初夏の味覚の枇杷(びわ)
最近はなかなか食べる機会が少なくなってきているので、若い人にはピンとこないかもしれませんね。

オレンジ色をした実には嬉しい栄養がいっぱい含まれていれ、花や葉にもビックリするほどたくさんの効能があります。

枇杷(びわ)を食べた後に残る茶色の大きな種ですが気になりませんか?
以前、枇杷(びわ)の種を植えれば芽が出て木になると聞いたことがあります。

先日頂いた枇杷(びわ)を食べながらこの話を思い出しました。
本当に枇杷(びわ)の種を植えるとそこから芽が出てくるものなのでしょうか?

そこで、枇杷(びわ)を食べた後に種を植えたら芽は出てくるのか、植える時期や育て方について調べてみました。

枇杷(びわ)を食べた後の種を植えると芽が出るの?

大きくて茶色い硬い枇杷の種を見た感じ「芽が出てくる感じはしない・・・」が私の感想なのですが、なんと発芽率はいいそうで、かなりの確率で芽を出すとのことです。

ビックリです!
種から枇杷の木を育てることは可能なのです。

ただ、簡単に木に成長するわけではありません。
花を咲かせるまでには10年ほどかかり、最初のうちは花は咲かないので残念ながら実はなりません。

よく桃栗3年、柿8年と言われています。
枇杷はさらに年月をかけて実をつけるようになるのですね。

けれどグングン成長するので、年々大きくなる姿を見て楽しみましょう。
花が咲くようになるまではしばらくの我慢が必要です。
観葉植物として育てている感じていたらよいかもしれませんね。
ある時、気づいたら気につぼみがついていた、つぼみが膨らんで花が咲いた、そして実をつけたとなったら・・・
考えるだけでワクワクしてきます。

ただ、枇杷が日本産であることが前提のようです。

スーパーで売られている枇杷はほとんどが日本産のようですが、購入時「日本産」であることを必ず確認しましょう。
輸入品の場合、日本では栽培できないものが多く、発芽しても収穫までは不可能なことが多いそうです。

種を植えて10年間実をつけることを楽しみにしていて、輸入品で最後まで実がつかなかったら相当悲しいですね。

最近頂いた枇杷は、「大分産」とパッケージにも箱にも記載してあったから挑戦してみようかな?

 

実は挑戦しています。
種を植えて1年経ったわが家の枇杷たちです。

2年経ったらどのくらい成長をするのか今から楽しみです。

 

実を食べて、お皿に残った種をそのまま土の中に「ポイッ」と入れても芽は簡単の出るものではありません。
種の処理は必要です。

種の処理方法

1.種はなるべく大きなものを選びます。

2.種についている実(果肉)はきれいに洗い流します。(果肉に発芽を抑制する機能があるため)

3.乾燥した種からは芽が出てこない確立が高いので、種についている実(果肉)をきれいに洗い流したら土に埋めるまで、皿や器に少量の水を張って浸しておきます。
この時、水に浸しすぎるのも腐る原因にもなるので水は多すぎてもいけないのでヒタヒタが良いでしょう。

4.種が乾かないように湿らせたままの状態で土に埋めます。(表面の茶色の皮を少しむいておくと発芽率がアップ

種を植える場合はこのようにして、なるべく食べたその日、または次の日には植えるのが良いようです。
大体の目安ですが、土に植えると一か月ぐらいで芽が出てきます。

やはり、10年後に実をつける枇杷は芽が出てくるのにも時間がかかるのですね。
朝顔のように3日目に芽が出てくるようなことはありません。

このように種子から育てることを「実生」といいます。

枇杷の種を植える時期はいつがいい?

やはり、枇杷の旬の時期5~6月が発芽には最適な時期です。
最近はハウス物も多く出回っているので、旬の時期以外でも枇杷を食べることはできますが、早くても4月、遅くても7月頃には植えましょう。

やっぱり、気温が高く暖かい時期が枇杷にとって最適な環境なのです。

枇杷の種から植える育て方

枇杷の種から植える育て方を順をおって紹介します。

種の前準備

スーパーなどで購入したり、頂いた枇杷を食べた後の種を使用します。

種の表面は水でよく洗い流して、乾燥させないように皿や器に少量(ヒタヒタ)の水を張って浸してきます。

土作り

枇杷に適した土は水はけのよい土です。

鉢植えの場合

赤玉土(小粒)7~8、腐葉土2~3の割合で混ぜた土を使用します。
もしくは、市販の果樹用培養土でも大丈夫です。

地植えの場合

植え穴を掘った時に出た土に、腐葉土を2~3割混ぜておきましょう。

種植え

できるのなら、しっかりとした苗の状態になるまでは鉢植えの方が管理が楽でおすすめです。

最初は育苗用の3号くらいのポットでも良いでしょう。
家に3号~5号くらいの鉢があればそれを使うのも良いですね。

容器の中に先ほど作った土を入れて種を土に置き、種の上に1cmほど土をかぶせたあと、土全体がよく湿るように水を与えましょう。

水やり

枇杷の種は乾燥が嫌いなので、発芽するまでは土が完全に乾いてしまわないように注意する必要があります。

鉢植え

種が発芽した後は土の表面が乾いてから水やりをします。
水やりの時は、容器の底から水が出るまでたっぷりと水を与えましょう。

枇杷は乾燥を嫌いますが過湿も嫌うので、土が湿っている間は水やりは控えましょう。
ちょっとわがままなお姫様というイメージ、いつも関心持って様子を観察する必要があります。

地植え

種が発芽した後は特に水やりは必要ありません
ただ、日照りが続いたときには水やりをします。

日当たり

枇杷は耐陰性があるので日当たりの悪い場所でも育つのです。
しかし、本来は日当たりの良い場所を好むので、高さが30cmを超えてきたら日当たりの良い場所で育てたほうが良いでしょう。
それまでは、あまり強い日光に当てないようにしましょう。

強い日光は土が乾燥しやすく、葉焼けを起こすこともあるので半日陰で管理するのがおすすめです。

肥料

2~3月、6月
速効性化成肥料を木から少し離れたところに施します。

9月、11月
油かす、骨粉などの有機質肥料を木から少し離れたところに施していきます。

まとめ

枇杷(びわ)を食べた後に残る種をこのように手間をかけて育てていけば、10年という長い年月はかかりますが、花をさかせ実がなります。
実がなるまでは、観葉植物として大いに楽しみましょう。

いくら何でもそんなに長い期間待てない方は、園芸店やホームセンターで販売している接ぎ木苗を育ててみましょう。

そして私ですが、せっかく大分産の美味しい枇杷を今年頂いたので、マンションのベランダで種から育てています。
なんだかワクワク楽しいですよ。

枇杷の種類と初心者の苗木の選び方と育て方 鉢植えを小さく仕立てる方法

参考にしてください