金柑(きんかん)は晩秋の頃、スーパーの陳列棚で見かけますがあまりメジャーではありませんね。

金柑(きんかん)はまん丸で可愛いくみかんを小さくしたような果物ですが、たくさんの栄養が含まれています。

皮ごと食べることができて、甘露煮やゼリーにしても美味しいのです。
気をつけないと食べ過ぎちゃいます。

そこで、金柑(きんかん)の栄養成分と効能、皮ごと食べられない人におすすめ食べ方やレシピ、食べ過ぎの注意点について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

金柑(きんかん)の栄養と効能

みかんを小さくしたような、まん丸で可愛い果物の「金柑(きんかん)」は江戸時代以降、中国から薬用として渡って来ました。

この薬用として渡ってきた「金柑」は、特に皮の部分に、ビタミンCやカルシウムが豊富に含まれています。

ビタミンc

なんと、あんなに小さい実にビタミンcが100g中49mg含まれていて、レモンと同等です。

ビタミンCは、疲労回復、風邪予防、肌荒れ改善に効果的なので、特に女性の方には嬉しいですね。

ただビタミンCは加熱することで、その栄養素が失われてしまうので栄養を損なわずに食べたい時は、皮ごと生のまま食べることをおすすめします。

カルシウム

カルシウムは、人間の人体に最も多く含まれるミネラルです。
骨や歯の形成には欠かせない栄養素なので、育ち盛りの子供に食べさせたいですね。

金柑をおやつとして出すのがおすすめです。

ビタミンA

ビタミンAも含まれています。

ビタミンAは粘膜を強くする効能があるので、風邪の予防に最適です。

ビタミンP(ヘスペリジン)

金柑には普段あまり聞き慣れない、ビタミンP(ヘスペリジン)という成分が果皮に含まれています。

他の柑橘類にもヘスぺリジンは含まれてはいるのですが、ヘスぺリジンを効率よく摂取できるのは、皮ごと食べることのできる金柑くらいということです。

金柑の皮に含まれるヘスペリジンには、次のような効能が認められています。

血管強化
血中コレステロール改善
血流改善効果
抗アレルギー作用
発ガン抑制作用

さらに、ビタミンCの吸収を高める効果や、毛細血管強化、肌の新陳代謝促進、冷え性改善効果、ヘスペリジンはすごい力の持ち主です。

ビタミンE

動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病に役立つビタミンEなども含まれています。

 

小さなまん丸の金柑の実に、このような優れた効能が隠されているなんてびっくりですね。

古くは咳止めの薬用としても用いられています。
今も「◯◯◯◯金柑◯飴」なんてありますもんね。

そして、カロリーは100gで71kcalでとてもヘルシーです。
これまた女性には嬉しいですね。

金柑は皮ごと食べてOK! おすすめの食べ方とレシピ

金柑をどうやって食べたらいいのかわからない。
庭の金柑の木に実っているけれどそのままにしている。
店頭で金柑を見かけるけどいつも素通りしてる。

このような方は多いようですね。
以前は私もそのうちの一人でした。

しかし、金柑はいろいろな料理に使える、栄養満点の食材なんです。

金柑の収穫時期は早ければ11月から始まり、露地ものは1月~3月が旬となります。
旬の最もおいしいこの時期に今年はぜひ金柑を食べてみましょう。

金柑は皮ごと食べてOK!

この金柑、実は他の柑橘類と違って皮ごと生で食べれます。
栄養価に優れ、すごい効能がある金柑が手軽に食べれて、手間をかけなくてもいいなんて、こんな嬉しいことはありませんね。

 

ちなみに、金柑の産地といえば宮崎県です。
次いで鹿児島、熊本、佐賀など、九州で多く栽培されています。

そして、宮崎県には「たまたま」という金柑のブランドがあり、これは普通スーパーなどの店頭で目にする金柑よりはるかに実が大きくて甘味も強いのです。

昨日 実は私、「完熟 きんかん たまたま」を食べました。
嬉しいことに、宮崎県に住む友人から贈って頂いたのです。

大きさ甘さにびっくりしちゃいました。

食べた感想を是非こちらからご覧くださいね。
「完熟きんかんたまたま」食べた感想は大きく甘くけた違いの美味しさ!

