枇杷(びわ)は昔から栄養豊富で体に良いとされ愛されてきた果物です。
私が子供の頃は近所の庭先で美味しそうなびわが木になっているのをよく見かけ、手で皮をむいてたくさん食べた記憶があります。

しかし、近年では庭さきで見かけることがすくなくなり、スーパーで高級果実として売られているイメージの方が強いびわは頻繁に食べることが出来ない果物の一になってしまっているので、若い人には馴染みの少ない果物かもしれませんね。

実は、そんな高級なびわを最近たくさん頂いたのです。

そこで、びわの美味しい食べ方とおすすめの保存方法、簡単な皮のむき方について紹介します。

若い人の参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

枇杷(びわ)の美味しい食べ方

新鮮な枇杷はとってもジューシーでみずみずしいのです。

産毛が濃いものは新鮮な証拠です。
ただ、産毛が濃いと一見白っぽく見えるので、時間が経ったもののように思えるかもしれませんがそうではありません。

なので一番のおすすめは、そのジューシーさを思う存分堪能したいので、手で皮をむいて生でパクリと一気に食べる食べ方です。
常温の枇杷を生で食べる本来の味を味わえますよ。
香りがほとんどしない果物なので、まずは常温の生で食べて舌で甘みを感じましょう。

シラカバ花粉症を持っている方は、食物アレルギーを起こす事があるかもしれません。
枇杷は同じたんぱく質を持つバラ科の植物なので、食べる時に少量のびわを舌にのせて違和感がないか確認し、ピリピリとした感じや痒みがある時は、食べるのを止めておきましょう。

「冷えた枇杷が食べたいわ!」という方がいるかもしれませんね。
びわは冷やすと風味が落ちてしまう果物なので、どうしても冷たい枇杷を食べたいときは食べる2時間くらい前を目安前に冷蔵庫にいれて食べましょう。

びわのおすすめ保存方法

常温保存

基本的にびわの賞味期限は2~3日です。
びわは傷みやすい果物なので、購入後なるべく3日以内に食べきるようにしましょう。

びわの果肉の質は桃に似ています。
桃と同様、足が早いと思って間違いありません。

ただ、保存の為に冷蔵庫で冷やすと風味が落ちてしまいます。

直射日光を避けて風通しの良い場所で常温保存しましょう。

冷凍保存

一般的にびわは冷凍に向いていないと言われています。

しかし、今回の私のようにたくさん頂いても食べきれれば常温保存で問題はありませんが、少人数の家族で最初から食べきることが出来ないと分かっているような場合は、冷凍するとびわの食感や風味も損なうことになると言うことを踏まえたうえで冷凍庫で冷凍保存しましょう。

冷凍保存したものは、シャーベットとして食べることをおすすめします。

びわの冷凍保存方法

びわは皮付きで丸ごと冷凍保存できるので便利です。

1.産毛はしっかり洗い、水気をふき取ります。
2.フリーザーバックなどに入れ、冷凍庫に入れます
3.食べる時は数分間自然解凍してから、皮をむいてそのままシャーベットとして食べます。

冷凍保存期間は1~2ヶ月程です。

加工して保存

半分に切り、コンポートにしておけば、4~5日は日持ちします。
また、甘く煮詰めてジャムにしてヨーグルトに入れて食べるのおすすめです。

どちらとも、作り方は大変簡単で短時間でできます。

コンポートの作り方

びわ、サイダー、砂糖だけで所要時間は約10分です。

●材料
・びわ(20個)
・サイダー(200㏄)
・砂糖(大さじ2)

1.びわの産毛を良く洗い流し、皮をむき、種と種の周りの白い皮を取り除きます。

2.サイダーを入れたお鍋に、直ぐに1.のびわを入れます。(キレイなオレンジのまま仕上る)
皮をむいたびわをいつまでも空気に触れさせていると、すぐに黒くなります。(ポリフェノールが含まれている証拠)

3.お鍋に砂糖を入れて、3分~5分ボイルします。

4.シロップごと冷まして冷蔵庫で保存します。

ゼラチンで固めてゼリーにしてみるのもおすすめです。

びわのジャム

なんと、材料はコンポートと同じです。

●材料

びわ     (20個)
サイダー     (200㏄)
グラニュー糖   (大さじ1~2)

1.びわの産毛を良く洗い流し、皮をむき、種と種の周りの白い皮を取り除きます。

2.サイダーを入れたお鍋に、直ぐに1.のびわを入れます。(キレイなオレンジのまま仕上る)
皮をむいたびわをいつまでも空気に触れさせていると、すぐに黒くなります。(ポリフェノールが含まれている証拠)

3.アクを採りながら、加熱は5~10分ぐらいで十分です。

4.加熱した後、弱火でサイダーが無くなるくらいまで煮詰めましょう。

5.お鍋のびわが冷めたら包丁で食べやすい大きさに切り完成です。
サイダーを使っているので、ほんのり爽やかなジャムになります。

取り出した種を植えてみませんか?
しっかり芽がでてきますよ。
わが家の1年目の枇杷です。

⇒ 枇杷(びわ)を食べた後に種を植えると芽が出る?時期と育て方は?

参考にしてください。

びわの皮のむき方

びわの皮むきに、包丁やナイフなどは使用しません。手でやさしくむきます。
気持ちいいほど簡単にスルっとむけますよ。

1.びわは産毛の生えている皮を優しく水で洗い流した後に、へた(軸)をもぎ取ります。

2.次にヘタの反対側のへそ(下)の方から優しく手で皮をむいて行きます。
面白いぐらい簡単ににスルっするっとむけます。

3.全部キレイにむけたら、果物ナイフなどで縦半分に切り、種を取り除きます。

びわは、 りんごと同じような感じに皮をむいてしまうと変色してしまう(ポリフェノールが含まれている証拠)ので、皮をむいたまま置いておく場合は水につけておき、 食べる時水気をよく切りましょう。

まとめ

びわはメロンやバナナのように追熟しません。

鮮度が命です。
置いておいたら甘くなるということはないので、なるべく早くに食べきることがポイントです。

保存する場合は直射日光を避け、風通しのよい涼しいところで保存しましょう。
冷たいびわが食べたい時は、食べる 2~3時間くらい前に冷蔵庫へ入れて美味しくいただきましょう。

びわの常温保存期間は3日程度、冷凍保存期間は1~2ヶ月です。
ジャムやコンポートに加工することで、少し保存期間が長くなります。

冷凍保存のしたびわはシャーベットで美味しく頂きましょう。

⇒ 枇杷(びわ)の栄養と効能 旬はいつ?庭に植えるのは良くない?

参考にしてください。