日焼け後にお肌が真っ赤、ヒリヒリと痛くなることがあります。
ヒリヒリと痛む症状は軽くやけどした状態と同じなのです。

ヒリヒリと痛い肌はどのように対処したら早く治すことができるのか、日焼け後のお風呂はどうしたらいいのか悩んでいる人は多いでしょう。

また気になるヒリヒリする痛みは何日続くのか知りたいですよね。

そこで、長時間紫外線を受け日焼け後のヒリヒリする痛みを早く治す方法やお風呂の入り方、痛みが続く期間について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題にはいりましょう。

日焼け後のヒリヒリ痛い肌の対処方法

日焼けした後のお肌の処置で重要なのは次の通りです。

日焼け処置の3原則

・冷やす
・水分補給
・保湿

冷やす

日焼けした後に、ヒリヒリと痛みがある時のお肌は、痛々しいくらい真っ赤なって火照っています。
これは軽いやけどと同じ状態です。

皮膚は紫外線を受けることによって、皮膚細胞が破壊されるのです。
その結果、UV対策をしないで長時間紫外線を受けてしまうと、軽いやけどのような炎症を起こしヒリヒリした痛みが出るのです。

 

そこで、日焼けした後のヒリヒリする痛みを早く治すために、まずやることは出来るだけ早く火照った肌を冷やすことです。

やけどをした時も、まずは流水などで冷やすと言われています。
日焼けをした時も同じです。

 

それでは、火照った肌の冷やし方を紹介します。

まずは、15℃くらいの流水(シャワー)や、タオルの上から保冷剤を使用したり、冷したタオルなどで10分から15分ほどしっかり冷やします。
日焼けをした当日は、数時間おきに痛みが和らぐまでしっかり繰り返しましょう。

※15℃とは
ちょっと冷たいかなと感じる温度です。
お水を飲んだ時美味しいと感じる温度です。

 

また、背中や肩などを日焼けした後に皮膚の皮がむけてしまうことがあり、寝る時に寝具と皮がむけた皮膚がすれて眠れないほどのつらい痛みが出る時があります。

そのような状態になってしまったら、皮がむけてしまった患部を手当しましょう。
白色ワセリンを薄く塗って、その上にガーゼをかぶせてあげるとだいぶ痛みは和らぎます。

 

わが息子が小学校の頃、夏休みのサッカー合宿の最終日、上半身裸で川遊びをしたそうです。
とても楽しかったのでしょう。
帰ってきたその晩、肩と背中が痛くて眠れないと大騒ぎになりました。
この時、白色ワセリンを薄く塗って、その上にガーゼをかぶせてあげたのです。
痛みは和らいだようで、その後静かに寝てくれましたよ。

水分補給

日に焼けた肌はとても熱っぽく乾燥している状態なので、十分な水分補給をします。

ただ、お肌に強い刺激を与えるのは良くないので、刺激の少ないものを選びましょう。
普通の水を霧吹きでまめにシュッシュッとお肌にかけてあげてもOKです。

水分補給は直接水分をお肌にかける他に、身体の中からも水分補給できるように意識してたっぷりと水分を摂取しましょう。
外からと中から両方からです。

保湿

日焼けケアに、アロエ水やアロエオイルが良いと言われています。

日やけ後のお肌はカラッカラの乾燥状態なので、お肌に赤みや痛みが無くなったらアロエ水を使って水分補給をし、アロエオイルの油分で保湿するのがおすすめです。
くれぐれもヒリヒリとした痛みがある時に、保湿はするのはまだ早いので気をつけましょう。

お風呂上りに、日焼けをした部分のお肌にアロエオイルでマッサージしながらつけていくとさらに効果的です。

 

日焼けした後、シミやそばかすが急に増えることが多いので、意識してビタミンCを摂りましょう。
日焼けの修復を早めると共に、日焼け後のシミ、シワを防ぐのに効果的です。

日頃から、ビタミンCを含んだフルーツを食べたりやサプリメントで予防しておくと良いでしょう。

日焼け後のシミは、後から徐々に姿を現すこともあるので気をつけてください。

 

ちなみに、
私は息子たちが小学生の頃、毎週土日サッカーの応援で朝から夕方まで炎天下の中にいました。
帽子はもちろん被っていましたが、紫外線をたくさん受けてしまい、その時シミはあまりきにならなかったのですが、数年経った時に顔と手の甲にシミが出現しましたよ。
あの時ビタミンCでもっと予防をしていたらと今も悔やんでいます。

 

ただし、1週間くらいたっても痛みやかゆみが改善されない場合は、迷わず皮膚科を受診しましょうね。

日焼け後のヒリヒリ痛い肌のお風呂の入り方

日焼け後のお肌がヒリヒリ痛い時に、シャワーやお風呂に入るのは要注意です。

皮膚がヒリヒリしている状態は、軽いやけどと同じです。

日焼けしているところは、痛いだけでなくカッカッと火照っている状態ですよね。
このような状態で温かいシャワーや湯船に浸かるのはとっても危険です。

 

では、冷水ならいいのかと言うと、冷水も体に良くありません。

15℃くらいの温度がおすすめです。
冷水ほど冷たくなく、ぬるいお風呂よりも冷たい程度です。

この温度でシャワーを浴びて、日焼けしたところが痛い感じたらまだ温度が高いので、少し温度を下げましょう。

 

この時はサッと汗を流す程度で、せっけんなどで体を洗うのは控えましょう。
多分痛くてできないはずです。
数日間はこのように汗を流すだけで十分です。

痛みが治まってきたら刺激の少ないせっけんで、手の平を使い優しくお肌をなぜる程度に洗います。
強くこすると肌にダメージを与えてしまう可能性があるので気をつけましょう。

痛みも治まり、完全に赤みが無くなったら、少しずつ通常に近い洗い方にします。

日焼け後のヒリヒリする肌の痛みは何日続くの?

痛みは個人差もありますが、ピークは6~24時間後と言われています。

痛みが続く期間は、その時の日焼けの度合いによっても変わってきます。
早い人だと2~3日程度で回復するのですが、1週間程度痛みが続く人もいます。

また、真っ赤になって痛みが出るだけでなく、ひどい状態になると水ぶくれになります。
水ぶくれになってしまうと大変です。

このような水ぶくれになるほど炎症がひどい場合は、皮膚科を受診しましょう。

まとめ

日焼けはしないに越したことはありません。

しかし夏は、海水浴やプール、野外でのスポーツやキャンプ、バーベキューなどの外での遊びが多くなります。

日焼け止めクリームを塗る、薄手の長袖のシャツなどを着て肌を露出しないなど、日焼け対策も怠らないようにしたいですね。
ビタミンCを日頃から摂取しすのもおすすめです。

日焼けしてしまったら、なるべく早く冷やして症状が悪化しないように対処しましょう。

数日経過しても症状が改善されなかったら皮膚科を受診しましょう。

⇒  日焼けした皮膚の皮むけ対処方法と再生にかかる期間&ケア方法

参考にしてください。