日焼け止めクリームを買う時に気になるのが、SPF・PA・++++とその横に記載されている数値ですよね。

SPF・PA・++++や数値にはどんな意味があるのでしょう。

意味を理解できれば、顔や体など塗る場所に合った日焼け止めを選ぶことができますよ。

また、顔に日焼け止めクリームを塗る順番は、スキンケアの後なのか、下地の後なのか、迷いますよね。

さらに塗り直しのやり方などわからないことが多いですね。

そこで、日焼け止めのSPF・PAの意味、顔に塗る順番と塗り直しの効果的な方法を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

日焼け止めのSPFの意味

日焼け止めにはクリーム、ジェル、スプレー、シートなどたくさんの種類がありますが、必ずどの商品にもSPFと数値が記載されています。

SPFとは何を意味しているのか紹介しますね。

 

意味を理解すると用途によってどれを選んだらいいのか悩まずに済みますよ。
また、塗る場所(顔なのか、体なのか)によって使い分けることがお肌にも優しいのです。

 

SPFとは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。

SPFは、シミやソバカス、皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )の防止効果を表す目安の数値で、その横に記載されている数字が大きいほどB 波( UVB )の防止効果は高くなります。

 

「そんなの知ってるわ。」という人は多いのですが、横に記載されている数字の意味を、50だと50時間、25だと25時間にわたり日焼け止めの効果があると勘違いしている人も少なくないので、ここでしっかりもう一度確認してくださいね。

 

紫外線が私たちの顔や体に当たりだしてから、日焼けしてしまう(赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)までの時間は、個人差はありますがだいたい15分~20分と言われています。

例えば SPF30の日焼け止めの場合

SPF30の日焼け止めの場合を例にとって紹介してみますね。

日焼けが始まるまでの時間(15分~20分)を30倍に伸ばすことが出来るいう意味なのです。

ただし、同じSPF30の日焼け止めを使っても個人差はあります。

 

日焼けまでに20分かかる人
20分 ☓ 30倍 = 600分(10時間)

約10時間日焼けを抑制出来るということになります。

 

日焼けまでに10分の人は
10分 ☓ 30倍 = 300分(5時間)

約5時間日焼けを抑制出来るということになります。

 

同じSPF30の日焼け止めを使っても個人差で相当な時間の違いがあるのにビックリですよね。

 

このようにSPF横に記載されている数字は、日射しの強さに対抗できる数値ではないので、勘違いしないようにしましょうね。

 

だから、「海や山のような、日射しの照りつけが強い場所に行くからSPF値の高い日焼け止めを使おう。」とうのは間違いなのです。
あくまで目安は太陽の光を浴びる「「時間」です。

とは言っても、海や山へ行くということ = 長時間になるので、やはりSPF値が高い物を選んだ方が良いですね。

日焼け止めのPAの意味

SPFと同様、日焼け止めにはクリーム、ジェル、スプレー、シートなどたくさんの種類がありますが、必ずどの商品にもPAと++++、+++、++、+のいずれかが記載されています。

 

PAとは何を意味しているのか紹介しますね。

 

PAとは、プロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略です。

「SPFの数値は注意して見るけれど、PAって何?」と意外とスルーされているのがPAの数値のようですが、でも実は、アンチエイジングを気にする女性には、PAはチェックして欲しい数値なのです。

 

PAは皮膚を黒くするだけでなく、シワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表す目安の数値です。

+の多さが効果の高さを示します。 強い方から ++++、+++、++、+ この4段階に分かれています。

 

若いうちからのお肌の紫外線予防が、年齢を重ねるごとに気になるシワやたるみに重要となります。
外出時はもちろんのこと、職場の窓際の席の場合や冬場など、一年中しっかりとしたUVケアは必要なのです。

 

日焼け止めの購入時にはこのPA (++++、+++、++、+ )もしっかり確認するようにしましょうね。

日焼け止めクリームを顔に塗る順番と効果的な塗り直し方

日焼け止めクリームを顔に塗るを顔に塗る際に、「スキンケアの後すぐに塗った方がいいのか、下地クリームを塗った後塗るものなのか、はたまたファンデーションの上に塗るものなの?」などと、疑問に感ながらも適当に塗っちゃってる人が多いようです。

 

そこで、日焼け止めクリームを顔に塗る一般的な順番について紹介しますね。

 

ファンデーションのつきを良くするために、次の順番が良いと言われています。

スキンケア → 日焼け止めクリーム → 下地クリーム → ファンデーション

ただし、下地クリームとして使用できる日焼け止めクリームの場合は、下地クリームを塗る必要はありません。

日焼け止めクリームを顔に塗る時の注意点

・日焼け止めクリームは成分が強いので、塗る前にはしっかりとスキンケアしお肌を整えましょう。

 

・日焼け止めクリームはたっぷり塗り過ぎは良くありません。
1円玉程度の少ない量を優しく叩き込むように塗り、さらに気になる部分にもう一度重ね塗りしましょう。
1円玉程度の量を重ねづけすると、ムラにならず塗りすぎを防げ、ファンデーション乗りも良くなります。

日焼け止めクリームの効果的な塗り直し方

朝起きて、スキンケア → 日焼け止めクリーム → 下地クリーム → ファンデーションの順でメイクをすると、一日これで大丈夫のような気持ちになっちゃって日焼け止めクリームの塗り直しをしない人は少なくありません。

