金柑(きんかん)は皮ごと生で食べれるし甘露煮にしてOK、皮の部分にはビタミンCやカルシウムなどたくさんの栄養成分を含んでいて、免疫力を高める効果も期待できます。

見たた目はまるでミカンを小さくしたような形や色をしているかわいらしい金柑ですが、頼りがいのあるいい事づくめの果物です。

「だったら金柑を自宅で育ててみたい。」と思う方も多いのではないでしょうか。

でも、いつ植えたらいいのか、どんな種類がいいのか、簡単に家庭で育てる事ができるのか不安ですよね。

そこで、家庭で金柑の苗を植える時期、食用に向いている種類、植え方のコツについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

金柑の苗木を植える時期はいつ?

金柑は常緑果樹です。

常緑果樹の金柑の植え付けや植え替えに適した時期は、だんだんと暖かくなる3月下旬~5月上旬がベストです。
柑橘類の仲間の中で金柑は耐寒性が強い部類だけれど、品種によって耐寒性の強弱は異なるのです。

苗木を植える場所としては、できるだけ冬場に風が当たり難い場所を選びましょう。
また、金柑は日照を大変好むので他の樹木の陰にならないよう注意しましょう。

このように比較的寒さに強い金柑なので、暖い地域では秋植えもできますが、できれば春に植え付け作業を行うのが良いでしょう。

金柑の苗で食用に適した種類は?

一概に金柑といってもたくさんの種類があります。

そして、食用の他に観賞用もあるので、苗木を購入する際はしっかり確認する必要があります。
金柑が実をつけた時、食べれないなんてことになったら、考えただけでも寂しいですもんね。

それでは、どんな種類があるのか紹介します。

食用として実を美味しく食べれるもの

食用として実を美味しく食べれる金柑の種類は次の物が上げられます。

ネイハキンカン
ニンポウキンカン
マルキンカン
プチマル
ナガキンカン

ネイハキンカン・ニンポウキンカン

ネイハキンカンやニンポウキンカンは、1.2~2mほどに生長し寒さや病害虫に強い品種として知られています。
花はとてもかわいらしくよい香りがして育てやすいことから、初心者にもおすすめの品種です。

特に実が大ぶりで1個が11~13gあります。

なんと、宮崎県名産の「完熟 きんかん たまたま」のブランドもこちらの品種とのことです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
「完熟きんかんたまたま」食べた感想は大きく甘くけた違いの美味しさ!

マルキンカン(マルミキンカン)

マルキンカンやマルミキンカンは比較的大きく2mほどに生長し枝は分枝が多く、若い枝にはトゲがあります。

夏から秋にかけて3~4回小さな白い花をつけますが、初夏の花は実をつけないことが多く、晩秋から冬にかけて6~8g程度小さい金柑の黄色く(オレンジ色)熟した実を収穫します。

プチマル

農水省が育成した、タネなし品種で、ナガキンカンと四倍体ネイハキンカンを交配した三倍体です。

基本的にタネなしのため、果実はやや小さめですが子供や女性に人気です。

ナガキンカン(ナガミキンカン)

樹木は比較的大きく2mほどに生長し、枝にはほとんどトゲはありません

果実は長球形で、実は10~12gです。

観賞用の金柑

下記の種類は、庭植えや盆栽用に人気があります。

チョウジュキンカン
マメキンカン

金柑の苗木の植え方のコツ

金柑のふるさとは中国です。

中国では金柑の鉢植えを古くから縁起物としてお正月(旧正月)に飾っています。
金柑の豊満な姿は「福徳」、黄色(オレンジ色)は「黄金」、そして多くの果実をつけることから「子孫繁栄」を意味しているのです。

このように、木いっぱいに黄色(オレンジ色)の果実をつけた金柑の鉢植えはとても幸せな気持ちにしてくれるのです。

 

鉢植同様、庭植えの金柑は冬のさびしい庭をたくさんの黄色い(オレンジ色)果実で明るい気持ちにしてくれます。

また、金柑は甘い果実を楽しむだけでなく、刈り込みにも耐えるので生け垣に利用してもOKです。
年に3回可愛らしい花が咲き、黄色い(オレンジ色)実が美しいので鑑賞も楽しめます。

そして自家受粉をし、病害虫にも強いのでとても育てやすい柑橘類です。

さらに、素晴らしい栄養素がたっぷり含まれているのですから、一家に1本金柑を植えたくなっちゃいますね。

植え方のポイント

日当たりと水はけのよい場所に植え付けます。
ジメジメした場所だと、根腐れを起こしてしまいます。

きちんと摘果をすることで、美味しい金柑を収穫することができます。
摘果をしないと全ての実を大きくしてしまうので、株が弱ってしまいます。

※摘果とは果実の間引きのことです。

・植え付けたら(鉢植え地植えどちらも)、樹高40~50cmに切り詰めます。

金柑の鉢植え

◇用意するもの
5~6号鉢(その後は、生育に合せて1~2年に1回、ひと回り大きな鉢で植え替えをします。)
赤玉土(小粒)7~8 腐葉土2~3の割合で混ぜた土(市販の果樹用培養土を使ってOK)

◇植え方の手順
1.鉢底に鉢底石を敷しきます。

2.接ぎ木部分が浅植えにならないように調節しながら、鉢の1/2 ~ 1/3ほど土を入れます。

3.苗木の根に付いた土をほぐします。

4.根を広げながら、鉢の中心に苗木を置いて周りに土を入れ鉢を安定させます。

5.苗木の横に1mくらいの支柱を立て、麻紐などで結んで支えます。

6.たっぷりと水やりをします。

地植え

日当たりと水はけがよく、風が強く当たらない場所を選んで植え付けていきます。

◇用意するもの
腐葉土
赤土(小玉)

◇植え方
1.直径と深さが50cmくらいの植え穴を掘ります。

2.掘りあげた腐葉土赤玉土(小粒)2の割合で混ぜあわせ土作りをします。

3.穴の深さ1/2~1/3くらいまで土を埋め、根に付いた土をほぐします。

4.根を広げながら、植え穴の中心に苗を置いて周りに土を入れていきます。

5.1mくらいの支柱を立て、麻紐などで結んで苗木を支えます。

6.たっぷりと水やりをします。

まとめ

金柑を植える時期は、暖かくなってくる3月下旬~5月上旬がベストです。

食用の苗を選んで、植え方のポイントをしっかり押さえて苗木を植えてみましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
金柑の栄養と効能や皮ごとOKの食べ方&甘露煮のレシピ 食べ過ぎの注意点は?

自宅で収穫した金柑を生で丸かじりしたり、ジャムを作ったりすることを想像して、花が咲き実をつけるのを待つのは楽しいですね。

枇杷(びわ)を食べた後に種を植えると芽が出る?時期と育て方は?

びわも育ててみませんか?
参考にどうぞ。