秋彼岸や春彼岸にはお墓参りをする習慣がありますが、お彼岸になぜお墓参りをするのでしょう。
「理由はわかっている。」と自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。

お彼岸中、お墓参りにはいつ行くべきなのでしょう。

いけない時はどうしたらいいのでしょう。

そこで、お彼岸にお墓参りする理由といつ行ったらいいのか、行きたくても都合がつかない時の対処はどうしたらいいのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お彼岸とはどういうもの?

仏教はインドから伝わった宗教ですが、仏教が伝来した諸外国の中でも「お彼岸」は日本だけの習慣です。

お彼岸は、彼方の岸(かなたのきし)と書きますが、これは「遥か向こう岸」という意味です。
この遥か向こう岸とは、「あの世」を指します。

つまりあの世とは、「死後の世界」を表す言葉なのです。

それに対して私たちが生きている世界のことを此岸(しがん)と呼びます。
此岸とは煩悩などがある、汚れた世界を表す言葉です。

お彼岸にお墓まいりするのはなぜ?

お彼岸といえばお墓参りですが、なぜお彼岸にお墓参りをするのかその理由を紹介しますね。

お彼岸は正式には「彼岸会(ひがんえ)」と言います。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、お彼岸の時期は冬から春へ、夏から秋へと季節が移り変わる時期でもあり気候も穏やかです。

そして、春彼岸の春分の日頃は種まきの時期で、秋彼岸の秋分の日頃は秋の収穫の時期です。
このようにお彼岸のお墓参りは、日本の四季と農耕文化に大きく関わりがあるのです。

様々な説があると言われています。

一般的には、仏教の開祖であるお釈迦様が中道であることが大切だと説いたことから、一年で昼と夜の長さがちょうど同じになる春分の日と秋分の日にお墓にお参りをするようになったのではないかと言われています。

太陽が真東から上がり真西に沈む日(春分の日と秋分の日)こそが、あの世(死後の世界)とこの世(私たちが生きている世界)が一番近く、最も通じやすくなると考えられているので、お墓に向かいご先祖様を忍び、故人と向き合う日とされているのです。

お彼岸のお墓参りにはいつ行くもの?

お彼岸のお墓参りは、春彼岸は春分の日、秋彼岸は秋分の日と思っている人が多いのではないでしょうか。

春彼岸も、秋彼岸もお彼岸の期間は7日間あります。
結構期間が長いですよね。

春分の日も秋分の日もその年によって変動しますが、春分の日と秋分の日をお彼岸の中日として、その前後3日間(合計7日間)がお彼岸となります。

「えっ! そんなに長いの?」と思った人や、お墓参りは春分の日や秋分の日の祝日(彼岸の中日)に行くものだと思ったという方も多いのではないでしょうか。

春彼岸も秋彼岸もお彼岸(7日間)の期間内であればいつ行ってもOKです。
春分の日や秋分の日の祝日(彼岸の中日)でなくてもいいのです。
また、7日間毎日行く必要もありません

お彼岸の期間中、1日だけお参りに行けばいいのです。

お彼岸の中日にあたる春分の日や秋分の日の祝日に限定されてしまうと、都合がつかなくてお墓参りに行けないなんてこともあり得ますが、1週間と期間が長いのでお墓参りに行きやすいのは嬉しいことですね。

2017年のお彼岸はいつ

春のお彼岸(春彼岸)の時期

3月17日(金)~ 3月23日(木)

・彼岸入り
3月17日(金)
・彼岸の中日(春分の日)
3月20日(月)
・彼岸明け
3月23日(木)

秋のお彼岸(秋彼岸)の時期

9月20日(水)~ 9月26日(火)

・彼岸入り
9月20日(水)
・彼岸の中日(秋分の日)
9月23日(土)
・彼岸明け
9月26日(火)

2018年のお彼岸はいつ

春のお彼岸(春彼岸)の時期

3月18日(日)~ 3月24日(土)

・彼岸入り
3月18日(日)
・彼岸の中日(春分の日)
3月21日(水)
・彼岸明け
3月24日(土)

秋のお彼岸(秋彼岸)の時期

9月20日(木)~ 9月26日(水)

・彼岸入り
9月20日(木)
・彼岸の中日(秋分の日)
9月23日(日)
・彼岸明け
9月26日(水)

2019年のお彼岸はいつ

春のお彼岸(春彼岸)の時期

3月18日(月)~ 3月24日(日)

・彼岸入り
3月18日(月)
・彼岸の中日(春分の日)
3月21日(木)
・彼岸明け
3月24日(日)

秋のお彼岸(秋彼岸)の時期

9月20日(金)~ 9月26日(木)

・彼岸入り
9月20日(金)
・彼岸の中日(秋分の日)
9月23日(月)
・彼岸明け
9月26日(木)

お彼岸中にお墓参りに行けない場合は?

子供の頃はお父さんやお母さんに連れられて家族でお墓お参りをしていたという方が大半ではないでしょうか。

しかし成長し大人になると、実家から離れ生活の拠点が遠方であったり、結婚して親となり子供の行事に参加しなくてはいけなかったりと、お墓参りに行きたくても行くことができないという状況が出てくることもあるでしょう。

「お彼岸にお墓参りにも来ないなんて・・・」という年配の方がいるかもしれませんね。

でも、お墓まいりには行きたいと思っていても、どうしても都合がつかないという場合もあります。

だからもし、お彼岸にお墓参りに行けないという場合には、お彼岸の前でも後でも都合をつけて行ける時にお墓参りに行きましょう。
そして、お彼岸中は今いる場所でご先祖様へお祈りをしましょう。

お彼岸にお墓参りに行ければ、それに越したことはありません。

でも、みなさん自分の生活があるので気に病むことはありません。
ご先祖様や故人を思うその気持は通じていると思います。

無理をして、今のやらなくてはいけないことを犠牲にして駆けつけてもご先祖様や故人はあなたの事を心配してしまうかもしれません。

やはりお墓参りには気持ちに余裕をもって笑顔で行きたいですよね。
そんなあなたを先祖様や故人は待っているのではないでしょうか。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お墓参りに必要な持ち物と仕方 適した時期や時間帯と夕方はダメと言われる理由
お墓参りに適した花の種類 造花でもいいの?値段の相場や購入場所
仏壇にあげるお線香の本数と鐘を鳴らす回数 お墓参りには何本?

まとめ

お彼岸のお墓参りは、若い人や、忙しい人にとってお墓まいりはあまりピンとこない方もいるかもしれません。

でもいつかは、今は元気な親も私たちも此岸から彼岸に行くのは間違いのない事実です。

年に2回、お墓参りをしてご先祖様を忍び故人と向き合ってみましょう。

私たちの背中を見て、子供たちも諸外国にはない日本だけの習慣を次の世代にきちんと継承していってくれたら嬉しいですね。