身内に不幸があった年は喪中のはがきを出します。

しかし、喪中はがきを受け取ることはあっても、自分が出す側になるとわからないことばかりですよね。

喪中はがき出すのは何親等までを対象範囲にするものなのでしょうか?
また、誰にいつまでに出したらいいのでしょう。

そこで、喪中はがきを出す対象範囲、出す相手や時期について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

喪中はがきを出す対象範囲は何親等まで?

まず、喪中はがきの持つ意味は、「家族に不幸があったので、新年の年賀状は送りません。」ということを前もって相手に伝えるために送るものです。
年賀状を書かないので届かなくても気を悪くしないで下さい。」と相手に知らせる挨拶状が「喪中はがき」なのです。

単なる挨拶状の習慣なので、「喪中はがき」には定められたルールはありません。

しかし一般的に、自分から見て2親等以内で不幸があった時に出す方が多いようです。

自分を基準とした0親等から3親等まで

自分を基準とした0親等から3親等までをまとめて紹介します。

※通常日本では第3親等までが親族と定められています。

・0親等  夫、妻

・1親等  父母、配偶者の父母、子供(何人目かにかかわらず)、子供の配偶者

・2親等  (自分)兄弟、姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母、孫
(配偶者)兄弟、姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母

・3親等  曽祖父母、曽孫、伯父、伯母、叔父、叔母、甥、姪

 

自分を基準としたまとめからみると、お父さんやお母さん(配偶者の場合も)、子供(子供の配偶者も)でどうしようか迷う方はいないと思いますが、兄弟、姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母、孫が亡くなられた場合にも、喪中はがきは出すのが無難のようです。

 

ただ最近は、配偶者、1親等、2親等の兄弟姉妹までは、ほとんどの方が出すようですが、2親等であっても祖父母の場合は喪中はがきを出さない方も増えてきています。
この時、故人(祖父母)と同居していた場合は喪中はがき出し、同居していない場合は出さないという判断をする方が多いようです。

しかし、故人(祖父母)と同居していなくても、とても可愛がってもらい想いが深い場合はぜひ自分の気持ちを最優先して、決めて欲しいと思います。
それが一番納得できるのではないでしょうか。

 

ここで皆さんが悩みがちになるのが、2親等の配偶者の祖父母や配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者などの「姻族」の場合のようです。

この場合、迷われたときは年長者(この場合は配偶者の父母)に相談するのが一番無難です。

 

喪中はがきは、出さないことでマナーを問われるようなことはあっても、出して失礼に思われることはありません。

喪中はがきは誰に出したらいいの?

喪中はがきを出すことが決まったら、次に喪中はがきの用意となります。

その時に悩むのが、誰に出したらいいのかですね。

ここで、覚えておかなければならないことは、喪中はがきというのは、亡くなったことを知らせるものではないということです。

喪中はがきは、年賀状の欠礼状です。
本来であったら、年賀状などで新年をお祝いするものですが、「身内に不幸があり、喪に服しているので新年の挨拶ができなくてごめんなさい年賀状は失礼させていただきます。」と、事前にお知らせするものです。

 

だから喪中はがきは、毎年年賀状のやりとりをしている方たちや、その年にお世話になった方で、喪中でなければ新年の挨拶をしたかった方に出しましょう。

普段、年賀状を出していない方に、喪中はがきを出す必要はありません

故人が年賀状をやり取りしていた方々にはどうするの?

喪主になった場合、故人が毎年年賀状をやり取りしていた方々には、喪中はがきはどうしたらいいのか迷ったり、悩んでしまう場合が多いようです。

しかし送付の対象になるのは、喪中でなければ新年の挨拶をしたかった方です。
つまり、「遺族が遺族の知人に宛てて送るもの」です。

故人の知人には、会葬のお礼や忌明けのお礼(香典返し)で、喪主としてのご挨拶は済んでいます。

この場合は、とりあえずそのまま何もせずにおき、亡くなったことを知らずに故人に年賀状をくださった方には、お正月の松の内(1月7日)が過ぎた時点で、「◯◯は△△亡くなりました。 すぐにでもお知らせすべきところ、ご通知が遅れて申し訳ありません。 生前はお世話になりありがとうございました。」という内容の「寒中見舞い兼死亡報告」をお出しになることをおすすめします。

相手の方も喪中の場合はどうするの?

相手の方へ喪中はがきをお送りしても構いませんが、お互いに喪中ということを知っているのでしたら、あえて喪中はがきを送らなくても良いでしょう。

もし相手の方から喪中はがきが届いた場合は、お正月の松の内(1月7日)が過ぎた時点で寒中見舞いを送りましょう。

ビジネス上のお付き合いの場合はどうするの??

個人的なことと考え、喪中はがきを出さないケースが多いです。

しかし、ビジネス上のお付き合いであっても故人の葬儀に参列してくださった場合には、喪中はがきは出しましょう

それでも迷われる場合は、上司と相談し決めるのが良いでしょう。

喪中はがきはいつまでに出すのがマナー?

喪中はがきは年賀はがきの代わりに出すようなイメージを持っている方も中にはいるようですが、年賀状を出す時期と同様に考えていてはいけません。

喪中はがきを出すタイミングは重要です。

年賀状の投函受付は、12月15日頃からなので、出来れば11月中に出すのがベストです。

早い人では、12月の初めから年賀状を書き始め早々と受付日に出す方もいます。
人によっては、喪中を知らずに年賀状を出してしまったことをとても気にして謝ってこられる方もいます。

相手の方にそういう余計な気遣いをさせないためにも、先方が年賀状の準備にとりかかる前の、遅くとも12月初旬には届くように出すことをおすすめします。

12月になって自分を基準とした2親等までの方が亡くなった場合は?

12月になって自分を基準とした2親等までの方が亡くなってしまった場合、どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

その場合は、あえて喪中はがきを出さずに、お正月の松の内(1月7日)が過ぎた時点で、「寒中見舞い」として出すのが良いでしょう。

まとめ

「喪中はがき」は単なる挨拶状の習慣なので、定められたルールはありません。
出さなくてマナーを問われるようなことはあっても、出して失礼に思われることはありません。

このことと、自分の気持ちも最優先して、対象範囲を決めて欲しいと思います。

喪中でなければ新年の挨拶をしたかった方に、遅くとも12月初旬、出来るなら11月中には届くように手配をしましょう。

喪中はがきの返事マナーや喪中見舞いの書き方のポイントと文例

喪中はがきが届いて年賀状を出していい?寒中見舞いや喪中見舞いの文例は?

喪中はがきは出すときもですが、届いたときも気を使いますよね。