暑中見舞いを幼稚園の先生から頂いた場合に返事は出すべきなのか、出さなくても大丈夫なものなのか迷っているお母さんは多いのではないでしょうか。

子供と一緒に手作りイラストを書いて暑中見舞いのお返事を作成すれば、字を書けない子供でもOK、先生も喜んでくれるでしょう。

でも、先生への宛名の書き方やお返事の文面をどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、幼稚園の先生から頂いた暑中見舞いに返事は出すべきなのか、手作りイラストのおすすめや宛名の書き方と文例を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

幼稚園の先生から頂いた暑中見舞いに返事は出すべきなの?

最近の幼稚園では円の方針なのでしょうか、先生から在園生に暑中見舞いまたは残暑見舞いを出すところがあるようです。

昔では考えられません。
今は昔と違って子供の人数が圧倒的に少ないから出来る事なのかもしれませんね。

 

そうなると悩むのはお母さんです。

先生がわざわざ暑中見舞いを書いて出してくれたのだからやはり返事は出さないとまずいよなって思いますよね。

でも、正直なところ面倒くさいとも感じるのではないでしょうか。

どちらの気持ちも理解できます。
私もお母さんの立場だったらそう思うからです。

 

でも、やはり返事は出した方が絶対に良いでしょう。

これから卒園するまで先生にはお世話になりますし、子供を気づかって書いてくれたことに「ありがとうございます。」の気持ちを返事で伝えることは大人としてのマナーと考えましょう。

日頃子供が先生にお世話になり感謝している気持ちは思っていてもなかなか伝える機会はないので、ここでご挨拶とお礼を兼ねて子供と一緒に書いて出すことをおすすめします。

 

幼稚園生だとまだ「暑中見舞い」の習慣を理解することはできないでしょう。

でも、先生から自分にお手紙が来たということは理解できるでしょうからきっと大喜びでしょう。

 

「手紙を頂いたら返事を出す。」という習慣を伝え、身に付けさせましょう。

また小さい頃から子供にも、日本の夏には「暑中見舞い」という風習があるということを実際に体験させて伝えるいいチャンスかもしれませんよ。

 

だからお子さん宛に届いたものであれば、お子さん自身に返事を書かせるのがよいでしょう。

「いやいや、うちの子はまだ字が書けないから。」と言うお母さんがいるかもしれませんが、字が書けなくても全然大丈夫です。

 

字を書くのが無理な場合は、マジックやクレヨンなどを使って絵を書いてオリジナルの暑中見舞いをお母さんと一緒に作ればいいのです。

その時はお母さんが子供の一言書き添えてあげましょう。

 

上手く作る必要なんでありません。

頑張って暑中見舞いを作ってくれたということで先生は大喜びすることでしょう。

またお母さんの気持ちにも喜んでくれること間違いありません。

 

直ぐに準備が出来ない事情がある場合、残暑見舞いになってもOKです。

幼稚園の先生からの暑中見舞いの返事は手作りイラストがおすすめ

幼稚園の先生からの暑中見舞いの返事を出す時には、まだ字を書けないお子さんの方が圧倒的に多いでしょうから、お母さんと子供が一緒にイラストを書きましょう。

 

「ダメダメ、私は絵が下手だから。」というお母さんも少なくないんですよね。

わかりますその気持ち。

私も絵はへたっぴですか、手作りのイラストを書くなんての口ですから。

 

しかし、ここでもあまり心配する必要がないので安心してくださいね。

材料は100均で購入できるものを使うのでお金をかける必要はありません。

 

動画を見ながらやれば出来ます、大丈夫、OKです

それでは、参考にする動画を紹介しますね。

 

その1.あさがお

指を使って書くので、年齢が低い子供でも楽しみながら出来るでしょう。

 

その2.あさがお

こちらの朝顔はペンを使ってお母さんが輪郭を書き、その中を子供に塗らせることが出来ますよね。

ぬり絵をする感覚で子供は楽しめることでしょう。

 

その3.すいか

こちらのすいかはちょっと高度そうに見えますが、そんなことありません。

下書きをお母さんがしっかり書いてあげれば、後はお母さんと子供の共同作業で下書きから色がはみ出てもそれが良い味になって完成するでしょう。

年長さんなら一人で塗れるかもしれませんね。

 

 

これらを参考に手づくりイラストを完成させてみましょう。

幼稚園の先生への暑中見舞いの返事 宛名の書き方と文例

幼稚園の先生への暑中見舞いの返事 宛名の書き方

幼稚園の先生に暑中見舞いをだす時の宛名書きのポイントを確認しておきましょう。

幼稚園の住所に先生宛の暑中見舞いをだす時に「御中」を使ってもいいのかしらと思う人もいるようなのですが、この場合に「御中」を使うのは間違いですからくれぐれも注意しましょうね。

 

御中は、「そちらの組織に所属する人ならば、誰でもいいから読んでください。」という意味になってしまいます。

今回は幼稚園からの暑中見舞いではないですよね。
「幼稚園の人なら誰でもいい。」「誰かが読んでくれればいい。」ではありません。

先生個人頂いた暑中見舞いですから、返事の暑中見舞いは先生宛に届くようにしましょう。

担任の先生宛の場合

◯◯幼稚園  △△ △△△ 先生

 

一枚のハガキで2人の先生宛に出す場合

◯◯幼稚園  △△ △△△ 先生
       ☐☐ ☐☐☐ 先生

園長先生に出す場合

◯◯幼稚園   園長 ◇◇ ◇◇ 先生

先生方全員宛に出す場合

◯◯幼稚園  職員御一同様

 

最近は、先生の自宅住所はほとんどの幼稚園が公開していないようです。

だから担任の先生宛の暑中見舞いは幼稚園に送ればOKです。

ただし、暑中見舞いに先生の住所が書いてあるようなら自宅へ返事を送りましょう。

幼稚園の先生への暑中見舞いの返事の文例

あまり難しく考える必要はありませんよ。

お母さんの言葉で書く場合

暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続いておりますが、先生はお変わりなくお過ごしでしょうか。
これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

子供が書く場合

手作りのイラスト作りをしているのですから、出来るだけ短くシンプルにひらがなでOKです。

しょちゅうおみまいもうしあげます。

ぼくはまいにちげんきにあそんでいます。

字を書くことが出来ない子供の場合

手作りのイラスト作りをしているのですから、

暑中お見舞い申し上げます。

と書いた後に

お母さんが一言添えてあげればOKです。

・プールに遊びに行って楽しかったです。

・かき氷たべて美味しかったです。

こんな感じ大丈夫です。

まとめ

暑中見舞いの返事は子供一緒に手紙を書く良い機会です。
大人がイメージする暑中見舞いのように、あまり深く考えずに気楽に書いてみましょう。

子供にとってきっと夏休みの良い思い出になりますよ。
お母さんも子供と一緒に楽しみましょう。

返事が届けば、先生もきっと喜んでくれることでしょう。

暑中見舞い出す時期はいつからいつまで喪中の時は?かもめーるの販売引き換え期間

こちらの記事も参考にしてください。