赤ちゃんが成長し活発に活動し始めるころになると、少しづつ伸びてきた髪の毛が気になってくるのではないでしょうか?

母乳やミルクを飲んでいるだけで髪の毛から汗が流れてきたり、ちょっとハイハイしただけなのに髪の毛が濡れているなんて毎度のことです。

薄く量がない赤ちゃんの髪の毛はいつ頃切ったらいいのでしょう。
じっとしていないので美容院や床屋さんで切るのは無理、自宅でどのように切ったらいいのでしょう。
また、赤ちゃんは坊主にした方が良い毛が生えてくるというのはほんとうなのでしょうか?

そこで、赤ちゃんの髪の毛を切る時期と自宅での切り方のコツ、坊主にすると良い髪の毛が生えてくるのかについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんの髪の毛 切る時期はいつ?

大人と違い、少しづつ伸びてきて気になるとはいえ、赤ちゃんの髪の毛は薄くて量がありません。
また、全体が均一に伸びてきているとも限らず、一部のヶ所だけ「ピヨン」と伸びていることも少なくありません。

このような状態の場合、もっと全体がのびてくるまでこのままにしていた方がいいのか、でも、母乳やミルクを飲んだだけでびっちょり濡れている髪や、髪の毛から顔に滴れ落ちている汗を見るともう切ってあげた方がいいのか、赤ちゃんの髪の毛を切る時期で悩んでいるお母さんは多いのではないでしょうか。

では、赤ちゃんの髪の毛を切る時期はいつ頃がいいのでしょう。

赤ちゃんの髪の毛の量や伸びるスピードには個人差があるので、初めて髪を切るタイミングは人それぞれですが、一般的には多くの赤ちゃんが、1歳前後で一度髪の毛をカットすることが多いようです。

赤ちゃんが髪の毛をカットする目安

赤ちゃんが髪の毛をカットする目安を紹介します。

・前髪が目にかかり、赤ちゃんが目をこすることが多くなった時。

・横髪が耳にかかり、赤ちゃんが耳元の毛や耳を頻繁にさわり気にしだすようになった時。

赤ちゃんにこのような様子が見られだしたらそれを基準に、最初のカットのタイミングにするのがおすすめです。

赤ちゃんの髪の毛 切り方のコツ

赤ちゃんの髪の毛を切る方法は、大きく分けて二つです。

美容院または床屋さんで切る方法。
自宅で切る方法。

美容院または床屋さんで切るのと自宅で切るのはどちらがいい?

美容院で切ってもらう場合

美容院で切ってもらう場合は、キレイな仕上がりになるので魅力です。
これは美容院へ連れて行った時、おとなしくカットさせれくれればの話です。

まだおとなしくじっとしている事が出来ない時期でもありますね。
怖がって泣く赤ちゃんや、普段見たこともない人に囲まれるだけで泣き続けてしまう赤ちゃんもいます。

自宅で切る場合

自宅でのカットは赤ちゃん自身がリラックスした状態でいられ、たとえ嫌がって泣いたとしても周りの人たちに気を使う心配がないので、お母さんもお父さんも気が楽でしょう。

ただ、美容院や床屋さんの出来栄えに比べると劣るのは仕方ありませんね。

どちらを選ぶのがベスト?

まずは、お母さんが美容院に予約入れる時、一緒に赤ちゃんのカットの予約を入れ、美容院でカットできるか試してみてください。
これで、カットできたら次も大丈夫です。

その後、お母さんが美容院に行くタイミングで、赤ちゃんの髪の毛が伸びているようなら一緒にカットする習慣が付けば問題ないでしょう。

しかし、嫌がって泣いてカット出来なかった時は、自宅で赤ちゃんの髪の毛をカットしてあげるようにしましょう。
大泣きさせてまで美容院や床屋さんでカットする必要はありません。

私には孫が2人います。
1人は、自宅でわが息子が子供の髪の毛をカットしています。
どーしても美容院に馴染まなかったようです。
現在4歳になりますが、「パパ切って」と孫の方から言ってくるみたいです。

