ボディバッグは最近大人気ですが、以前人気のあったウエストポーチとはどんな違いがあるのか、ボディバッグにどんな利点があるのかわからないいうお父さんが多いようです。

男性だからと言って昔と違い、今はお財布だけズボンのポケットに入れておけばOKという時代ではありません。
どうせ持ち歩くなら便利でなおかつカッコいいものを選びましょう。

そこで、ボディバッグのウエストポーチとの違い、ボディバッグの利点、ボディバッグの中に入れるものについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ボディバッグのウエストポーチとの違いは?

昔のお父さん世代は、出かける時にバッグを持つ姿をあまり見かけませんでした。
お財布とハンカチはズボンのポケットや上着の内ポケットなどに入れていたからです。

しかし、現代では逆に手ぶらのお父さんを見なくなりました。

子供からもチェックが入り、段々おしゃれになっています。
だから、ウエストポーチはダサいから持つのは止めてと言わるお父さんも少なくないようです。

 

しかし、今人気のあるボディバッグと以前人気のあったウエストポーチの違いがわからないというお父さんも多いので、両方とも身体にフィットし両手が空き便利という似た特徴を持っている2つのバッグは何が違うのかを紹介しますね。

 

ボディバッグとウエストポーチの違いは、バッグを身体に密着させて斜め掛けにし背中に背負うか、バッグを腰の位置でベルトのように巻いて持ち歩くかです。
バッグを持ち歩く場所が背中か腰かです。

 

ただ、両方とも身体にフィットし両手が空き、便利という似た特徴を持っていますが、背中に背負うことが出来るボディバッグの方がウエストポーチよりたくさんものを入れられるので更に便利で、背中に沿ってスマートにフィットしてくれるので実用性だけでなく見た目もカッコいいバッグです。

だからカッコいいお父さん、男性になりたいのならウエストポーチではなくボディバッグが良いでしょう。

 

ちなみに、ウエストポーチでもボディバックのように使える2wayタイプのものがありますが、これは身体にフィットしないからあまりおすすめしませんとお店のスタッフさんに言われました。

 

実際に最近ボディバックを購入しに行った際、色々と背負ってみましたが、やはり2wayタイプのものは無理がありました。
見た目もいまいちしっくりしないし、なんと言ってもボディバッグの売りの一つ「身体に沿ってフィットするバッグ」には程遠い感じがしました。

このような点からもウエストポーチの2wayタイプはおすすめできません。

 

ウエストポーチは比較的素材が柔らかく軽めのバッグが多く、ベルトのように腰に巻きつけるデザインなので安定感はあります。

ウエストの前でしっかり管理できるから大切なものを入れるのに安全性抜群と思われますが、なんとそれは日本だけの話のようです。
海外ではウエストバッグはスリに狙われやすく、ベルトを切られるというひったくりの被害も少なくないようですよ。

リュックでもない ウエストポーチでもない ボディバッグの利点とは?

それではリュックでもない、ウエストポーチでもない、ボディバッグにはどのような利点のあるバッグなのか紹介しますね。

ボディバッグとは

ボディバッグとは、突然の雨にも大丈夫なように折畳の傘や、水分補給のためのペットボトル、お財布、スマホ、ハンドタオルなど普段から持ち歩きたい荷物を入れるのに適した小ぶりのリュックのようなバッグです。

 

しかし、小ぶりのリュックのようなバッグですが、ボディバッグの本体の上下についているベルトを斜めがけにして背中に背負うので根本的に全くリュックとば別物になります。

 

普段からトートバックを持つのはちょっと邪魔になるし、だからと言ってリュックでは大きすぎるし、大げさすぎるという人はピッタリですよ。

 

またボディバッグは体(背中)に添ってフィットしてくれるので、ショルダーバッグのようにバッグが体から離れて揺れることはなくトートバックのように肩からずり落ちたりぜずストレスなく持ち歩くことができます

 

ウエストポーチも悪くはありませんが重いものやたくさん物を入れた場合、ウエスト位置よりバッグがベローンと下がってしまうので、お腹が出ているように見えてオシャレではないのがちょっと残念です。

ウエストポーチよりカッコ良くお洒落で安全、リュックよりも少し小さくスリムで体に添ってフィットするバッグという発想から優れたボディバッグが生まれたのがです。

 

サイズは必要最小限のものを持ち歩ける小型のものから、iPadなどのタブレット端末を入れることが出来る内ポケットを装備したA4サイズのものまでバラエティーに富んでます。

 

形は主に縦型が主ですが横型もあります。
ショルダーベルトの取り付け位置も左右両掛けに対応しているものが多いので、右利き左利きを気にせず背中に背負うことが出来ますよ。

 

また、ボディバッグは男性ばかりでなく女性にもおすすめのバッグなので、家族で共用することができるのも嬉しいです。
こちらの記事を参考にしてください。
ボディバッグは女性にもおすすめ 大きな胸でもOKな掛け方と合う服装は?

具体的な利点

それではボディバッグの利点をもっと具体的に紹介します。

コンパクト、スマートにまとめられる

今まで、ジーンズやズボンのポケットや上着のポケットに入れていたお財布やスマホ、鍵などの貴重品がボディバッグ一つにまとめて収納できます。

また、ペットボトルや折り畳み傘、カメラなどもまとめて入れられるので、手ぶらに近い感覚でたくさんの物が持ち歩けます

いろいろな持ち方ができる

ボディバッグはショルダーバッグのように肩への負担が少なく、ベルトが肩からずり落ちてしまう心配がないので、ストレスなしで両手が自由に使えます。

 

一般的には斜め掛けですが、ワンショルダー風に持つことも可能ですし、ストラップを手に絡ませて持ってもOKです。

 

TPOや服装に合わせて持ち方を色々工夫し、楽しめるのはお得感がありますよ。

 

出張や旅行の際には、ボディバッグをキャリーバッグや大きなボストンバッグに入れて持って行き、現地でミニバッグとしても活躍してもらえるのも嬉しいですね。

ボディバッグの中に入れるものは?

ボディバッグの中には、普段外出する時に必要な全ての物が入ります。

・お財布

・鍵

・スマホ

・手帳

・筆記用具

・ティッシュ

・ハンカチ

・折り畳み傘

・ペットボトル

・エコバック

・iPad(大き目のボディバッグの場合)

 

ボディバッグの場合はこれだけの物を入れても、リュックのように中でごちゃごちゃになって必要な物がなかなか見つからなくてイライラするということにはなりません。

中に区切りがあってポケットがたくさん付いているので安心です。

 

こちらの記事も参考にしてください。
ボディバッグは女性にもおすすめ 大きな胸でもOKな掛け方と合う服装は?

まとめ

ボディバッグはストレスの少ないおしゃれなバッグです。

ペットボトルが入っていれば熱中症対策にもなりますし、折り畳み傘が入ってることで突然の雨でも慌てなくてすみ安心です。
お尻のポケットのお財布を落としたり盗まれる心配もありません。
座るたびに、いちいちポケットからお財布やスマホ出しをテーブルの上に置く必要もありませんよ。

ウエストポーチからぜひボディバッグに買い替えてみましょう。
絶対に便利なはずです。