花火大会は夏の代表的なメインイベントです。

赤ちゃんを夏の花火大会に連れて行ってもいいものでしょうか?
いつからなら大丈夫なのでしょう。

お腹にズシンと響く大きな音は、赤ちゃんの耳には大丈夫なのでしょうか?
また、それが原因で夜泣きが始まることはないのでしょうか?

そこで、花火大会に赤ちゃんが行ける時期、打ち上げ花火の大きな打ち上げ音が耳や夜泣きにどのように影響するのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんを花火大会に連れて行っていいのはいつから?

赤ちゃんを花火大会に連れて行っていいのは、子供がある程度親の言うことを聞けるようになる3歳~4歳くらいがいいのではないでしょうか。

子供自身が花火大会に行って楽しめるようになる時期が一番いいのです。

 

人込みの中もみくちゃになりながら、自由を奪われお父さんやお母さんから注意されてばかりでは何一つ面白いことはないでしょう。

また、周りの方々に迷惑をかける心配がなくなる時期というのも大切なことです。

 

まだ離乳食が終わっていない月齢や、自分の思うようにいかないと泣きだしてしまう赤ちゃんのうちは、お父さんやお母さんと一緒に、自宅で手持ち花火をして花火に慣れさせたり、花火大会の会場から離れて音が小さいところで見たりするのがよいでしょう。

赤ちゃんが花火大会を避けた方が理由

では、具体的に赤ちゃんが花火大会を避けた方が良い理由を紹介します。

 

1.花火が打ち上る時の「ヒュルヒュルヒュル・・・ドーン。」の音は、赤ちゃんにとってはただの爆音

花火大会の花火が打ち上る時の音は独特です。
大人でも体中の奥底に「ドーン」と響くほど、インパクトある大きな音です。

それでも大人の場合は、「花火」とはそういうものだ。
その独特な音が花火なんだ。
と分かっているからいいのです。

また、その音がなくては花火を見に来た面白味がないとも言えますね。

しかし赤ちゃんにとって、花火のインパクトあるあの大きな音は、ただの爆音でありストレスになるだけなのです。

 

花火が打ち上げられる度に大声で泣いている赤ちゃんを花火会場で度々見かけます。

あの泣き声は、「あの爆音はストレスなんだよ。聞きたくないよ。静かなところに行きたいよ。」とお父さんやお母さんに必死で訴えているように聞こえてなりません。

 

2.環境が悪く熱中症の危険

花火大会の会場は大変混雑します。

大変な人ごみの中を、時々ベビーカーに赤ちゃんを乗せて移動をしているお父さんやお母さんを見かけますが、この行為は花火大会を楽しむためにいらしている周りの方々み大変迷惑をかけることになります。

周りの方々が優しい方で、赤ちゃんの移動がベビーカーで出来たとしても、赤ちゃん自身はホコリを大量に吸い込むことになります。
また、蚊に刺されたりするのも心配です。

 

それでは、「抱っこひもならいいでしょ。」と思うお父さんやお母さんがいるかもしれません。

抱っこひももおすすめできません。
夏場で大変な人ごみの中で抱っこひもを長時間使用すると、赤ちゃんは暑さで蒸れてしまいます。
定期的に抱っこひもから降ろして、水分補給をしてあげないと熱中症になる危険性があるのです。

 

しかし大変な混雑の中で、そのような場所も気持ちの余裕もないでしょう。
熱中症になってしまってからでは遅いですね。

 

3.おむつ交換と授乳

大変な人ごみの中、赤ちゃんと赤ちゃんの荷物を持って、おむつ交換や授乳の場所を探しまわるのは相当に大変です。

花火大会は屋外です。
周りの人がいる目の前でおむつ交換をするのはマナー違反です。

 

また、人が場所取りでひしめく中で、おむつ交換をするスペースを取れることはまずないでしょう。

そして母乳のみで育てている場合は、授乳する場所がなくて困ってしまうのは目に見えています。

 

このようなことを一つ一つ冷静に考えると、赤ちゃんを喜ばせたいと思うのであれば連れて行く時期は今ではないと、納得していただけるのではないでしょうか。

花火大会の大きな音で赤ちゃんの耳は大丈夫?

花火が打ち上げられる時のあの大きな爆音が原因で、赤ちゃんの鼓膜が破れるようなことはないそうです。

しかし赤ちゃんにとって、あの大きな爆音のストレスは大人が考えている以上に大変なものです。

 

花火が打ち上げられる度に、爆音に驚きびっくりしてその度に大きな声で泣く赤ちゃんは多いと言います。
中には泣きすぎて、ミルクやおっぱい、離乳食などを吐いてしまう赤ちゃんいるようですので、注意が必要です。

 

このように赤ちゃんは、大人が思っている以上に花火の打ち上げられる時の爆音に敏感に反応するので、どうしても花火大会を見に行きたい時は、メイン会場ではなく穴場スポットのような少し離れた場所や、室内の窓越しから見れる場所を探して見ることをおすすめします。

花火大会が原因で赤ちゃんの夜泣きが始まる?

赤ちゃんの夜泣きの原因の一つには、睡眠の乱れや人込みでの刺激などがあります。

この原因は、ピッタリ花火大会に当てはまります

 

花火大会の花火が打ち上げられる時の爆音は、大人にとっても慣れるまでは「ドキッ!」とするくらい体の奥底に響く大音響です。
強い刺激に慣れていない赤ちゃんにとっては、ビックリするどころの話ではないでしょう。

もしかしたら、恐怖にさえ感じているかもしれません。

 

それに真っ暗の中で、キラキラと大きく輝く花火の光は頭の中に強く残ります。

また、赤ちゃんと一緒に花火大会に出かけて行くということは、いつも寝ているはずの時間帯に大勢の人の中で、今まで経験したことのない大音量を聞き、大量の光の刺激にさらされることになるので、花火大会を見に行ったこの事がきっかけで、夜泣きが始まってしまうことは良くあります

 

できるだけ赤ちゃんの夜泣きの原因になることは避けたいですね。

まとめ

赤ちゃんにとって初めての夏、お父さんやお母さんにとっても赤ちゃんと一緒の初めての夏に、花火大会に行って素敵な思い出を作りたいという気持ちはわかりますが、その花火大会が赤ちゃんにとって楽しいものでなく、ストレスそのものであるならばやはり控えた方がいいでしょう。

今年は、自宅で手持ち花火をして花火に慣れさせたり、花火大会のメイン会場から離れて音が小さいところで花火大会を楽しみましょう。

3歳~4歳になって、子供と花火大会を楽しめるようになるまでもう少しの我慢です。