おにぎりは日本人のソウルフード、そして家族みんなのパワーフードです。
また、今も昔もお弁当の定番でもあります。

家庭で握ったおにぎりをラップで包もうか、それともアルミホイルで包もうか迷う方は多いようです。

包む素材や包み方よっておにぎりの味って変わるものなのでしょうか。

そこで、おにぎりを包んだ時のラップとアルミホイルのメリットとデメリットについて紹介し、包み方について提案します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

おにぎりを包むのはラップとアルミホイルのどっちがいい?

おにぎりはラップとアルミホイルのどっちに包むのがいいのでしょう。
包む素材でおにぎりの味って変わるものなのでしょうか。

おにぎりを握るたびにどっちにしようか迷っちゃう方は多いですよね。

それでは、ラップとアルミホイルそれぞれのメリットやデメリットを紹介します。

ラップ

私の場合、手に付いている常在菌がおにぎりを美味しくしていると聞いたことがあって、その言葉を信じて素手で握り続けているのですが、最近では素手でおにぎりを握ることへの抵抗を感じる人もいるようですね。

常在菌のことは置いといても、以前はおにぎりは素手で握るのが当たり前でしたよね。

 

しかし、夏場のおにぎりを腐らせないため、細菌の繁殖させにくくするためにラップを使い手のひらが直接ご飯に触れないようにラップごとおにぎりを握って、そのままそのラップで包んでいるという人が多いようです。

ラップのメリット

密封して持ち運ぶことできる。
そのまま電子レンジで温められる。
・透明なので中身がすぐにわかる
・ラップの上からイラストを描いたり楽しめる。

デメリット

・おにぎりが蒸れやすい
・海苔がくっつきやすい

 

夏場など細菌の繁殖でおにぎりを腐らせないようにするため、手のひらが直接ご飯に触れないように、温かいままのごはんをラップに包み、ラップごとおにぎりを握って、そのままそのラップで包んでいるという人が多いようですが、このままではおにぎりが蒸れてしまいますよね。

 

ラップは密封できるのは良いことなのですが、蒸れやすいので時間の経過とともにおにぎりがベチャっとしてしまいます。
屋外でおにぎりを食べる場合、アルミホイルで包んだおにぎりに比べて、とても食感が悪くなってしまいます。

 

これを解消するには、おにぎりをラップで握った後に、ラップからいったん離しておにぎりはお皿の上にのせましょう。
おにぎりの熱や水分を十分に逃がした後、再度新しいラップに包むことで、美味しいおにぎりがキープできますよ。

アルミホイル

アルミは化学反応しやすい物質のひとつと聞き、心配をされている方も多いようです。
しかし、食品用のアルミホイルは、酸化膜で守られているため、安定感抜群とのことです。

安心して使用しましょう。

メリット

熱が逃げやすいので、おにぎりの表面が乾いて雑菌の繁殖を防ぐことができる。
・少しずつアルミホイルをめくって食べることができる
・中身を見られたくない場合に隠すことができる

 

アルミホイルはもともと熱が逃げやすいのですが、さらにアルミホイルを手でクシャクシャとシワシワにすることで表面がデコボコになって、より空間ができることで中のおにぎりの表面が乾燥して美味しく食べることができます。
おにぎりの表面が乾燥すると言うことは、雑菌の繁殖を防ぐこともできるのでラップに比べると、持ち運びや特に夏場には安心ですね。

デメリット

・ホイルに包んだままだと電子レンジで温められない
・ちょっと引っかけただけでも破れやすい

 

このように、ラップもアルミホイルもどちらも良いところや悪いところがあるので、判断は人それぞれあなたのお好みでということになりますね。

おにぎりの包み方の提案

さて、ここからは私の提案です。
ラップとアルミホイルのどちらか一方と決めず双方の良い点を考えて、おにぎりを食べるときの状況でラップかアルミホイルか選んでみたらどうでしょう。

 

まずは、夏場のおにぎりを腐らせないため、細菌の繁殖させにくくするために、ラップを使っておにぎり握りましょう。
おにぎりを握る際の衛生面には十分注意したいですものね。

次に、
屋内(電子レンジで使用できる場合)で食べる時は、ラップに包みましょう。
屋外に持っていき食べる時は、アルミホイルに包みましょう。

 

※前述しましたが、温かいままのごはんをラップに包み、ラップごとおにぎりを握ったらその後、ラップからいったん離しておにぎりはお皿の上にのせおにぎりの熱や水分を十分に逃がした後、再度新しいラップに包みましょう。

 

菌が増殖に最適な温度は30℃~37℃と言われています。
なので、おにぎりを持ち歩くときには、包む素材よりも「時間」と「温度」の管理が重要になってくるのです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
夏場のおにぎりが腐らない工夫とおすすめの具材や持ち歩き保存のコツは?
お花見デート彼氏にお弁当持って行く?簡単なおかずや女子力アピールする持ち物

まとめ

ラップもアルミホイルもメリット、デメリット両方あります。

どちらで包んだら美味しいということではなくて、食べる時の状況に合わせて包む素材を決めることがおにぎりを口にした時に「美味しい」と感じるのではないでしょうか。

おにぎりを握ったら、なるべく早く食べて、雑菌を繁殖させる時間を与え無いようにしましょう。