美味しい食べ方と調理方法

金柑を皮ごと生で食べれたら、手間もかからずそれが一番良いのですが、「たまたま」のようにブランドではない金柑の皮には少し苦味があるのでその苦味が苦手と感じる方も少なくないようです。

栄養価に優れた金柑を少しの苦味で敬遠するのであれば、それはもったいないことですよ。

そのような方には、下記のように調理して食べることをおすすめします。

金柑の甘露煮

金柑の一番ポピュラーな調理法が金柑の甘露煮です。

大量の金柑を消費したい時はこれが一番です。

金柑の甘露煮は、そのまま食べてもよし、お湯やお酒に入れても良しですよ。

◇材料
・金柑   1㎏
・砂糖   300g
・はちみつ 小さじ1
・レモン汁 5滴
・水    適量

 

◇保存期間
金柑に対して、砂糖が30%以下だと約3週間くらい。
30%以上だと1ヶ月~40日

砂糖を少なめで作った場合は、カビが生えてくるので注意しましょう。

 

◇手順
1.金柑のヘタを取り5ヶ所くらい穴をあけます。

2.鍋に金柑を入れ、水をひたひたに注ぎ火をつけます。

3.水が沸騰したら砂糖、はちみつ、レモン汁を加え、弱火で約1時間ほど煮詰めていき、ペーパータオルで落し蓋をして、時々金柑を転がしながら煮ます。

4.香りが立ってきて、水分も少なくなりブクブクとした泡と艶が出てきたら、火を止めて冷まし出来上がりです。

金柑ゼリー

金柑の甘露煮を使ったゼリーです。

甘露煮をそのまま食べるのにも飽きたときにおすすめです。
10分程度で作れます。

◇材料
・金柑の甘露煮  10個ぐらい
・粉寒天     4g
・水       500ml
・パルスイート  適量

 

◇手順
1.種を抜いた甘露煮を、ゼリーを作る容器に敷き詰めます。

2.粉寒天とパルスイートを水でといて、沸騰させたもの甘露煮を敷き詰めた容器に流し入れます。

3.粗熱をとって冷蔵庫にいれ固まったら完成です。

 

※金柑を皮ごと食べて風邪知らずに!
ビタミンCをたくさん摂取することができるので、季節の変わり目にはおすすめです。
体調管理にぜひこの調理方法を参考にしてくださいね。

金柑の食べ過ぎには注意が必要?

金柑は栄養価がとても高く嬉しい効能がいっぱいの果物です。
たくさん食べても問題ありません。

しかし、人によっては食べ過ぎると、唇がピリピリしたりすることがあるようです。
口の中に違和感を感じたら、食べるのを控えましょう。

その他にも、金柑は風邪の予防に効く栄養素が含まれているのですが、風邪をひいてしまったときは胃腸が弱ってしまいますよね。
なので、風邪をひいてしまった時は、食べ過ぎてしまうとお腹を下してしまったり、嘔吐してしまう可能性があるので注意しましょう。

風邪をひかないように、体調管理するために食べるのがおすすめです!

まとめ

金柑は皮ごと食ベることができるので、より多くの栄養を摂ることができます。

独特の苦味が気になる場合はちょっと手を加え調理して、体に取り入れてみましょう。

果物には珍しいカルシウムなどの栄養も多く含まれているので、育ちざかりのお子さんに食べさせたい食材です。
金柑の甘露煮でゼリーを作り、おやつに与えてみませんか?
暖かいお部屋で冷んやりしたゼリーは喜んでくれること間違い無しですよ。

こちらの記事も参考にしてください。
金柑(きんかん)の苗木を植える時期や食用に適した種類と植え方のコツ
完熟 きんかん(金柑)たまたま名前の由来や食べ方とエクセレントって何?
蜂蜜(はちみつ)の栄養効果と赤ちゃんにダメな理由 母乳育児の母親には?

風邪の予防に、体調管理に今年はぜひ金柑を活用しましょう。