お彼岸中に結婚式を挙げるのは、縁起が悪く非常識なことなのでしょうか。

二人が大切にしている記念日に結婚式を挙げたい。
でもその日が、年に2回のお彼岸に重なってしまったらどうしたら良いのでしょう。

結婚式の招待状はどう書けばいいのでしょう。
お彼岸に送ったり手渡ししていいのでしょうか。

また、お祝い事はタブーなのでしょうか。

そこで、お彼岸に結婚式はOKなのか、招待状やお祝い事について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お彼岸中の結婚式は縁起が悪い?

お彼岸はご先祖様や故人に感謝をし供養をする日本の大切な行事です。

ただ、喪中などのような「仏教的な禁忌事項」というわけではないので、お彼岸に結婚式を挙げることは、「縁起が悪い」とか「非常識」ではないようです。

では、大丈夫なのかと言われると「大丈夫です!」とは言いにくいですね。

 

お彼岸の時期になるとほとんどの方は、お墓参りを予定しているのではないでしょうか。
お彼岸の期間は、浄土をしのび、あの世にいるご先祖様をしのぶ日として定着しています。

お彼岸の期間は7日間ありますが、平日には行けない人が大半を占めていますから、土日の予定を入れているでしょう。

「しきたり」を重んじる高齢の方や、家族もまだまだ大勢もいると思うので、「お彼岸に結婚式を挙げるのは非常識じゃないの?」と思われてしまうかもしれません。

 

やはり、お彼岸中の結婚式は年末年始やお盆などと一緒に考え、余程の事情を除いて避けることをおすすめします。

あなたがた二人と、二人のご両親が気にしないとしても、親族や招待を受けるゲストの中にはお墓参りに行きたいと思う方がいるはずです。

若い人たちは、お彼岸のお墓参りなどあまりピンとこないかもしれませんが、結婚式のゲストは若い人ばかりではないですよね。
年配の親族や会社上司などは、苦言を呈すことはなくても内心で不満を持つかもしれません。

田舎などでは、お彼岸中は親戚の集まりがあったり何かと忙しく、暗黙の了解で避ける風習も残っています。

 

そういう意味でも、ゲストとして招待を受ける側は避けて欲しいと思う方は多いのではないでしょうか。
結婚式では、ゲストへの配慮は必要ですよ。

祝福するために結婚式に出席するのですから、お互いがモヤモヤしないのが一番です。
二人がご夫婦として出発される大切な門出、記念日です。
ちょっとでも気になる要素を残すのは避けましょう。

 

どなたからも祝福される日を選ぶのが良いでしょう。

 

ただし、家族だけの内輪の結婚式ならば変更しなくてもお彼岸中でも良いと思います。

お彼岸に結婚式を挙げる場合の招待状はどうしたらいい?

それでも、すでに予約を入れてしまっていて、変更はしたくない変更できない場合、招待状はどうしたらいいのでしょう。

 

すでに予約を入れてしまっていて、変更が難しく出来なかった旨を招待状に一文書き添えたり、結婚式当日の皆様への挨拶で触れられることをおすすめします。
お彼岸に結婚式を挙げることで、ゲストの方の中には少なからずお彼岸の予定を外して出席くださってる方がいらっしゃるはずです。

 

お彼岸中は避けるべきだと分かっていたのですが・・・」と前置きをし、「この日を選んだ理由」「他にずらせなかった事情」などを簡単に説明し、「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えることがゲストへの配慮になります。

お彼岸に結婚式の招待状を郵送や手渡ししていいの?

招待状をお彼岸中に郵送したり、手渡ししたりするのは控えましょう。

結婚式と同様です。

 

お彼岸は喪中などのような「仏教的な禁忌事項」というわけではありませんが、お彼岸の前、またはお彼岸後に届くよう郵送の手配には注意しましょう。

 

また、一般的に結婚式での上席と言われる方(親戚、勤務先の上司や恩師など)は手渡しするよう言われていますよね。
上席の方々はご高齢や年配な方が多いので、お彼岸中は親などの供養をしている可能性が高いので違和感感じてしまう可能性が多いでしょう。

どうしてもお彼岸中でなければ会うことができないというのであれば、口頭で挨拶だけしておいて、招待状は後日お彼岸が過ぎたら郵送するという旨を伝えるだけにするのが無難ではないでしょうか。

お彼岸の時期う以外で渡せる機会があればそちらを選んだ方がベターです。

 

実際にウエディングプランナーさんに招待状を送る日に我が家の息子が聞いた際、「結婚式の招待状を投函する際は大安などのお日柄の良いを選んでください。と教えて頂いたと言っていました。

やはりこれは、お彼岸や仏滅になどに招待状を出したり受け取ったりすることを、快く良く思わない人もいるという事なのでしょうね。

 

お彼岸にどれくらい重きを置いているかは、その人、その家によっても大きく異なります。
結婚式の時期が迫っていて、どうしてもお彼岸時期に招待状を発送しなければならない事情がある時は、一度両家の両親にも相談しておくと、誤解やトラブルを避けられるかもしれません。

お彼岸に結婚式 その他の祝い事もタブー?

結婚式以外にも、お彼岸とお祝い事との兼ね合いではいろいろ気になることがありますよね。

お彼岸中に家の引越し、車の納車、お宮参り、出産祝い、お見舞いなど、大きな行事やお祝い事をしてはいけないと考えている方が多いようです。

お彼岸には、お墓参りをしますが、「喪中」のように身を慎まなくてはいけない時期ではありません。

 

なので答えは「しても差し支えないのです。」

 

ですが、しても差し支えないのは自分だけで事が済む場合です。
例えば、家の引越し、車の納車、お宮参りなどです。

 

相手の方が関わってくる場合、例えば出産祝いやお見舞いなどでは、自分では気にしなくても、相手の方やその親御さんなどがお彼岸中のお祝いはちょっと・・・と思っているかもしれませんからね。
自分の都合だけでなく、相手の気持ちを考えられる大人になりましょう。

お彼岸中にお祝いをする、しないについては地域によっても異なるようです。
高齢の方や年配者などのしきたりを重んじる方や大事な家族を亡くされた方にとっては、彼岸供養はとても大切なことです。

相手の方が関わってくるお彼岸の祝い事は避けた方が無難です。
別の日に予定しましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
結婚式の余興お願いの仕方 お礼はプレゼントでもいい?金額の相場と渡し方は?

まとめ

お彼岸中に結婚式などのお祝い事をしてはいけないという決まりがあるわけではありません。

ただ、お彼岸はお墓参りをしてご先祖様や故人を供養をするのが一般的ですから、余程の事情がない限り避けることをおすすめします。