もう1人は、1歳のお誕日の頃からお母さんと一緒に美容んでカットしています。
最初からすんなり問題なくカットさせたようです。

このように、赤ちゃんも色々、無理強いをしないことがいちばんです

自宅で赤ちゃんの髪の毛を切る場合

それでは、自宅で赤ちゃんの髪の毛を切る時の切り方のコツを紹介します。

自宅切るからといっても、赤ちゃんおとなしくしているとは限りません。
不意に動いたりすると危険ですので、慣れるまでカットは2人がかりで行いましょう。

赤ちゃんがじっとしている時間はおおよそ5分です。

手早く切るポイント

この短い時間内で手早く切るポイントを押さえておきましょう。

・お気に入りのビデオやテレビ見て入いる隙にカットしましょう。

・大好きなおもちゃで遊んでいる隙にカットしましょう。

お昼寝している隙にカットしましょう。

お風呂に入っている時にバンボなどのベビーチェアに座らせてカットしましょう。(カット後の髪の毛の掃除がラクというメリットがあります。)

用意するもの

すきバサミ
赤ちゃん用のクシ
掃除機やコロコロ

切り方の手順

次のような順番でカットしていきます。
前髪 → サイドの耳周り(男の子の場合) → 襟足

クシでとかしながら髪の毛を少量ずつ持ち上げて切るのがコツです。

◇前髪

前髪を指ではさみ、中央で1つにまとめ、直角に持ち上げ、まっすぐカットします。

こうすることで、真ん中が一番短くサイドにいくほど長くなり自然な感じにカット出来ます。

◇サイドの耳周り(男の子の場合)

耳の前側と後ろ側に分けて切ります。
耳の前側の髪の毛を指で縦に挟み、前に出しながら耳が出る長さまで切ります。

もみあげは斜めに三角に整えると男の子らしくなります。

後ろ側は指で横に挟み、同じく耳が出る長さまで切ります。
毛先は持ち上げると切りやすいです。
最後に耳にかかる髪の毛を切って形を整えます。

◇襟足

赤ちゃんにおもちゃなどで遊ばせて下を向かせます。

指で髪の毛を挟みながら、根本から引き上げるようにして、ハサミを縦か斜めに入れて、お好みの長さにします。
そして、サイドに向かって丸くつながるようバランスよく切ります。

◇最後仕上げ
クシできれいにとかして、頭の真ん中くらいの高さから、髪の毛を少しずつ直角に持ち上げて、軽くまんべんなくすきバサミを入れます。

この時、ハサミの向きは横向きではなく必ず下向きにします。
最後に前髪にすきバサミを入れて終了です。

赤ちゃんの髪の毛は坊主にすると良い毛が生える?

赤ちゃんの頭を坊主にすれば良い毛が生えてくると言われていますが、これは迷信です。

髪は頭皮から表に出た時点で死んだ細胞です。
死んだ細胞を長く切っても、短く切っても、毛根には何も影響しません。

赤ちゃんの産毛が伸びてくると、短い産毛と現在生えている長い毛との差が大きいです。
だから、赤ちゃんの髪の毛が長い時は、生えてきた短い産毛の存在感が良くわかりません。

しかし坊主にする事によって、生えてきた短い産毛の存在感がはっきり感じることが出来ます。
また、坊主にした後生えてきた髪の毛の切り口が太く見えるのと、全部の髪が同じスピードで生えてくるので、それが髪の毛が増えたように見えるのです。

これは目の錯覚という事なのです。

坊主にすると良い毛が生えるというのは、迷信や錯覚なので赤ちゃんを坊主にすることはあまりおすすめできません。
出来れば季節に関係なく、髪の毛は必要以上に短くしない方が良いのです。

赤ちゃんの髪の毛を短くしない方が良い理由

少なくとも剃るのは衛生上よくありません。
頭皮を傷つけてしまうことになり、汗やばい菌が傷ついたところから入ってしまったら大変です。

また、赤ちゃんは大半を寝て過ごしていますが、この時、摩擦から後頭部を保護するという大きな役割を髪の毛はしています。

生後1年未満の赤ちゃんの後頭部の髪が薄くなっているのをよく見かけるでしょう。
あれこそ髪の毛が、摩擦等から後頭部を保護している証拠です。

その他にも、
・髪の毛が陽射しや紫外線から頭部を保護します。
・転んだり、ひっくり返ったりしたとき髪の毛がクッション代わりになり頭部を保護をします。

このようなことから、
女の子の場合は、切らずにそのまま伸ばした方が、七五三もありアレンジができるので可愛いですね。
男の子は、長くて邪魔になる部分をカットしてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの髪の毛のカットは慣れるまで苦労しますが、初めから上手にできている人なんていません。
何回かやっているうちに上手になれます。
また、赤ちゃんも慣れてくれます。

しっかりコツを覚えて実践してみましょう。
ちょっと失敗しても、髪の毛は伸びてくるので大丈夫です。
不思議とどんな髪型になっても赤ちゃんは愛くるしいですから。