結婚式の出席する男性はどのような服装で、持ち物は何を持っていったらいいか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

また、スピーチをOKしたものの段々と不安になってきたという方も少なくありません。

そこで、結婚式にふさわしい若い男性の服装や持ち物、スピーチの不安解消の解決策について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

結婚式に出席の若い男性の服装は?

結婚式の招待状が届くと一番最初に何を着て行こうかと考えちゃいますよね。
これは、女性でも男性でも同じでしょう。

結婚式は新郎新婦にとって人生の最大のイベントとなります。
その晴れの日に失礼にあたらないような服装を選ぶことが重要です。

また、結婚式は新郎新婦だけでなく、ご両親やご親戚など目上の方々が多数出席されるので、不快感を与えないような服装を選びたいですね。

スーツ

若い男性(10代~30代)であれば、今お持ちのスーツにダークスーツ(黒か紺など)があればそれで問題ありません。
黒のフォーマルスーツをわざわざ揃えなくても大丈夫です。

しかし、仕事に行く時と同じというわけにはいきませんね。
それではあまりに失礼です。

スーツはクリーニングに出して上着はピシッと清潔に、ズボンはキチッとプレスしたものを着用しましょう。

スーツが決まったら、ネクタイやシャツにこだわってドレスアップしましょう。

ネクタイ

結婚式に年配の方々が良く白いネクタイをしめていますが、若い男性(10代~30代)であればネクタイは色ネクタイでOKです。

淡いピンク色やライトブルーは人気もありとてもおしゃれです。
なるべく無地で質感の良いものを選びたいですね。

黒色は柄であっても縁起が悪いのでNGです。
くれぐれも注意してくださいね。

シャツ

シャツは白色

レギュラーカラー、もしくはセミワイドカラーで、生地に織り模様が入ってるものが合わせやすくおしゃれです。

ポケットチーフ

スーツの上着の胸ポケットに、ポケットチーフを入れると華やかに見えてさらに素敵です。

ネクタイの色に合わせるのが基本ですが、ここはお店の人に相談して選ぶのが良いかもしれません。

 

ちなみに、
40代を越えての結婚式参列は、略礼服(ブラックスーツ)でネクタイは白色やシルバーになります。

男性が結婚式に出席する時の持ち物は?

男性が結婚式に出席する際の持ち物は最小限、財布、ご祝儀、ハンカチ、スマホです。
女性とは違い随分あっさりしていますね。

そして、男性はほとんどの方が手ぶらでバッグやカバンは持って行かないようです。

財布とご祝儀はスーツの内ポケットの中に、ハンカチとスマホはズボンのポケットの中にという感じです。

 

もし持っていく荷物が多くなるようなら大きめのカバンに入れ、カバンはクロークに預けてしまうのも良いでしょう。
そうすれば会場には手ぶら、ということになりますね。

 

我が家の息子は、黒色の革の小さめでシンプルなボディバッグを結婚式には持って行ってますよ。
バッグと言っても両手が空くので便利ですよね。
いちいちクロークに預けるの手間が無いので楽だからと言っています。

結婚式での友人代表スピーチの不安を解決するには?

服装が決まったら、後はスピーチですね。

友人代表のスピーチは余興として、宴の中のどこかであります。
スピーチの不安を解決するにはどうしたらいいのか紹介しましょう。

スピーチの前

まず、スピーチはどの場面で何番目に行うのか確認し、慌てることのないようにしておきましょう。

スピーチが済むまで緊張のあまり食事が喉を通らない人がいたり、のどが無性に乾いてアルコールがすすんでしまう人もいます。

気持ちはよーくわかりますが、アルコールには十分気をつけてください。
酔いがまわって、スピーチで失礼があっては大変です。
結婚式の披露宴での失態は取り返しがつきません。

スピーチの内容

スピーチの内容は新郎新婦のためのお祝いの言葉が主になります。
この時、披露宴の出席者に笑いを取らなくては、などと気を使う必要はありません。

大学時代に、あなたが新郎から受けた感銘や一緒に頑張った事などで、新郎がとても魅力ある男性であることを皆さんに披露する感じが良いでしょう。
くれぐれも、新郎の暴露話などしてはいけません。

スピーチの長さは2分くらいにまとめ、お祝いの席は「切れる」「割れる」「去る」などの言葉を嫌うので注意してください。

原稿を書き声に出して練習

原稿を書きましょう。

原稿を作らずぶっつけ本番なんて無謀なことはやめましょう。

無理に暗記しようとしないで、紙に書いた原稿を読んでいいと思います。

話し方も何度か声に出して練習すると心に自信が持てます。

練習をしていれば、不思議とずーっと原稿を見て下を向いたままというのは無くなります。
時折目を上げて会場を見回せる余裕が出てくるものです。

原稿を書き声に出して練習です。
これでスピーチの不安は解消するでしょう。

まとめ

結婚式に出席する服装も、友人代表のスピーチも、結婚式全体のお祝いの雰囲気に合うように気をつけましょう。

事前に準備をして心に余裕を持って、当日を迎えてください。

後は、あなたが新郎を心からの祝福する気持ちと「おめでとうございます」の言葉で、新郎新婦にとって素敵な結婚式なることでしょう。