日焼けした皮膚は真っ赤になりヒリヒリと痛みをともない、痛みが治まると皮むけの試練がやってきます。

対処いい方法がわからず、皮膚の皮が無理やりむいてキレイにしようとし、傷を作ってしまう人も少なくありません。

そこで、日焼けした皮膚の皮むけ対処方法、皮膚の再生にかかる期間やケア方法を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

日焼けした皮膚の皮むけ時の対処方法

日焼けした直後皮膚は真っ赤になりヒリヒリと痛みをともないますが、数日経って落ち着いでくる頃やってくるのが皮膚の皮むけです。

ボロボロと面白いくらいに皮がむけるので、ついついベローンと無理矢理はがしてしまいたくなります。
しかし、無理矢理はがすこの行為は危険です。

面白がって無理矢理はがしていると、後々皮膚にシミを作ってしまう原因になります。

今にもポロって落ちそうで簡単にむけそうな皮でも「触らない」「気にしない」でいることが一番皮膚に負担がかからないので良いのです。

自然とはがれ落ちた皮は、すでに死んでしまった細胞ですが、日焼けした後にまだはがれ落ちていない皮むけの状態の皮膚は、その下から新しい皮膚がどんどん作られている状態なのです。

 

頑張って新しい皮膚を再生している大切な時に無理矢理はがしていると、間違って新しい皮膚まではがしてしまう可能性もあり得ます。

間違って新しい皮膚まではがしてし待った場合、生まれたての薄いデリケートな皮膚が外部にさらされる状態になることでシミの原因になります。

自然とはがれ落ちるのを待っていたのでは、再生するまでに時間がかかるから皮むきをしているので、面白がってやっているのではありませんという人もいるようですが、それは大きな間違いです。

自分で慎重に丁寧に皮むきをしても、残念ですが再生までの時間が短縮するわけではないのです。

皮膚が日焼けした後に皮むけ状態になっている時はじっと我慢です。
自然にはがれ落ちるのを待ちましょう

 

皮むけが気になる時には、水分補給の為にしっかり水分を摂取して、皮膚にも水分を与え保湿クリームや白色ワセリンを塗り対処しましょう。

これこそが、皮むけ後のお肌をキレイに保つことになります。

 

これは失敗例です。
私の父の背中にシミがあるのですが、実はこのシミ、わが息子がやらかしてしまったシミなのです。

息子が小学生だった頃の夏休みにおじいちゃんと一緒に海に行ったのですが、この時におじいちゃんの日焼けした後の背中の皮膚の皮むけを面白がってやってしまったのです。
おじいちゃんも孫には甘いです。

「背中をキレイにしてあげるね。」などと言いながら、もう少し・・・、あと少し・・・ と。
しばらく経った時、「いたいッ! いたたた・・・ ちょっとストップ!」とおじいちゃんの口から待てが。

背中を見てみたら、新しく再生してきている皮膚まではがしてしまって血がにじんで傷になってしまいました。
自分ではお手入れしにくい背中、高年齢ということもあって新陳代謝も良くないということが重なり比較的大きなシミとなり今も健在です。

日焼けした後の皮膚の皮むけが再生するまでの期間は?

夏は肌の露出が多くなるので、少しでも早く皮むけ状態をキレイにしたいですね。
お気に入りのノースリーブワンピースを着たのに、肩や腕が皮むけ状態では悲しくなってしまいます。

 

しかし、一気にキレイにはがれることはない日焼けした後の皮むけは、皮膚の赤みが治まりヒリヒリとした痛みが消えてきた後、大体3日〜4日後くらいからむけ始まり
完全にむけ終わるには、1週間〜2週間ほどかかります。

そして、肌のターンオーバーは約1か月なので、紫外線を長時間浴びて一度日焼けをしてしまうと、皮膚がキレイに生まれ変わるまでには1か月かかります。

この皮がむけ始めて元に戻るまでの約1ヶ月間は、生まれたてのデリケート皮膚に刺激を与えないよう気をつけます。
刺激の強い日焼け止めクリームなどはなるべく控え、UVカット効果のある長袖の服などで紫外線を浴びないようにしましょう。

 

※お肌のターンオーバーは正常な人で28日と言われています。
しかし年代や体調、新陳代謝の違いなど個人差もあるので、期間が1か月より先に延びることもあります。

日焼けした後の皮むけ時のケア方法は

皮むけ時に一番気をつけたいのは、さらに日焼けをするような場所に行かないことです。

日焼けした後の皮むけケアの最中に日焼けを繰り返すと、治りが遅くなり黒いシミになりやすいです。

 

少しでも早く元のお肌に戻すためには、まずは保湿です。

皮むけ状態の時は、皮膚の細胞は壊れて水分を保つ機能が失われ、表面が乾燥しています。

肌がしっかり再生するまでは、できるだけ皮膚表面の乾燥が進まないように、刺激の少ない敏感肌用の化粧水や乳液、クリームなどでしっかり保湿します。

 

化粧水やクリームを塗って外から保湿し、同時に水分摂取をまめ行い体の中からも水分補給を一緒に行います。

 

この他に、食べ物も重要です。
皮膚のケアは身体の内部からも行いましょう。

食事生活は人間の身体を作る基本になります。
バランスよく食べるのが前提ですが、日焼けでダメージを受けた皮膚に効果がある食べ物を紹介します。

日焼けでダメージを受けた皮膚に効果がある食べ物

亜鉛

亜鉛は新陳代謝を高め、皮膚の再生を促す効果があります。

・牡蠣
・あさり
・そら豆
⇒ そら豆の驚きの美容効果とおすすめ調理方法&食べ合わせ簡単レシピ
・ごま
・豚レバー
・牛もも肉
・卵
・アーモンド
・チーズ
・大豆
・高野豆腐
・とうもろこし
⇒ とうもろこしの栄養は夏バテに効果あり 甘いゆで方とひげ茶の作り方
・玄米 など

ビタミンCとクエン酸

ビタミンCとクエン酸は血流の流れを促進して、栄養素を体の細胞に届ける働きがあります。

・レモン
・グレープフルーツなど柑橘系の果実
・いちご
・パイナップル
・キウイフルーツ

タンパク質

タンパク質は皮膚を作る原料です。

・肉類
・乳製品
・魚類
・大豆食品 など

このような食品を摂るよう心がけて、しっかりと保湿をすれば通常より早く元の皮膚に戻る可能性が大きいでしょう。

まとめ

日焼けした後の皮膚の皮むけは、「触らない」「気にしない」「自然に」です。

完全に治りきらないうちは、紫外線を浴びないように気をつけましょう。
また、お風呂に入るときも力強くゴシゴシとはこすらず、手を使って優しく身体を洗うようにしましょう。

ケアを怠ると一生残るシミに繋がってしまいます。

また、皮がむけてきた部分が化膿してきた場合は、とびひになる可能性もあります。
すぐに皮膚科を受診しましょう。

⇒ とびひ 塗り薬の塗り方!市販薬でも効果ある?塗るのはいつまで?

参考にしてください。