髪にパーマをかけてイメージチェンジをしたいけれど、パーマがかかり過ぎてしまうことがあるので意外に勇気がいります。

髪型を変えて素敵になりたくて色々イメージを膨らませてパーマをかけたのに、仕上がり具合を見てパーマが強くかかりすぎていたらもうどうしていいのかつらくなってしまいますね。

美容院では何も言えず家に帰って来てしまったけれど、美容院でお直してもらえるのでしょうか?
または自分でパーマを落とす方法はあるのでしょうか?
パーマが自然と取れてくるのを待つ間、何か良い方法はあるのでしょうか?

そこで、パーマがかかりすぎた場合に美容院で直して貰えるのか、自分で落とす方法と自然と取れてくるのを待つ間アレンジ乗り切る方法について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

パーマがかかりすぎた時は美容院で直してもらえる?

イメージチェンジをして素敵になりたくてパーマをかけたのに、仕上がってみたらかかりすぎていて、泣きたくなるほど落ち込むことがあります。

その場では何も言えなくて、家に帰って鏡に映った髪の毛を見て「もう、がっかり・・・ どうしたらいいのよ!」と大声を出したい気分になる人は少なくないでしょう。

気を取り直して、シャンプーしてみたら余計にクルンクルンとカールしてしまうし、ブラシでとかそうものなら、毛先がばっさばさ。
もうこうなると、高いお金をかけてキレイになりたくて美容院でかけたパーマなのにつらいですね。

パーマは最初の3日で安定すると言われているので、その間シャンプーをする事でパーマがゆるくなる可能性もあるので、3日ほど様子を見てみましょう。

3日を過ぎるとパーマが安定して自然にはとれにくくなってくるので、3日間様子を見てもそれでも強くかかり過ぎている場合は迷わず美容室でお直ししてもらいましょう。

美容院によって多少の違いはあるかもしれませんが、保証期間が1週間位あるはずです。
保証期間はポイントカードの裏面に記載があったりしますので確認しましょう。
記載がない場合は電話で問い合わせましょう。

この時、「他の美容院でやり直ししてもらおうかな?」と思う人がいるかもしれませんね。
美容院にお直ししてくださいとは言いづらいのはわかります。
けれど、パーマをかけた美容室にお直しとしてもう一度行く、これが一番間違いのない方法だと思います。

他の美容院でやり直したらお金が掛かります。
せっかく高いお金を払ってパーマをかけたのですから、無料で直させないと損です。

お直しに期間が過ぎてしまっては元も子もないので、早めに電話連絡しましょう。

パーマをお直ししてとは言いづらい

「パーマのお直しをしてください。」と美容室に言いづらいと悩んでいる人がいたら、安心してください。

大丈夫です。
美容師さんはお直しすることに慣れています。

直接お店に行くのは控えて、まずは電話で今の状況を担当の美容師さんに伝えましょう。

◯◯日にパーマをかけた△△ですが、強くかかりすぎていて自分でスタイリングがでいないのですが・・・
こんな感じにやんわりと美容師さんに伝えれば、ほとんどの美容室では、「では、やり直しましょう。」と言ってくれます。

やはり、ストレート直して欲しいとは言いにくいですから、あくまでもやんわりと伝えるのがおすすめです。

 

実は私もこの、パーマのかかりすぎの経験をしています。
いつも行っている美容院だったので「直してください」とはさすがに言えませんでした。
でもどうしても我慢できなかったんです。

私がとった行動は、
パーマをかけた後3日間は様子を見ながら我慢して、4日目にお金をもう一度支払うのを覚悟で、通常通り予約のTELを入れました。

この時、担当の美容師さんはすぐに察してくれました。
もしかして、自分でスタイリングできないですか? やり直すからきてください。」このように美容師さんが言ってくれました。
美容師さんはわかっていたんだと思いました。

今回はちょっと強くかかりすぎたかもと・・・

お直しに行った時、美容師さんが言っていたことは、次のようなことでした。

お客さんが気にいる髪型を作って、お金をいただくのが仕事だから、不満があったら言ってください。
何も言わないで来てくれなくなるほうが、かえってつらいです。困ります。

 

