故人が亡くなって初めて迎えるお彼岸を初彼岸と言います。

初彼岸に訪問しお参りをさせて頂く時、どんな服装で行くのがいいのでしょう。

そして、どのように挨拶したらいいのでしょう。

また、香典やお供え物の金額の相場はいくらくらいなのでしょう。

そこで初彼岸の訪問時のマナーや、香典やお供え物の相場について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初彼岸に訪問する時の服装

「初彼岸てなに? 聞いたことない。」という若い方は多いようです。

まずは、初彼岸とはなにかを知っておきましょう。

初彼岸とは

初彼岸とは、故人が亡くなって初めて迎えるお彼岸のことです。

初彼岸は、故人が初めて悟りの世界、極楽浄土に行くと言われています。

年に2回、春と秋の春分の日と秋分の日の前後三日間を合わせた七日間です。

だだし、故人が亡くなって四十九日を終えていることが前提です。
亡くなられて四十九日前に迎えるお彼岸は、初彼岸にはなりません。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お彼岸にお墓参りするのはなぜ?いつ行くもので行けない時は?

 

初彼岸は、仏壇やお墓の墓石や周りを掃除して、初めて迎えるお彼岸なので普段よりお供えを豪華にして家族で集まって手を合わせます。

このように初盆と違い、特別なことをしなければならないということではなく、家族や近しい人だけで行うのが一般的です。

これは、お盆は法事の一種ですが、お彼岸は本来は仏教とはまったく関係がないものだったからです。

生活の中でいろんな時期や季節を表すもの総称して雑節(ざっせつ)といいますが、お彼岸とはその雑節の一つなので、初彼岸でも普通のお彼岸と同じことをするのが一般的ということなんですね。

※雑節には、節分、八十八夜、半夏至、土用 などがあります。

訪問時の服装は?

初盆とは少し違うという初彼岸。

ますます初彼岸を迎えるお宅を訪問する時の服装はどうしたらいいのか悩んでしましますよね。

一般的には、お彼岸の服装は平服、普通の服装で大丈夫です。

しかし、普通の服装でOKといっても注意しなくてはいけませんよ。

秋彼岸の場合はまだまだ残暑が厳しい9月です。
暑いからと短パンやTシャツ、素足にサンダルといった軽装は控えましょう。

春彼岸の場合はだんだん暖かくなってくる3月です。
おしゃれを楽しみたい季節とはいえ、あまりにも華美なものは控えましょう。

男性でしたら、落ち着いた色のシャツにズボン、女性でしたら、落ち着いた色のブラウスにスカートやワンピースなどが無難で間違いないでしょう。

ただ、場合によっては初彼岸の法要を行うご家庭もあるようなので、法要に参加する場合は平服、普通の服装ではNGです。
礼服を着用するのがマナーとなっています。

初彼岸に訪問した時の挨拶は?

電話をしてから訪問しましょう

訪問時の挨拶を考えるその前にまずは、お彼岸は7日間あるので、訪問する時は必ず相手の方のご都合を聞くために、「初彼岸にお参りさせていただきたいのですが、◯◯日の◯◯時頃のご予定はいかがでしょうか?」電話を入れましょう。

この時、お昼時や夕方など相手の方に気を使わせてしまう時間帯は避けましょう。

 

ちなみに、
私の父の初彼岸の時、中日に母とお墓参りに行って家を留守にしていた時のことです。
お客さまがお参りにいらしてくれたのですが、留守だったため故人にお線香もあげらず帰って行かれたことがあります。
お花が玄関に置いてあったのですがメッセージがなく、その後電話もなかったので20年以上経った今も誰がいらしてくれたのかわかりません。

 

せっかくお参りにいったのに留守だったりしたら悲しいですよね。
このようなことにならないためにも、訪問する時には連絡入れましょう。

挨拶はシンプルでOK

まずは、お宅に行き玄関で、「◯◯です。 本日は初彼岸のお参りをさせてください。」でいいでしょう。

 

仏間に案内されるでしょうから、「お線香をあげさせていただきます。」と言って、持参した香典やお供え物を仏壇にお供えしましょう。

 

または、仏間に案内され軽く挨拶を交わしている時に香典やお供え物を家の方に渡した後、「お線香をあげさせていただきます。」いって仏壇にお線香をあげるのもいいでしょう。

 

その辺は臨機応変で大丈夫です。

お線香をあげた後は、少しお話したら早めにおいとましましょう。
初彼岸はたくさんの方がお線香をあげに来るでしょうから、長居は相手の方に迷惑になりますよ。

お参りに行けない時

初彼岸 香典やお供え物の金額の相場は?

一般的に香典やお供え物の金額の相場は、3,000円 ~ 5,000円です。

香典としてお金を包んでも、お供え物として品物にしてもどちらか一方で大丈夫です。

 

ただ地域によっては、香典とお供え物の両方を持って行くというところもありますので、実家の関係だったらお母さんに、嫁ぎ先の関係であったら義母に確認したほうがまちがいありません。

両方であっても、香典やお供え物の金額の相場は変わりません。

香典としてお金を包む場合

香典としてお金を包む場合は、黒白、双銀、または黄白の結び切りの不祝儀袋を用意します。

表書きは、「御仏前」とします。
下に自分の名前を書きましょう。

お供え物のして品物の場合

品物の場合は、黒白、双銀、または黄白の結び切りののしをかけます。

表書きは、「御供」とします。
下に自分の名前を書きましょう。

一般的に、お供え物は果物、お菓子、お線香、などが良いとされていますが、家族の人数が少ない場合は食べ物では残ってしまうので、おすすめはお線香です。

まとめ

お彼岸がきても初彼岸になるとは限りません。
四十九日過ぎているかどうか、確認しましょう。

服装は普通の服装でOKです。
しかし、パンやTシャツ、素足にサンダルといった軽装や、あまりにも華美なものは控えます。

挨拶はシンプルに、「◯◯です。 本日は初彼岸のお参りをさせてください。」「お線香をあげさせていただきます。」で大丈夫ですよ。

香典やお供え物の金額の相場は、3,000円 ~ 5,000円です。