蜂はなぜ私たち人間を攻撃してくるのでしょう。
もしかして、蜂の攻撃対象として狙われやすい色があるのでしょうか?

蜂に刺されないためにはどうしたら良いのでしょう。

そこで、蜂が人間を攻撃する理由、狙われやすい色、刺されないための服装対策について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

蜂が人間を攻撃する理由

蜂が人間を攻撃してくる時は、自分たちの巣が人間によって危険にさらされていると感じた時だけです。

しかし、蜂に刺された人みんながみんな、必ずしも蜂の巣を攻撃する意思をもっているとは限らないですね。
だから、何もしていないのに蜂に刺されたという人が多いのです。

蜂の巣がある木の枝を知らないうちに揺らしてしまった場合、その振動が蜂の巣を刺激してしまったら、蜂側にしてみたら人間が自分たちの巣に対して攻撃してきたとみなして、直接的か間接的かに関わらず防衛のために人間に襲いかかってくるのです。

スズメバチは攻撃行動を取る前に、羽音を立てながら人間(敵)の周囲を飛び回り、大あごをかみ合わせて「カチカチ」という音を立て威嚇してきます。

 

ちなみに、
ツバチの針には返しがあって、いったん針を刺すと毒嚢ごと針が蜂の身体から外れてしまうので、その蜂は敵を攻撃すると息絶えて死んでしまいます
ミツバチにとって「攻撃」は、最期に残された防衛手段なんです。
「だったら、お願い刺さないでー!」と叫びたいですね。

しかし、スズメバチの針には返しがないので、人を刺しても針が蜂の身体から抜けることはなく,毒のある限り何度でも刺すことができるのです。

やはりスズメバチは恐ろしいですね。
蜂の巣を見つけたら絶対に近づかないことです。
それしかありません。

スズメバチを頻繁に見かけるような場合、その場所の近くに必ずスズメバチの巣があるはずです。
間違いありません。
近づいたらいけませんよ。

スズメバチが一匹でゆっくりと飛んでいるときに、追い払おうと手出しをするとスズメバチが興奮して刺されることがあります。
ゆっくり飛んでいるときは、餌を探している場合が多いのです。

黙って放っておけば、やがてどこかに飛び去っていきます。
気になっても見て見ぬふりをすることです。

蜂を近づかせる要因

人間(自分)に蜂を近づかせる要因はどのようなものなのか紹介します。

★蜂にとって水はとても貴重な生命線です。
汗を大量にかいて水分を体中にまとっているような状態の時、蜂を近づかせる要因になります。
水辺やプールなどにも蜂は寄ってくる習性があります。

★知らないうちに巣を壊している。
わかりにくい場所にある巣を、無意識に踏みつけたり壊したりしないようにしましょう。
蜂が攻撃してきたら近くに巣がないか確認しましょう。

★アウトドアでスズメバチを引き寄せる食材がある。
・蜂は幼虫のエサにするために、タンパク質の多い生肉や魚介類に近づいてきます。
キャンプなどでは食材はクーラーボックスなどにしっかり保管し、出しっぱなしにすることのないようにしましょう。

匂いを感知して攻撃するという習性
蜂には匂いを感知して攻撃するという習性があります。
香りの強い香水ヘアスプレーなどをつけていると危険です。

香りを体に吹きかけていると、ちょっと遠い距離であっても、人間が自分たち(蜂)の巣に近付いていると判断して、香りの強い人間は攻撃対象になってしまう可能性があります。
アウトドアの時のおしゃれは、服装だけ(色には注意)にして、香水やヘアスプレーはつけないようにしましょう。

⇒ 香水の種類パルファム・トワレ・コロンの違いとつける場所や持続時間は?

参考にしてください。

蜂に狙われやすい色は?

蜂に狙われる色は何と地味な黒色です。

アウトドアで遊びに行く時に、蜂に狙われやすい黒は要注意です。
全身黒でトータルコーディネートなどしていたら危険ですね。

 

基本的に蜂は、世界が白黒に見えていると言われています。(ミツバチだけは6色を判別出来るという実験結果もあるようです)
何色というよりも、色の明るさが重要のようです。

 

逆に、蜂に攻撃を受けにくい色は白色です。
どうりで、蜂の駆除をする業者の作業服は白色を採用していたんですね。

黒以外で避けたい色

黒色の他に、避けた方が良い色を紹介します。

茶色
赤色
青色 など

このような、色の濃いものは避けることをおすすめします。

蜂に刺されないための服装対策

先ほどもお伝えしましたが、攻撃されにくい色は白色です。
だからと言って、ズボンも白Tシャツも白、帽子も白がいいのかもしれませんが、全身白では明らかに怪しい人になってしまいます。

ということで、黒色のものを避けましょう。
そして、出来るだけ明るい色の服装を心がけて着用しましょう。

ここで一番気をつけたいのが髪の毛(黒色)です。

特に怖いのが、髪の毛を近くの顔が狙われ蜂の攻撃の的になることです。
そこで、重要なのは帽子で髪の毛を隠す事です。

帽子を被るのは、紫外線防止だけではありません。
蜂の攻撃から身を守るという意味もあるのです。

香り

前述している通り、匂いを感知して攻撃するという習性があるので、香りの強い香水やヘアスプレーなどをつけていると危険です。

アウトドアの時のおしゃれは、服装だけ(色には注意)にして、香水やヘアスプレーはつけないようにしましょう。

まとめ

蜂は自分たちの生命を守るために、防衛の手段として攻撃してきます。
私たち人間が蜂に危害を加えなければ、蜂も私たちを攻撃してくる事はないようです。

蜂が飛んでいる側には絶対近づかない、飛んでいる蜂を見つけても見て見ぬふりをすることが重要です。

自然の中で楽しむアウトドアの時は、暗い色や濃い色の洋服はさけて、明るい色の洋服を身につけ防止で髪の毛を隠しましょう。

必要以上にビクビクしないで、正しい知識を持って蜂と向き合いましょうね。

⇒ 蜂に刺されたら応急処置にアンモニア(尿)は効く?病院は何科がいい?

参考にしてください。