年賀状って、もしも足りなくなったら大変だからと毎年余分に買う方が多いようです。

引き出しを整理したら今年の年賀状や、まさかまさかの昨年のもの、書き損じ分など結構な毎数になっていて困っていませんか?

このように年賀状の余りや書き損じた年賀状は郵便局で交換してもらい有効活用できます。

そこで、郵便局での交換方法、交換手数料について、また交換せずに年賀状はそのまま使えるのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

年賀状の余りは交換して有効活用

余ってしまった年賀状や書き損じてしまった年賀状は郵便局に持って行き交換してもらいましょう。
これで有効活用できます。

ただ、郵便局の郵便窓口の営業時間内のみでの取り扱いです。
時間外のゆうゆう窓口では扱いしていないので気をつけましょう。

手数料はかかりますが、通常のはがきや切手などに交換してもらえますよ。

余った&書き損じてしまった年賀状が交換できるもの

・通常切手(弔事用切手を含む)
・通常はがき
・往復はがき
・その他の郵便はがき
・郵便書簡(ミニレター)
・特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

このように、はがきだけでなく切手や郵便書簡、特定封筒などにも交換可能です。

そしてまだまだ、嬉しいことがあるんです。

ゆうパックの支払いは切手でもOKって知っていますか?

ゆうパックは切手での支払い可能です。
さらに、切手と現金の併用でも大丈夫なんです。
ただし、コンビニエンスストアで差し出す場合は現金のみでの支払いとなります。

ということで、間接的にゆうパック代金の支払いもできるのです。
やはりそのままにしておいたらだめですね。

なので、年賀状以外はがきなんて使わない、手紙も出さないから交換なんて面倒くさいなんて言わないで、積極的に有効活用しましょうね。

年賀状が交換できないもの

余ってしまった年賀状や書き損じてしまった年賀状は、全ての物に交換できそうに思えてしまいがちですが注意が必要です。

交換できないものを紹介します。

1.昨年発売されて購入した年賀はがき(一昨年以上前も同様)を、今販売している年賀はがき(来年度分)に交換することはできません。

今販売している年賀はがきに交換できるのは、今販売している年賀はがきからのみになります。
この場合の交換は、年賀状の当せん番号が発表されてから、番号確認した後でも遅くないでしょう。

年賀状の余りや、書き損じた年賀状の中に当選番号があったなんてラッキーなことになる可能性もありますから、番号をしっかり確認して交換することをおすすめします。

2.宛先不明で戻ってきた年賀はがきも交換することはできません。

宛先不明で戻ってきた年賀はがきには消印が無いので、配達されたものかどうか分からないように見えます。
しかし、郵便局に集められた際にバーコードで印字され管理されています。

何だか不思議ですよね。
バーコードで印字されているというのに見た目にわからないなんてね。

これは、目には見えない塗料で印刷されて、ブラックライトをあてると浮かび上がる仕組みになっているそうです。

あっ、ディズニーランドの再入場スタンプと同じなのかもですね!

ということなので、宛先不明で戻ってきた年賀はがきそのまま再投函したり、郵便局で交換してもらおうとしてもすぐに分かってしまうのです。

宛先不明で戻ってきた年賀はがきは、住所を再確認できたら62円切手を購入して貼り、宛先不明の表記を消して「再差出」と赤いペンで明記して再投函しましょう。

無駄にせずに、心を込めて書いた年賀状です。
正しい手続きで再差出して相手に届けましょう。

年賀状を交換するときの手数料は?

余った年賀状や書き損じた年賀状を交換して有効活用できることがわかっても、交換手数料がいくらになるのか気になりますよね。

年賀状の場合、交換手数料は1枚あたり5円となります。

はがき以外の物への交換の場合も同じです。

◇例えば、余った年賀状や書き損じた年賀状が10枚あった場合

10枚のはがきと手数料分(10枚 × 5円)50円を用意して郵便局に行けば、
520円切手1枚とも交換できるし、
100円切手5枚 + 10円切手2枚にも交換できます。

ただし、手数料は現金で支払う必要があります。
引き換えてもらう切手から手数料を相殺して交換する事はできません。

1枚あたり5円の手数料で、交換できるならこれは間違いなく郵便局は言った方がいいですね。

年賀状の交換するときの手数料が無料になる場合

年賀状の交換するときの手数料が無料になる場合があります。

それは、年賀状を出そうと思い購入していたけれど、近親者の不幸による服喪のため利用できなくなった場合です。

交換方法

簡易局を除くすべての郵便局で無料交換可能です。

・無料交換期間
手持ちのお年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日までです。(年が明けてしまっては手数料が発生してしまいます)
無料で交換できる期間は決まっているので気をつけましょう。

服喪であることを申し出て、所定の請求書で手続きをします。
窓口の請求書に次の事を記入します。

・請求される方の住所、氏名
・亡くなられた方との続柄等

 

※ちなみに、2017年6月1日(木)から
郵便はがき・定形外郵便物・ゆうメールの料金が変更(値上がり)しましたが、年賀はがき、定形郵便物、交換手数料はそのままで変更になっていません。

年賀はがきは昨年と同様 52円のままです。

ただし、年賀はがきの料金(52円)が適用されるのは、12月15日 ~ 翌月1月7日の間に差し出されるものに限られています。
日本郵便が発行する年賀はがき
・通常はがきの表面に「年賀」と赤く記載したもの

年賀状の余りを交換しないでそのまま使える?

余った年賀状は数枚、いちいち交換にいくのが面倒だし手数料を支払うなんてもったいない。
「年賀状の余りをそのまま使えないのかな?」という方もいるかもしれませんね。

郵便局に交換に行かなくても、余った年賀はがきは普通の郵便はがきとして使えます。

ただし、使用するにあたって1つ注意があります。

『◯◯◯◯ 年賀』と書かれた
「年賀」の部分をボールペン等で二重線で抹消しましょう。

「年賀」と書かれている部分を消しないで投函すると年明けの元日に到着してしまいます。

注意するのは使用する時期です。
できるなら12月から1月、この期間は余った年賀状は使わない方がいいでしょう。

そして、余った年賀状を使うのは、懸賞応募や自分の親兄弟などに限定したほうがいいですね。
それ以外での使用はおすすめできません。

まとめ

余分に買ってしまった年賀状や書き損じた年賀状も、ちょっとの手間と手数料を支払うことで、有効活用できます。

今年の年賀状だけでなく、家で眠っている数年前の年賀状も一気に交換してみませんか?

私は、切手に交換しゆうパックの料金支払いに有効活用しました。