんが、初めての食品を口にする場合に何か赤ちゃんに変化が生じた時、直ぐに病院を受診できるよう「平日の午前中が良い」と言われていますので、うなぎを赤ちゃんに初めて与える時は、夜ではなく昼間にしましょう。

また、有害物質がエサに含まれている粗悪なエサを食べて養殖されたうなぎに有害物質が蓄積している場合、その有害物質がアレルギー症状を引き起こすことも考えられます。

購入の際は、安心できる産地のうなぎを選ぶことをおすすめします。

 

こちらの記事も参考にしてください
土用の丑の日とはいつ?うなぎを食べる理由とうなぎ以外の食べ物

まとめ

赤ちゃんにうなぎを与える場合は、噛む力や消化機能も強くなってくる2才頃からが良いでしょう。

骨をとる作業は手間がかかりますが、お母さんがその一手間をかけることで家族みんなで楽しくうなぎを食べることができます。

赤ちゃんにうなぎを与えた後1時間位は赤ちゃんの様子を観察して気になる症状が生じた時は、迷わず病院を受診しましょう。

それでは、家族みんなでうなぎを食べて、この暑い夏を元気に乗り越えましょう。