白髪を隠すために、必要不可欠な白髪染めは美容院でやるのがいいのか、自宅で気になった時に自分でやった方がいいのか悩んでいる女性は多いですよね。

あっという間に自己主張してくる「白髪」には、鏡を見る度いつもガッガリされっぱなしです。

白髪染めとカラーリングの違いはなんなのか、次の染め直しの期間まではどれくらいが適当なのか、白髪染めについての悩みは尽きません。

そこで、白髪染めをするのは美容院と自分どちらがいいのか、カラーリングとの違い、次染め直し期間までの工夫について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

白髪染めは美容院でやる自分でやる?

白髪染めは美容院がいいのか、自宅で自分でやるのがいいのか、悩んでいる方は多いでしょう。
どちらがいいのか私もその中の一人です。

白髪染めを美容院と自宅でやるメリットとデメリットを比較し紹介します。

白髪染めを美容院でやる場合

メリット

・キレイに仕上がります。
・髪のダメージを極力抑えられます。
・色落ちしにくく色持ちが良いです。
・面倒な準備や後片付けの必要はありません。
・衣服などが汚れる心配はありません。

デメリット

・費用がかかります。(6千円 ~ 1万円が相場)
・時間がかかります。(約2時間位)
・予約が必要になるので、気になってもすぐにできません。

デメリットを補う方法

費用がかかり、時間もかかる、そのデメリットを補う方法を紹介します。

「リタッチ」をうまく利用するのがおすすめです。

※リタッチとは、髪が伸びてきたところだけを染める部分染めです。
うまく利用すれば、費用も所要時間も抑えられます。

白髪染めを自分でやる場合

メリット

・手軽な費用でできます。
・短時間でできます。
・気になったら直ぐに、自分の都合の良い時にできます。

デメリット

・染め残しや染めムラが出てしまう可能性があります。
・髪がダメージを受けやすいです。
・色落ちしやすいです。
・面倒な準備や後片付けが必要です。
・床や衣服などが汚れる可能性があります。

デメリットを補う方法

髪がダメージを受けやすい、色落ちしやすい、そのデメリットを補う方法を紹介します。

自分の髪にあった染毛剤を選びましょう。
化学染料を使用していないものや、ヘアマニキュアタイプのものを選べば髪へのダメージは抑えられます。

美容院と自分 おすすめはどちら?

人それぞれ条件が違うので、一概にこちらがいいと言えません。
自分はどちらの条件に当てはまるのか確認してみましょう。

美容院が向いている人は

白髪染めを美容院でやるのに向いているのは次のような人です。

白髪が多い人。
髪の毛が長い人。(自分で染めることが難しく、染め残しや染めムラが出やすいためです。)
パーマをかけている人(更にダメージを与えないためです。)

自分が向いている人

白髪染めを自分でやるのに向いているのは次のような人です。

白髪が少ない人。
髪の毛が短い人。(染め残しや染めムラが出ても目立ちにくいです。)
生え際だけ染めたい人。

白髪染めとカラーリングの違いは?

白髪染めとカラーリングの違いを紹介します。

白髪染めも、普通のヘアカラーも基本的にはどちらもヘアカラーには変わりありません。
どちらも、アルカリ剤でキューティクルを開いて、髪を脱色してから染毛する基本的なメカニズムは同じです。

ただ、白髪染めは白髪を染めやすいように、普通のヘアカラーは黒髪を染めやすいように染料の仕方や染料剤の配合濃度を変えてあります。

白髪染めとは

白髪染めは当たり前ですが、白髪を染めるために作られています。

「白髪用」に作られているので、通常のヘアカラーを使って染めるよりも白髪が目立たなくキレイに染まります。

白髪だけでなく黒い髪の毛も同じ色に染めるので、違和感がなく見た目も自然な感じに仕上がります。

元々メラニン色素が抜けている白髪のところに染毛するので、ブリーチ剤は普通のヘアカラーのように多く配合されていません。
しかし、白髪も黒髪も均等に染めるために染料の配合濃度が高く、染毛力が非常に高いです。

メリット

普通のヘアカラーよりも白髪染めの方がカラーが浸透しやすいです。

デメリット

染色から時間が経過すると色が抜けやすいです。

普通のヘアカラーとは

普通のヘアカラーはおしゃれの為に、黒髪を染めるために作られているので、「おしゃれ染め」とも呼ばれています。
「黒髪用」なので、白髪にはキレイに色が入りません

明るい色を選ぶほど、毛髪内のメラニンをブリーチ剤でたくさん脱色し髪の毛を染色します。
ブリーチ剤にはメラニン色素を除去するための過酸化水素水が入っていて、この過酸化水素水は髪の色を抜くのと同時にキューティクルをはがしてしまいます。