ただ、パーマのお直しは、髪にとって負担がかかることと承知しておかないといけません。

美容師さんとの相談になりますが、髪の毛が短くなってもOKならば、毛先をカットするというのも一つの方法です。
毛先を切ることでパーマのかかりが気にならなくなるということです。

パーマが弱くなるわけではありませんが、髪の毛を切れば切るほどパーマの部分はなくなっていくので、パーマの失敗をしたとき髪の毛に負担を与えない対処としては現実的です。

そもそもヘアスタイルが間違っていて、パーマが似合っていないことがパーマがかかりすぎたとみえているのかもしれません

担当の美容師さんとしっかり相談して、納得のいくようお直ししてもらってください。

パーマのかかりすぎを自分で落とす方法はあるの?

美容院にやんわりと言えども、「お直しして下さい」とは言いにくい。
もう、あの美容院には行きたくない。
もう一度高いお金を払って他の美容室に行くことが出来ない。

このような時、自分でパーマを落とす方法はあるのでしょうか?

パーマがかかりすぎたのを落とすのに次のような方法があると言われています。

パーマをかけた当日に髪を洗う

パーマをかけた後すぐは、髪の毛に薬剤の浸透が不安定な状態なので、「失敗した。」と思ったら、その日のうちにシャンプーしましょう。

トリートメントした状態で髪をとかす

トリートメントは髪の内部に浸透して、組織を直す働きがあります。
シャンプー後、洗い流さないタイプのトリートメントを髪の中間から毛先にたっぷりつけて、髪を保護し目の粗いコームで、ストレートになるようにまっすぐ髪をとかします。

ドライヤー、ヘアアイロンでブローする

コームでとかした後、ドライヤー、ヘアアイロンでストレートになるようブローします。

ブローでパーマを伸ばすコツは、髪が半乾きの時に手ぐしまたはブラシを使って引っぱりながら乾かすことです。

◇手ぐしの場合
髪の毛を引っぱりながら乾かして、毛先をぴんと引っぱったままドライヤーの熱を冷風で冷やします。。

◇ブラシの場合
ブラシを髪の毛に当てたまま冷風で冷やします。

パーマ剤を買い自宅でかけなおす

市販のパーマ液を購入して、パーマの1液をパーマがかかっているところに塗り、指定の時間おいたら2液をつけて流すとウエーブがゆるくなります。

しかし、あまりおすすめしません。
髪の状態を見極めて放置時間やストレートに伸ばし加減を調整しなければいけないのでかなり難しいです。

ヘアカラーをしてみる

パーマをかけた後、ヘアーカラーをするとウエーブがとれやすくなると言われていますので試してみましょう。
こちらも髪の毛の傷みは気になります。

パーマのかかりすぎをアレンジで乗り切るには

パーマは次第に必ずとれてきます。
遅くとも半年後取れているでしょう。

クルンクルン、バッサバサが永遠に続くものではありません。

それだったら、今のパーマがかかりすぎた髪型のままでアレンジして乗り切るというのも一つの方法です。

クルンクルンのパーマをかけた髪は、アレンジするのに向いているのです。

ポニーテール三つ編み編み込みお団子もおすすめです。

ヘアーターバンをするとグッと個性的でおしゃれです。

可愛い色ゴムやシュシュを使ったり、ヘアピンヘアクリップを活用するのも女子力アップになりますね。

まとめ

思っていたイメージと違い、強くパーマがかかってしまった髪型を鏡で見るのは、とっても落ち込んでしまいますが、そのまま鏡を見ていても何も変わりません。

自分で頑張ってみる方法もありますが、この場合「判断は早くに」がポイントです。
時間が経ってしまったらアウトです。

私の経験からおすすめするのは「美容院でお直ししてもらう」ことです。

1週間以内に美容室に電話連絡し、もう一度美容師さんと相談してなるべく髪の毛にダメージを与えないように修正してもらうのが一番よい方法なのではないでしょうか。

パーマは白髪を目だだなくするにも一役買ってくれます。

⇒ 白髪が目立たないカラーの色や髪型は?パーマスタイルは効果ある?

髪のお手入れは女性にとって大切ですよね。