しかし前述した通り、SPFの数値やPAの+によって効果のある時間は限られているのです。

 

一定の時間が経過したり、汗をかいてメイクが落ちてきた場合には塗り直しが必要です。

それでは、日焼け止めクリームの効果的な塗り直し方を紹介しますね。

職場や家の中で過ごす時間が多い人の場合

職場や家の中で過ごす時間が多い人は、メイクを落とさずにUVカット効果のあるファンデーションでメイク直しをするのが一番簡単な方法です。

 

最近はメイクの上からシューッと吹き付けるスプレータイプミストタイプパウダータイプの日焼け止めも多く販売されているので、お好みの使い心地を選びましょう。

プレータイプやミストタイプはお肌だけでなく紫外線で傷みやすい髪にも使えるものもあるので便利です。
ただ、慣れていないと塗りむらが出来てしまうのでコツをつかまないといけませんね。

 

ちなみに、
私は、顔と髪に同じものを使うことが気分的になかなか出来なくて、顔にはUVカット効果のあるあるファンデーションを塗った上にパウダータイプの日焼け止めを軽くたたいています。
透明で粒子の細かいパウダーなのでつけた感はありません。
首筋やうなじにも塗っても気持ちいいのでおすすめですよ。

強い日差しの中にいる場合

お仕事での外回りや、一日中車の運転をしたり、スポーツを楽しんだり、海や山などのレジャーなど、強い日差しの中で行動する場合は、しっかり日焼け止めクリームを塗り直さなければあっという間に日焼けしてしまいます。

 

★メイクの上に日焼け止め重ねて塗り直す方法

この方法は厚塗りな感じになってしまいますが、スポーツやレジャーのような場合には良い方法でしょう。

 

1.顔の汗やファンデーションのヨレなどをティッシュなどで軽く押さえるようにふき取ります。

 

2.日焼け止めクリームを気になる部分に優しく叩き込むように塗ります。

 

3.UVカット効果のあるあるファンデーションを顔全体に塗ります。

 

★メイクを軽く落として日焼け止めを塗り直す方法

これから取引先の方に会うとか、彼とのデートの約束が夕方にあるとか、女子会があるとか厚塗りな感じになりたくない場合もありますよね。

このような場合は、軽くメイクを落として日焼け止めを塗り直しましょう。

メイクを落として日焼け止めを塗り直すのは大変そうと思われがちですが、アイメイクを落とさなければそれほど時間はかかりませんよ。

 

1.アイメイク以外の部分を化粧水をコットンに含ませてふき取ります。

 

2.保湿をして肌を整えいつものように日焼け止めを塗り、下地クリーム、ファンデーションを塗ります。

どうでしょう?
洗顔からではないので、これなら出来そうそうな気がしませんか?

 

えー、でも化粧水や乳液、下地クリームを持ち歩くのはちょっと。」と躊躇しちゃう人には、メイクをふき取りながら塗り直しが出来るミルクタイプの日焼け止めが良いでしょう。

ミルクタイプの日焼け止めをコットンに含ませてメイクをふき取り、ファンデーションを塗ります。

 

ただ、最初のやり方の方がお肌にも優しいし、しっかりと塗り直しが出来きるでしょう。

人それぞれお肌のタイプも違えばUV対策への思いも違うので、あなたにあったベストな塗り直しを選んでください。

日焼け止めクリームを体に塗る時の注意点

顔の日焼け止めはバッチリだけど、体は全く無防備では大変なことになってしまいます。
体にもシミはできますよ

 

体は塗る面積が広い分、塗り方が雑になりがちですよね。
体の日焼け止めクリームもムラ塗りにならないように気をつけましょう。

 

また、塗り忘れに注意しましょう。

首、デコルテ、腕、足はもちろんですが、最も塗り忘れの多い所は、耳、首の後ろ、足の甲です。

 

以前、息子たちのサッカーの試合の応援にジーンズにお気に入りのバレエシューズのような足の甲が大きく空いているシューズを履いて行った時、大失敗をしちゃいました。
日焼け止めクリームは顔、首、腕にしっかり塗って完璧のはずだったのですが、足の甲に塗るのを忘れていてものすごい日焼けで赤くヒリヒリそして真っ黒になってしまいました。
その年は足の甲だけが真っ黒状態でみっともなくて、夏らしいサンダルを履くことが出来ない最悪の夏でした。

 

また日焼け止めは、皮脂や汗、何かに触れることで簡単に落ちてしまうので、2~3時間おきに必ず塗り直しましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
去年の日焼け止めは使える?未開封の使用期限と保管は冷蔵庫でいいの?
日焼けした後のヒリヒリを早く治す方法 お風呂は?何日続くの?
日焼けした皮膚の皮むけ対処方法と再生にかかる期間&ケア方法

まとめ

今までは簡単に日焼け止めクリームを選んでいたという人も多いようですが、日焼け止めはとても奥が深いですね。

上手に自分の肌や用途に合った日焼け止めクリームの使い分けをしながら、顔に塗る順番や効果的な塗り方をおぼえ、日傘や帽子などのグッズも活用し総合的な日焼け対策をしましょう。

日焼けによる乾燥で、シミやシワになるのだけは避けるようにしましょう。