メリット

明るい色に染めることができるので、軽やかな雰囲気になります。

好きな色に染めることができます。

デメリット

髪の毛を痛みやすいです。

白髪染めと普通のヘアカラーは別物

染毛力が強いのが「白髪染め」
・脱色させるブリーチ剤が強力なのが「普通のヘアカラー」

一見同じように思える白髪染めと普通のヘアカラーですが、全くの別物なのです。

ただ、普通のヘアカラーは白髪には全く使えないのか、というとそうではありません。
白髪の数が少なくチラホラある程度なら、普通のヘアカラーで染めても白髪は目立たなくすることはできます。

白髪の数が多くはっきりと目立つ場合は、普通のヘアカラーでは仕上がりに違和感が出てしまいます。
白髪染めを使ったほうが自然な髪色になり、仕上がりがキレイです。

白髪染めと普通のヘアカラーの髪へのダメージは

一般的には普通のヘアカラーよりも白髪染めの方が傷みやすいです。

白髪染めは色素のない髪に色を入れるだけなので傷みが少ないように思われがちですが、普通のヘアカラーよりも傷みやすいのはどうしてなのか理由を紹介します。

白髪染めも普通のヘアカラーと同じに頭皮や髪の毛に負担はかかります。

また、普通のヘアカラーは、傷みが気になった時には一時中断することもできますが、白髪染めの場合はそうはいきません。
白髪が目立たないようにするために染めているのですから中断はできませんね。

白髪が伸びる度に使用し染める頻度が多くなる分、一般的には普通のヘアカラーよりも傷みやすいのです。

白髪染めの染め直し期間はどれくらい?

一般的に白髪染めの場合、全体の約60%の人が1カ月に1度染め直しをしているようです。

残りの約40%の人は、1カ月半 ~ 2カ月に1度くらいが目安のようです。

そして、リタッチを3 ~ 4回やった後に全部を染めると経済的にも楽と言われています。

しかし、白髪をしっかりキレイに染めても、2週間経つとすでに根元はうっすら白髪が顔を出し始め、3週間経つともうアウト状態で我慢できなくなるのが現状です。
だからといって、頻繁に染めていてはお金も時間もかかり、髪へのダメージも心配になりますね。

次の染め直しまでの期間に行う工夫と対処の仕方

そこで、染め直しまでの期間の工夫と対処の仕方を紹介します。

ヘアカラートリートメントを使用する

美容院へ3週間 ~ 1ヶ月に1度、白髪を染めに行くのは費用の負担は大きいです。

また、頻繁に白髪を染めると頭皮と髪のダメージも気になりますよね。

何より髪の痛みが酷いと白髪は染まっていても、年齢より老けて見えてしまいます。
やはり髪に艶は必要です。

私の場合、白髪染めとカットで1回約1万円でした。
ここにパーマやトリートメントなんていったらいくらかかるのか、想像しただけでも怖く実際かなりきつかったです。
でも、キレイになっていたいのが女性、ホントに複雑な心境です。

そこで、白髪染めの代わりになるヘアカラートリートメントを使用してもみましょう。

自宅で簡単に染められるので、美容院へ行く期間が長くなり、美容院に費やしていた時間を有効活用できます。

白髪の部分隠しを使用する

白髪の部分隠しを使用して、次の白髪染めまでしのぎ、期間を長くしましょう。

この白髪の部分隠しには、ブラシタイプ、マスカラタイプ、口紅タイプ、ファンデーションタイプ、スティクタイプ、マーカータイプなど色々あります。

コンパクトなので、自宅に1本、バッグの中にも1本、常備しておくと外出先や仕事先でふと白髪に気づいたときに、トイレでサッと塗ることができるので安心です。

ちなみに、私もクシ付きのマーカータイプ使っています。
外出時、化粧直しの時に生え際やつむじ部分が常に気になって点検しています。
うわッ!そんなときに、サッと塗って白い部分を隠すことができるので頼りにしてます。

安い美容院でリタッチのみする

いつもの美容院とは別に、安い美容院を探してリタッチのみしてもらうのも一つの方法です。

メインの美容院と、リタッチ専用の美容院を使いわけるということです。

白髪が目だたない髪型、ターバンを使う

前髪を作って分け目をつけない、白髪が目だたない髪型にしてみることをおすすめします。

また、こめかみのあたりがむき出しにならない髪型もいいですね。

ボブなどは比較的目立ちにくいです。

◇私の場合◇
目立たない髪型にプラスして、ターバンを使用するのが私の今のマイブームです。

自分でいうのもなんですが、オシャレでカッコよく、白髪はすっぽり隠れます。
今まで2 ~ 3週間に1度、美容院に行っていたのですが4週間は大丈夫です。

白髪が目だたない髪型 + 白髪部分隠し + ターバン = 最強です。

まとめ

白髪とはこれから長ーく付き合っていかなくてはならないので、鏡を見て、イライラしたり悩んだりしても仕方ありません。

いつまでも若々しくキレイでいるために、色々試してみて、自分生活サイクルに合うのはどれかを見つけましょう。

⇒ 白髪が目立たないカラーの色や髪型は?パーマスタイルは効果ある?

こちらも読んで参考にしてください。