暖かくなると蜂は元気に活動を開始します。

もしも蜂に刺されたらどのように応急処置をしたらいいのでしょう。

昔、蜂刺されにはアンモニア水が効く、オシッコ(尿)でもいいと聞いたことがありましたが、本当のことなのでしょうか。
また、病院に行く場合は何科に行ったらいいのでしょう。

私たちがどんなに気をつけていても、運悪く蜂に刺されてしまう事は少なくありません。

そこで、蜂に刺された時の応急処置の方法、アンモニア(尿)は効くのか、病院は何科を受診するのかについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

蜂に刺された時の応急処置の方法

蜂に刺された時の応急処置の方法を4つ、具体的に紹介します。

速やかにその場から離れる

蜂に刺されてしまったら、ビックリして騒ぎたくなりますが、大騒ぎせず姿勢を低くして、素早くその場所から離れましょう。
大声を出したり、いきなり走り出したりするのはNGです

目立たないようにそっとその場を離れることが重要です。

野外で刺された場合は、近くに蜂の巣がある可能性が高いので、再度刺されることを回避するためです。

 

蜂は針から警報フェロモンの役割を果たす毒液(興奮物質)をまき散らして、他の蜂を呼び寄せる恐れがあります。
刺された後もその場所にいるということは、とても危険なことなのです。

 

そして、刺した蜂がスズメバチやアシナガバチの場合は、攻撃態勢を整えて何度も襲ってくる可能性があると言われています。
執念深いです。
想像しただけでも怖い「ゾクッ」としちゃいますね。

 

その場所から離れる、これはできるだけ遠くにです。
最低でも20m ~ 30mは離れましょう。

くれぐれも、蜂が寄ってきた時に、手、帽子、バッグなどで振り払うことは威嚇行為になるのでやめましょうね。
蜂に余計な刺激を与えないようにしましょう。。

傷口を洗って針を抜いて毒をしぼり出す

安全な場所逃げてきたら、刺された傷口はなるべく早く(数分以内)流水でしっかり洗い流します。
この処置がとても重要です。

この処置は、蜂に刺された患部をいち早く冷やすので、腫れや痛みが和らぎ蜂の毒を薄める効果があります。

 

ミツバチの針には、根本に毒嚢(どくのう・毒の袋)が残っていて、毒の袋をそのままにしておく体の中にどんどん毒は入り込みます。
傷口に刺さったミツバチの針は早目に毛抜やピンセットで抜きます。
この時、指で針を抜くのはNGです。

誤って毒嚢を押し出してしまったら大変です。
毛抜きやピンセットがない時は、針は横に払って振り落としましょう。

 

その後、傷口の周囲をつまんで圧迫し毒と血を絞り出して、もう一度しっかり洗い流しておきましょう。
この時、口で毒と血を吸い出すのはNGです。
虫歯や歯茎などから毒が侵入し、二次被害を招く可能性があります。

できるなら、専用の毒を絞り出す吸引器を使うのがおすすめです。

傷口に薬を塗る

傷口は、市販の虫刺され用の薬を塗ってケアしましょう。

抗ヒスタミン系成分を含むステロイド系軟膏が良いでしょう。
抗ヒスタミン成分には痒み止めの効果があって、ステロイド成分には炎症やアレルギーを抑える働きがあります。

どの薬を選んでいいのか分からない時は、ドラッグストアーの店頭で、蜂に刺されたと伝え薬を選んでもらいましょう。

傷口を冷やす

傷口に薬を塗ったら、濡れたタオルなどで冷やし安静にしましょう。
その後の自己判断は危険なので、できるだけ早く病院で受診しましょう。

蜂に刺されたときにアンモニア水(尿)は効く?

アンモニア水やアンモニア(尿)が

昔から、「蜂に刺されたときは傷口にアンモニア水やアンモニア(尿)をかけるとが効く」と言われていますが、刺された後の傷口にアンモニア水やアンモニア(尿)をかけて蜂の毒を中和するという民間療法は全く効果はありません。

 

逆に、薄いアンモニア水でも皮膚に塗るとかぶれやすいので気をつけましょう。

またアンモニア(尿)に含まれる雑菌で、皮膚炎を引き起こす恐れがあるのでやめておきましょう。

なぜアンモニア水やアンモニア(尿)は効くと言われていたの?

昔は蜂の毒には強い酸があると考えられていたため、アルカリ性のアンモニア水で中和できると信じられていました。

しかし後になって、蜂の毒の正体はタンパク質であることが判明し、アンモニア水やアンモニア(尿)では中和できないことがわかりました。

 

そもそも、排出したばかりの尿にアンモニアは含まれていません。

時間が経ち、尿素が分解されてアンモニアになるのです。

蜂に刺された時の病院は何科に行く?

応急処置をした後、局所症状のみなら速やかに皮膚科を受診しましょう。

 

しかし、発疹や吐き気、発熱、呼吸困難、めまいなど全身症状が出た場合には、すぐに救急車を呼びましょう。
「体がなんだかおかしい・・・」と感じたら緊急を要します。

最悪意識障害が起こる可能性があるので、本人だけでなく、周りにいる人も体調の変化をしっかり観察してあげましょう。

 

ミツバチなどの小さい蜂の場合は局所症状ですむ事が多いですが、毒性が強いスズメバチなどは「アナフィラキシーショック」になる可能性があります。

蜂に刺された約10%の人がアナフィラキシーショックになり、そのうちの約2%の人は命にかかわるレベルと言われています。
また時間的には、10分 ~ 15分以内にショック症状が始まることが多いようです。

自己判断したり、迷っている時間はありません。

まとめ

気をつけていても蜂に刺されてしまう可能性は少なくありません。
不本意にも刺されてしまった時、ビックリしてどうしていいのかわからないなんて事のない様に、日頃から応急処置の方法は頭に入れておきましょう。

アンモニア水やアンモニア(尿)には何の効果もありません。
逆に、皮膚のかぶれや炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

こちらの記事も参考にしてください。
蜂に刺された時放置しても大丈夫?お風呂やお酒はどうしたらいい?

局所症状のみなら病院は皮膚科に受診し、全身症状が出てきた時には速やかに救急車を呼びましょう。

皮膚科に行くときには、一人で行くにはやめて運転家族や周りの方々に車の運転はお願いしましょう。